FC2ブログ

ソバ&大豆の脱穀。

収穫して、軒下で乾燥させていたソバが、いい感じにカラカラになってきたので、
DSCN4208.jpg
脱穀することに。
DSCN4210.jpg
文明の利器、足踏み脱穀機。

次にかけるのが、唐箕。
DSCN4218.jpg
これも便利な機械です♪
左手で、ハンドルを回し、風を起こしながら、右手で上からソバを入れていく。
そうすると、軽いゴミなどは風で飛ばされ、重たいソバの実は手前の口から、出てくる仕組みとなっております^^
DSCN4220.jpg
何回も通してやると、こんな感じに。
まだ、これでもアサガオの種など混ざってたり枝クズなども入ってたりするので、また時間が出来た時に選別します。
DSCN4171.jpg
大豆もカラカラに乾燥してきたので、脱穀しました。
ソバと同じように、足踏み脱穀機や唐箕を駆使すると、だいたい大豆に選別できます。(下の写真)
DSCN4223.jpg
豆が入ったサヤなどもあるので、ここは地味に手でサヤを外したり、枝クズ取ったりと目選別。
天候の加減でしょうか、今年は収穫量少な目で、6キロ弱。
DSCN4224.jpg
ひとまず、ざっとサヤを外してこんな感じに。
さらに、悪い豆などを選別したら出来上がり。これは、また時間が出来た時に。冬のマメな自給仕事です。
今シーズンも自家製大豆で、手前味噌つくるぞ~。

本格的に寒くなる前に収穫したイモ達の保存。
DSCN4184.jpg
乾燥に弱い菊芋やヤーコンなどを今年は、土を入れて保管することにしました。
DSCN4186.jpg
思い付きで、もみ殻を混ぜてみました。
こうすることで、パラパラになって芋が取り出しやすいし、土少なくていいし軽くなるしと保存に最適では!?

寒さに弱い芋達は、室内に取り込んだり(サツマイモ、宇宙芋、ショウガ等、、、)
冬の食料や、来年の種イモ達をシッカリ保管しておきます。
DSCN4191.jpg
時折、肉の自給。
淘汰の意味もあって、時々捌きます。
DSCN4192.jpg
ガラは、とってもいい出汁がでます。
DSCN4193.jpg
だし汁使って、親子丼ならぬ親子茶漬け。

冬になり、草も少なくなってきたので、緑餌をサイレージに切り替えました。
DSCN4221.jpg
8月に仕込んだコーンサイレージ。
(作った時の記事は、こちら↓↓↓)
http://ron2012simplelife.blog.fc2.com/blog-entry-681.html
DSCN4196.jpg
今年は、今までで最高の出来^^
嫌気発酵が上手くいくと、いい香りがします。
DSCN4206.jpg
ここの所、よくお出かけするぢん君。
DSCN4205.jpg
帰ってくると、全身種だらけ(笑)この日は、特にヒドカッター><
DSCN4222.jpg
最後は、朝の日光浴がルーティーンのアズキちゃん。
最近、私もアズキを見習って、なるべく朝日を浴びるように心がけています(笑)
動物は、自然と体や心に、いい事わかっているんだな^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

日にあたるとポカポカしてきて、
寒い冬場はありがたいです。

こちらは日照りが2年ぐらいなので、
カボチャは特にだめでした。
秋からはそこそこ雨降るよう
になり、大根は大丈夫でした。

では。

Re: タイトルなし

buenoさん>今年の夏は、特に暑かったかったですからね~。ウチも南瓜、不作でした><

日が短くなったり、太陽が低い冬は、より太陽の光が恋しくなります。
そんな冬は、日にポカポカ当たるのは気持ちがいいですね。
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター