FC2ブログ

煙道の改良や肉の自給とか。

1月1日、五右衛門風呂の煙道の改良をしてみました。
DSCF5948.jpg
ビフォー。
DSCF6017.jpg
レンガを適当な形にしてやって、
DSCF6020.jpg
外の掃除口から、レンガを入れ込んで、奥の方にセットして、炎の通る道を調整してあげました。
詳しい解説は、新ブログで紹介しています。⇒煙道の改良。
DSCF6026.jpg
うまくいった模様です。五右衛門風呂の窯を覆うように炎が回るようになって、焚き時間が随分と短縮できました^^
DSCF6100.jpg
1月5日、配達途中に虹を発見。わかるでしょうか!?思わず車を止めて、パチリ。
DSCF6120.jpg
1月10日。鶏さんの飼料の一部に使っているクズ大豆を入手してきました。
DSCF6122.jpg
クズといっても、そこまでクズじゃなく、鶏さんの餌には十分使えます。国産大豆だと、遺伝子組み換えやポストハーベスト等の農薬の心配がないので、重宝しています。鶏さんの飼料の作り方は⇒新ブログで、解説しています。
DSCF6123.jpg
鶏舎の脇に、自生してるフユイチゴ。
DSCF6128.jpg
ビワの花が、満開。いい香りがします。
DSCF6129.jpg
早くも、フキノトウ。
DSCF6142.jpg
天気が良かったこの日は、自作の塩ビ管太陽熱温水器30度超え♪冬至もこえて、少しづつ日が長くなってきてることを実感します。正直1月で、ここまで温かくなるとは驚きです。自作の塩ビ管太陽熱温水器。
五右衛門風呂の煙道改良効果もあって、1時間もかからずに、速攻で適温に焚けちゃいます。年々楽かつ、エコになっていってます^^
DSCF6143.jpg
配達で使ってるクラシックのオイル交換。
DSCF6147.jpg
後ろを少し上げてやって、下のドレインボルトを外してオイルを抜いていきます。
ちょくちょく、自分でオイル交換しています。
DSCF6163.jpg
1月11日精米。まずは、籾摺り機のミニダップにかけて、もみ殻を外していきます。一瞬で玄米に変わっていきます。機械の力は偉大です。
DSCF6174.jpg
そして、石抜き機、循環式精米機と続きます。玄米分を先に、とっておいて、残りを精白していきます。
DSCF6185.jpg
精白するとこんな感じに。少し茶色く残ってるくらいが、個人的には好みです。精白したお米と玄米と2種類のお米を食べ分けています。籾摺り、精米の様子は、新ブログで紹介。
DSCF6200.jpg
1月13日。甘柿の干し柿もカビルことなく大成功。まずは、スライスした干し柿。
DSCF6206.jpg
丸々干したやつ。横に吊るしたので、柿とヒモの接触がなく、カビることなく、好調です。チョクチョクおやつに頂いています^^
DSCF6215.jpg
1月15日。鶏舎の脇に掘った井戸。鶏の水飲み器を洗うようにヘチマを青いボックスに入れてるのだけど、このヘチマがよく行方不明になってしまいます。風のせい?お猿さんのせい?カラスのせい?原因は定かではないのですが、頻繁になくなるので、対策しておきます。
DSCF6218.jpg
ストックしてあった竹を使って、新たにヘチマ置きをDIYしてみました。この形状なら、まず風で飛ばされるという事はないでしょう。午前10時くらいに作成。
DSCF6220.jpg
その日の午後1時半に、鶏の作業に鶏舎にいきました。な、な、なんと、もうすでに、ヘチマがなくなっているではないか!?なんで、、、
風ではないはずやし、お猿ちゃんがきてた形跡はないし、考えられるとしたらカラス君ぐらい。鶏舎に来た時点で、何羽かいたし、周りで『カーカー』鳴いていました。。。あいつらか~。変な趣味を持っておられるようで(苦笑)
DSCF6223.jpg
んで、さらに改良しました。丁番を買ってきて、余ってる板で蓋を作ってあげました。これで、もう大丈夫でしょう♪
DSCF6229.jpg
1月18日。鶏の淘汰。ある部屋の子で、少し問題がある子をコンテナで別飼いしていました。
時々どうしても、鶏同士で突かれてケガをしたりしてしまうことがあります。鶏は一回やられると、気が弱いので、ずっと逃げ回ったり、餌があまり食べられなかったり、産卵箱で悪さをしたりと問題児になってしまうことがあります。ケガが治って、戻してもまたやられてしまったり、、、。
DSCF6278.jpg
いつまでも、コンテナで飼うわけにもいかないので、お肉にしちゃいました。自分で絞めてやると、肉を食べるという事は、必ず誰かが、この工程をするから、お肉が頂けるんだなと、心に沁みります。有難く頂戴いたします。
DSCF6297.jpg
ガラは、鶏出汁に。
DSCF6299.jpg
砂肝、肝臓、心臓。内臓は、甘辛煮にして、美味しくいただきました。
DSCF6323.jpg
『アタシもお肉食べたいわ』と、あずちゃんも自給自足。この日は、狩り絶好調だったらしく、計2匹、捕まえてきました(笑)
DSCF6331.jpg
『あ~、美味しかった』
と、満足そうに口の周りを洗うアズキちゃん。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



しめ縄作成や、ソバ脱穀、製粉、ソバ打ちしたり。

毎年恒例、年末はしめ縄づくり。
DSCF5664.jpg
今年も自家製稲わらを使って、しめ縄を作りました。写真は玄関用。
詳細は、新ブログで紹介しています⇒しめ縄の作り方。
DSCF5693.jpg
5本足や3本足。
DSCF5814.jpg
玄関用は、こんな感じに仕上がりました。ワラ、葉っぱ、紙垂、木札も手作りです^^
DSCF5767.jpg
5本足。大事な鶏さんの入り口にもつけてあげています。
DSCF5781.jpg
12月25日。干していたソバがいい感じにカラカラしてきたので、脱穀していきます。年末の年越しそばに間に合うように~(笑)
これも、詳細を新ブログで紹介してます⇒ソバの栽培から選別まで。
DSCF5783.jpg
まずは、足踏み脱穀機にかけて、実を外していきます。
DSCF5793.jpg
次に唐箕で、ゴミを飛ばしていきます。
DSCF5803.jpg
こんな感じに。
この後、目で見て異物などを除く選別をして、磨きをかけたら、製粉作業へ進みます。
DSCF5862.jpg
12月27日、製粉作業。製粉機を使って粉にしていきます。詳細は⇒そばの製粉。
DSCF5864.jpg
機械の力は、偉大。2種類のフルイを駆使して、殻と細かい粉と分けていきます。その後、もう一度製粉機を通してあげて、2番粉までとってみました。
DSCF5892.jpg
2キロ近く製粉して、両方合わせて、1、3キロほどのそば粉がとれました♪
DSCF5901.jpg
12月29日、自転車リヤカーのハコブンダーがパンク><毎日ニワトリ作業に使用してるので、早速パンク修理していきます。詳細は⇒ハコブンダーのパンク修理。
DSCF5928.jpg
チューブを取り出して、パンク個所を確認して、修理用のパッチを張ってあげます。
DSCF5941.jpg
無事に直りました^^
DSCF5958.jpg
そんなこんなで、12月31日大晦日。
甘柿の干し柿もカビることなく、順調に乾燥中です。
DSCF5964.jpg
一回揉んであげました。揉んであげると、乾いてきた表面に水分が回って、しっとりしてきて、中の水分も抜けやすくなるのだと思われます。
DSCF5968.jpg
イチゴノキの花が、いい感じに咲いていました。
DSCF5970.jpg
昨年は、初めてF1種のピーマンを作付けしてみたのですが、すごく調子良かったです。しかも、長寿命。小さくなってきてましたがが、まだなっています^^品種は、京ひかり?京みどりだったかな?
DSCF5972.jpg
キャベツなどのアブラナ科は、チョクチョク青虫君が発生してきています。心を鬼にして、見つけ次第、テデトール。
DSCF5983.jpg
そして、夜には手打ちそばで一年を締めくくります。
DSCF5999.jpg
精度よりも、手作りすることに意味があるのだ。少し太めのきしめん風なり(笑)
DSCF6012.jpg
昨年は、温かくこの拙いブログを見ていただき、誠にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

12月は何気に農繁期!!

DSCF5371.jpg
11月30日、芋類の保存をしました。来年の種用のサツマイモを箱に土を入れて、保管します。
DSCF5376.jpg
場所は、一日通して一番温かいスモールハウスのロフトで、保管。
サツマイモ、宇宙芋、ショウガなど冬の寒さに弱いものは、ロフトで保管しています。
DSCF5382.jpg
12月3日、甘柿の干し柿。
カビが結構まん延してきたので、一度整理しました。
DSCF5383.jpg
麻ひもが当たってる部分や、窪んでる所などがカビてきています。
DSCF5385.jpg
ここに並べたのは、どこかしらカビてきているヤツ。全部で107個><
DSCF5386.jpg
カビずに生き残った干し柿、12個。
計算すると、成功率10%くらいでした。
これに懲りず、今回の反省を活かして、また時間が出来たら挑戦してみよ~(笑)
なんでもそうだけど、簡単に諦めずに、失敗を活かして、できるまでやればいいんだな。
DSCF5399.jpg
スライスしたバージョンは、出来上がってから、パウチに乾燥材と一緒に入れて保管してました。
こちらは大成功でした^^お菓子感覚で食べれて、いい感じでした。
DSCF5398.jpg
12月4日、ヤーコン収穫。今年は、ヤーコンが豊作でした♪
DSCF5392.jpg
これは、ヤーコンの種イモみたいなもの。この赤いところから、、芽が出てきます。
DSCF5391.jpg
これらは、来年のまた栽培できるように、土に埋めて保管しておきます。
DSCF5397.jpg
山芋も収穫。イチョウ芋。
DSCF5402.jpg
これは、以前米麹と水を混ぜたもので、お酢を作ろうと試みてたのだけど、お酒になってしまったもの。。。
DSCF5403.jpg
ふだんお酒は飲まないので、濾して、調理酒に。
DSCF5411.jpg
12月5日、卵の配達途中にパチリと一枚。堤防の奥に見える空が綺麗でした。
DSCF5414.jpg
この日は、ソバの収穫。
DSCF5417.jpg
刈り取って、軽トラで運んで、
DSCF5420.jpg
軒下にかけて、乾燥を促します。
DSCF5422.jpg
12月6日、大豆の収穫。カラカラに乾燥してきた頃合いがチャンス。
DSCF5427.jpg
軽トラへ積み込んで、工場に持ち帰り、脱穀作業へ。
DSCF5429.jpg
昔ながらの足踏み脱穀機。
足で、ギコギコと踏んで、人力動力で機械を動かして、サヤから豆を外していきます。カラカラに乾燥してるので、簡単に豆が落ちてきます。
DSCF5431.jpg
こんな感じに。
DSCF5435.jpg
最後は、唐箕。これも昔ながらの道具で、人力動力でハンドルを回しながら風を起こし、豆とゴミを分別していきます。
DSCF5437.jpg
今年は、大豆も結構収穫できました♪16キロくらい^^これで、安心して冬、味噌が作れます。
DSCF5466.jpg
12月9日、ジャガイモ掘り。
DSCF5469.jpg
ジャガイモはちょっと不作気味で、作付けした割に少なかった><けど、豊作の物があって、不作の物があるのが自然なのかな。
DSCF5480.jpg
12月10日、甘柿の干し柿に再挑戦。外気温も随分下がってきたし、しばらく天気も晴れマークが多そうだし、今回こそは成功したし。前回の反省を活かし、縦だとヒモが柿に触れちゃうので、横にしてなるべく触れないように工夫してみました。次こそは甘柿の干し柿成功させるぞ~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

11月後半の自給自足。

DSCF5301.jpg
11月18日、アズちゃん今日の自給自足。黄セキレイを捕まえてきました。
何気にレパートリー豊富(笑)
DSCF5313.jpg
あ~、美味しかった♪
DSCF5332.jpg
8月22日、柿酢の経過。上澄みに白い膜が張ってきました。
これは腐敗ではなく、うまく酢酸発酵が進んでいる証拠^^
DSCF5336.jpg
8月23日、甘柿の干し柿。この頃が一番ベストの状態やったかも。
光があったって、とても綺麗なオレンジ色。
後で書きますが、現在カビはじめてきています。。。
DSCF5338.jpg
11月25日、最後のハヤトウリ収穫。
超豊作で、どんだけ~ってくらい穫れました。
たくさん獲れたので、直売所にも出荷して販売しています。他にも、たくさん穫れた冬瓜も出荷しています。
DSCF5340.jpg
11月26日、久々に薪集め。納屋に眠っていていらなくなった木材を頂いてきました。
これから、冬にかけ、たくさん薪使うので、これから薪集めにアチコチ走らねば~。。。
DSCF5343.jpg
11月28日、生姜の収穫。
柿の木の下で作ったのが良かったのか、今年は生育絶好調でした。(夏の強い日差しを防げてよかったのかなと推測)
DSCF5368.jpg
土を落として、こんな感じ。大収穫^^
DSCF5344.jpg
宇宙芋も収穫。山芋系で、大きなムカゴを収穫します。別名、エアーポテト。
DSCF5346.jpg
これは、ヤーコン。甘くて、シャキシャキの食感。中々の美味。
ヤーコンも今年は、今までになく調子よさげでした。
DSCF5359.jpg
11月29日。
11月後半、曇りや雨の日が多かったせいか、甘柿の干し柿かび始めてきました。
カビやすい部分は、紐が当たってる所なんかは顕著。
好天が続いた11月前半に作ったものは、上手に仕上がったんだけどな~。。。
しぶ柿はやってないので、比較実験できないけど、甘柿やからカビやすいのかな?
DSCF5361.jpg
お尻のなどの窪みもカビやすいよう。
DSCF5364.jpg
紐が降れていない一番下のものは、比較的カビにくいようで、うまくできてるのもあります。
こうなったらカビる前に、いいやつを早めに食べてしまおう。
DSCF5349.jpg
そして今日は、田んぼの片付けワラカッター。
DSCF5353.jpg
機械様様。藁の束をほり込むと一瞬で、細かく細断してくれます。
細かくしておくことで、土に還りやすくしてあげます。
機械を少しづつ移動させながら、万遍なくまいてあげます。
DSCF5358.jpg
綺麗になりました。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

甘柿で干し柿とか。

DSCF5190.jpg
11月2日。少し肌寒い日も増えてきたので、縁側を冬仕様に、衣替え。
天井の板を外してあげると、
DSCF5193.jpg
こんな感じに。家の中にも日が多く差し込むようになり、温かく暮らせるようになりました。
DSCF5196.jpg
外した板は、縁側の下に収納。
3坪のスモールハウスですが、うまいことできております(自画自賛)
DSCF5198.jpg
11月4日。甘柿の干し柿に挑戦。
と、いうのも何年か前に甘柿で作った時は、カビさせて大失敗だったのでした。
DSCF5200.jpg
こっちは、スライス状。
DSCF5208.jpg
11月5日、うまいこと1週間近く晴れ間が続いてくれて、乾燥も順調に進んだようなのでお米の脱穀に。
DSCF5214.jpg
ハーベスターを使って、脱穀を進めていきます。終わる頃には、夕暮れ~。
DSCF5217.jpg
んで、計測。今年は、いつもよりちょっと収量少な目でした。
7月の日照不足などの影響!?三重県全般的にも、少し不作気味のようです。

自給分に、少し足りないかもしれない量だけど、去年が豊作でまだ、お米残ってるから、古米と足したら一年分のお米はなんとか自給できそう。何はともあれ、自給自足の要、お米!!
DSCF5221.jpg
11月7日、サツマイモ試し掘り。
DSCF5224.jpg
少し小さめだったので、半分だけ収穫して、残りは時期をずらしてまた今度収穫することに。
DSCF5225.jpg
菊芋も上が枯れてきたので、収穫できます。
DSCF5226.jpg
使う分だけ掘って、後は土の中でそのまま保存。いい感じの収穫量でした。
DSCF5227.jpg
里芋も収穫。こちらも今年は、中々のいい出来。
DSCF5237.jpg
11月7日。猫も自給自足。今日はスズメを捕まえて、頂いていました。
DSCF5242.jpg
11月8日。2日続けて、狩りに成功した模様。この日はネズミちゃんをゲットしたらしい(笑)
DSCF5244.jpg
玉ネギの定植。
DSCF5250.jpg
甘柿の干し柿カビルことなく、順調に乾燥中♪
DSCF5260.jpg
11月9日。戴き物のアジ。
DSCF5261.jpg
開いて、塩水につけ、(水に対し10パーの塩に、30分程度)
DSCF5266.jpg
干物にしてみました。
DSCF5253.jpg
干し柿試し食べ。
スライスしたのはお菓子間隔で、食べられて、いと美味し。
丸々の方も、普通のしぶ柿の干し柿とそん色なく普通に甘さが濃縮されていと美味し。
甘柿の干し柿の利点は、しぶ柿でないので、しぶが抜けるのを待たなくても食べられる所。
しぶ柿の方が糖度が高くて云々とよく聞くけど、十二分に甘柿でも甘く感じました^^大成功。
DSCF5259.jpg
甘柿を使って、柿酢も仕込み中。原材料は、混ざりっけなし柿オンリーです。
熟した柿を放り込んでおけば、かってに酵母菌が働いて、ブクブクと発酵が進んで、自然とお酢に変わっていきます。
すでに、酸っぱい香りがプンプンしている^^
DSCF5268.jpg
11月12日。うまいことやれば、甘柿でも干し柿ができることが判明したので、干し柿増産中。
DSCF5271.jpg
11月13日。夕暮れ時に、秋らしい鱗雲。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター