FC2ブログ

2019-11

甘柿で干し柿とか。

DSCF5190.jpg
11月2日。少し肌寒い日も増えてきたので、縁側を冬仕様に、衣替え。
天井の板を外してあげると、
DSCF5193.jpg
こんな感じに。家の中にも日が多く差し込むようになり、温かく暮らせるようになりました。
DSCF5196.jpg
外した板は、縁側の下に収納。
3坪のスモールハウスですが、うまいことできております(自画自賛)
DSCF5198.jpg
11月4日。甘柿の干し柿に挑戦。
と、いうのも何年か前に甘柿で作った時は、カビさせて大失敗だったのでした。
DSCF5200.jpg
こっちは、スライス状。
DSCF5208.jpg
11月5日、うまいこと1週間近く晴れ間が続いてくれて、乾燥も順調に進んだようなのでお米の脱穀に。
DSCF5214.jpg
ハーベスターを使って、脱穀を進めていきます。終わる頃には、夕暮れ~。
DSCF5217.jpg
んで、計測。今年は、いつもよりちょっと収量少な目でした。
7月の日照不足などの影響!?三重県全般的にも、少し不作気味のようです。

自給分に、少し足りないかもしれない量だけど、去年が豊作でまだ、お米残ってるから、古米と足したら一年分のお米はなんとか自給できそう。何はともあれ、自給自足の要、お米!!
DSCF5221.jpg
11月7日、サツマイモ試し掘り。
DSCF5224.jpg
少し小さめだったので、半分だけ収穫して、残りは時期をずらしてまた今度収穫することに。
DSCF5225.jpg
菊芋も上が枯れてきたので、収穫できます。
DSCF5226.jpg
使う分だけ掘って、後は土の中でそのまま保存。いい感じの収穫量でした。
DSCF5227.jpg
里芋も収穫。こちらも今年は、中々のいい出来。
DSCF5237.jpg
11月7日。猫も自給自足。今日はスズメを捕まえて、頂いていました。
DSCF5242.jpg
11月8日。2日続けて、狩りに成功した模様。この日はネズミちゃんをゲットしたらしい(笑)
DSCF5244.jpg
玉ネギの定植。
DSCF5250.jpg
甘柿の干し柿カビルことなく、順調に乾燥中♪
DSCF5260.jpg
11月9日。戴き物のアジ。
DSCF5261.jpg
開いて、塩水につけ、(水に対し10パーの塩に、30分程度)
DSCF5266.jpg
干物にしてみました。
DSCF5253.jpg
干し柿試し食べ。
スライスしたのはお菓子間隔で、食べられて、いと美味し。
丸々の方も、普通のしぶ柿の干し柿とそん色なく普通に甘さが濃縮されていと美味し。
甘柿の干し柿の利点は、しぶ柿でないので、しぶが抜けるのを待たなくても食べられる所。
しぶ柿の方が糖度が高くて云々とよく聞くけど、十二分に甘柿でも甘く感じました^^大成功。
DSCF5259.jpg
甘柿を使って、柿酢も仕込み中。原材料は、混ざりっけなし柿オンリーです。
熟した柿を放り込んでおけば、かってに酵母菌が働いて、ブクブクと発酵が進んで、自然とお酢に変わっていきます。
すでに、酸っぱい香りがプンプンしている^^
DSCF5268.jpg
11月12日。うまいことやれば、甘柿でも干し柿ができることが判明したので、干し柿増産中。
DSCF5271.jpg
11月13日。夕暮れ時に、秋らしい鱗雲。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

10月後半の自給自足。

DSCF5096.jpg
10月19日のろん農園。
今年の10月は、雨や曇りの日がとても多かった。
DSCF5112.jpg
10月23日。無花果、割れ目がいい感じ^^
熟したものから、もじって食べています。
DSCF5117.jpg
無花果、メチャウマシ。柔らかく、プチプチ、甘くてタマラナイ。
DSCF5119.jpg
落花生収穫。
DSCF5183.jpg
天気のいい日に天日で干して、乾燥を促せてあげます。
DSCF5121.jpg
10月24日。羽毛布団で昼寝を満喫中のアズキ。
DSCF5123.jpg
縁側に布団出してる間に産み付けられた何者かの卵(爆)誰の!?
DSCF5152.jpg
10月27日。春にサツマイモのツル苗取りように育てていたものをそのまま放置していたのを掘ってみました。
DSCF5155.jpg
こんな小さいのが一個なっていただけ(笑)
やっぱ、種芋よりツルで植えたヤツの方が芋取るには向いているんだろう。
DSCF5159.jpg
10月28日。10月下旬になって、やっと晴れ間が続き始めました♪
これで、稲穂もやっと乾きます。ほっ。
例年通りだと、9月に雨が多いから、それをずらして10月にハサがけできるよう狙っていたのだけど、今年は雨多かった~><
やっと、秋らしい晴れ間^^
DSCF5187.jpg
これは、茎レタス。
葉っぱを落として、皮を剥いた茎の部分を食べます。生のままサラダ、和え物、炒め物と結構重宝します。
DSCF5185.jpg
細長く切って、干せば山クラゲに。
DSCF5172.jpg
10月31日。柿の収穫。
DSCF5175.jpg
赤く熟したのが甘くて美味しいんだけど、それを待ってる間に結構お尻が割れてきたり。
これも今年雨が多かったせいなのかな!?
DSCF5173.jpg
いいのはこんな感じ。秋の定番果物のTHE柿。
たくさん穫れるから、甘柿だけど干し柿に挑戦してみようかななんて妄想中。

柿があれば、柿酢も簡単に作れちゃうし、お酢の完全自給もできるかも。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

忙しや、6月の自給ライフ。

今月の始めくらいに蒔いたトウモロコシ発芽。
DSCF4112.jpg
奥の方は、いい感じに出そろっているのだが、手前の方は発芽不良、、、。
おそらくカラスに食べられたと思われます。
発芽しなかったところは、蒔き直し。
DSCF4116.jpg
奥の方は、いい感じ。
写真は丁度、管理機で中耕除草してあげた所です。
DSCF4123.jpg
ビワの2回目の収穫。
今年は、猿の被害にあうことなく、たくさん収穫できました。
DSCF4126.jpg
一本の木で、山ほど穫れるんだから、果樹は面白い。
DSCF4188.jpg
人にあげたり、自分たちで食べたりでは、消費しきれないので、溢れたビワは、ジャムに加工。
DSCF4200.jpg
大きな鍋で、グツグツと時間をかけて煮詰めていきます♪
世にあまり出回らないビワジャムですが、メチャウマです。
DSCF4128.jpg
同じく、桑の木も一本で、山ほど実が穫れるので、ジャムに加工。
DSCF4137.jpg
大きな鍋で煮詰めると水分が飛びやすくて、早く作れる。
DSCF4138.jpg
畑の一角で育ててたサツマイモの苗。
いい感じに芽が伸びてきたので、ツルをとってツル苗づくり。
DSCF4140.jpg
バケツに少し水を入れておけば、
DSCF4179.jpg
根っこが、すぐ伸びてきます。1週間おいてたら、こんな感じに。
サツマイモ苗の定植。
DSCF4177.jpg
また、玉ねぎ収穫したり、ジャガイモ収穫したりと、中々6月の自給ライフは、大忙し~(笑)
DSCF4176.jpg
もちろん、田植えも。
今年は、なんだかんだ手こずって、丸々1週間かかりました。

田んぼの詳細は、また時間が出来た時にアップしたいと思います。
DSCF4155.jpg
田植えの合間には、梅の収穫。
これも、収穫のタイミングが大事なので、梅の熟れ具合と天気と相談しながら一気にやってしまいます。
DSCF4157.jpg
この梅の木一本で、これだけ収穫できるのだから、やっぱり果樹は面白い。
毎年たくさん実をつけてくれます^^
無農薬の梅は、結構需要があるらしく、食べきれない分は、お得意様に販売。

で、田植えが終わる頃には、
DSCF4183.jpg
梅もいい感じに追熟して、黄色く色づいてきました。
フルーティーな香りがたまらない、熟しかけの梅たち。
洗って、一個一個ヘタ取って、水気もふいて、
DSCF4186.jpg
塩をまぶして、梅の下漬け。塩は、15%。

重石を乗せたら、仕込み完了。
DSCF4187.jpg
今年も、美味しい梅干しにするぞ。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

米麹&手前味噌。

何気に麹づくりも5年目。今年も作りました。
IMG_0295.jpg
一日浸漬しておいたお米の水をシッカリ切る。(一時間ほど)
IMG_0299.jpg
そして、シッカリと蒸していきます。
40分~60分くらいの間がいいそうです。
IMG_0302.jpg
蒸し終わったら、冷却。
人肌よりやや高め。
熱すぎず、ぬる過ぎず、手で触って少し熱いくらいでしょうか。そんくらいになったら、種付け。
IMG_0306.jpg
麹菌を茶こしで、なるべく均一になるよう、ふりかけていきます。
IMG_0309.jpg
そして、よく混ぜる。
均一に混ざるように3回に分けてやってみました。
IMG_0318.jpg
そしたら、すばやく米袋に詰め込んで、口を縛って、
IMG_0316.jpg
毛布にくるんで、さらに布団の中に。
厳密にいうと、下は敷き布団、その上に米袋を毛布でくるんで、羽毛布団、さらに毛布。
プラス50度くらいにした湯たんぽを、中に仕込んで保温。
この日の夜は、米麹と一緒に寝ました(笑)
IMG_0317.jpg
翌日の朝には、バッチリと麹の温度が上がっていました♪
この朝に、中のお米を崩して、よく混ぜてやったら、今度は米袋の中で、平らにしてあげます。
今度は布団の中でなく、床の上で毛布のみにして、米袋をサンドイッチして保温。
発酵が進んで、米麹自ら熱を発し始めるので、ここからは湯たんぽも使わず、毛布のみで調整してあげます。
温度が暑くなり過ぎないように、時々見てあげます。温度は人肌の前後くらいがいいそうです。
熱かったら、冷ましてあげたり、毛布はぐったり、低かったら、毛布足してやったりと微調整。
で、その日の夜に一度中をかき混ぜて、よく撹拌してあげてして、平らに均して、また同じように毛布サンドイッチで保温を続けます。そんなこんなで、3日目の昼から、夜の間くらいまでに、米麹が完成してきます。
IMG_0329.jpg
米麹が完成したら、寒い所に置いて、麹菌の活動を止めてあげます。
IMG_0335.jpg
今回、4キロの米を使った米麹を2回に分けて作りました。
上の写真の物が1回目の麹。三日目の昼に出麹。
IMG_0357.jpg
2回目の米麹。三日目の夜に出麹。
こっちのが菌がよくはびこっていい感じでした。
毎年微妙にやり方変えていますが、今年は今までで一番の出来。
麹づくりも気が付けば、もう5年目だもんな~と、変に納得^^

無事、米麹が出来たので、次は味噌づくり。
IMG_0344.jpg
まずは、大豆をたっぷりと時間をかけて煮込んでいきます。
朝から昼過ぎ近くまで、ジックリコトコト。
一回目の大豆は、チビ黒豆(古々)、黒豆(古)、大豆(古)。
今年は、大豆不作で少なかったので、前年、前前年作った豆を引っ張り出してきました(笑)
IMG_0347.jpg
米麹に、
IMG_0350.jpg
塩を入れて、よく混ぜてあげたものを作っておいて。
IMG_0351.jpg
煮あがった大豆を大きくて丈夫なビニール袋に入れて、踏んで潰してやります。
IMG_0355.jpg
後は、塩切りした米麹を潰した大豆とよく混ぜたものを樽に放り込んでやれば、味噌の仕込み完了。
ちなみに、2回目の味噌は、ちゃんと今年の大豆で仕込みました。

自分で作った無農薬米で、米麹を作り~の、自分で作った無農薬の豆達を使っての、超手前味噌。
いわゆる、これがホントの手前味噌かもしれないけど、
こんなの熟成したら、絶対美味いに違いない(笑)

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

灰汁を作って、自家製こんにゃく。

まずは、ここ最近の畑作業。
DSCN4041.jpg
サツマイモを掘ったり。
春に自分で、芽出ししてとったつる苗から、無事大きな芋達に育ってくれました^^紅あずま。
DSCN4043.jpg
玉ネギ定植。
玉ネギの苗を作るの自分は下手で、中々いいのが作れずに、今年も苗購入する事に。。。
来年こそは、もっと工夫して買わずにうまく苗作りたし。

ここから、本題のコンニャクづくり。
まずは、コンニャクづくりにかかせない、凝固剤となる灰汁作りから。
DSCN4044.jpg
今年も何かに使えるかもと収穫後にとっておいた稲わら達。早速に出番がやってきました。
このワラを燃やした灰を使って灰汁を作ります。
一般的には、水酸化カルシウムなどを凝固剤として使うようですが、
できればシンプルに昔ながらの作り方で作ってみたいと思い、色々下調べたりして、初挑戦。
一つにコンニャクづくりといっても、様々な方法があるので、いろんな方の作り方を参考にしながら、後は野生の勘を頼りに作ってみました。
DSCN4047.jpg
燃やすのは、土間のおくどさんを使用。
DSCN4046.jpg
ファイヤー!!押切を使って、ワラを窯に入る長さに切って、ジャンジャン放り込んでいく。
だいたい燃えてきたなという頃に、お湯を沸かしておいた鍋に投入。
DSCN4048.jpg
ワラ灰を煮出していきます。
30分?1時間くらい煮たでしょうか。この液をザルで濾していきます。
DSCN4050.jpg
何度も何度も濾していくと、
DSCN4052.jpg
だんだん綺麗に,
DSCN4053.jpg
仕上げに、さらしで濾して、一晩おいて、
DSCN4061.jpg
上澄みの液をすくえば、こんな感じに♪コンニャクづくりのもととなる灰汁の完成^^

そして、
DSCN4054.jpg
これが、コンニャク芋。皮をむいて、適度な大きさに切っていきます。
DSCN4056.jpg
ほんのりとピンク色をしていました。
DSCN4057.jpg
柔らかくなるまで、煮て
DSCN4062.jpg
細かく切って、ぬるま湯と共にミキサーに。(小分けにして、ミルサーで代用)
DSCN4066.jpg
よく混ぜ混ぜしたら、灰汁を少しずつ加えながら、引き続き混ぜ混ぜモミモミ。
ここらへんで、好みの硬さに調整するそうだが、初めてなので、まったくの勘を頼りに(笑)
失敗予防に、試しに途中で茹でてみたり、灰汁少な目から、多めまで何度かに分けて、丸めて鍋に投入。
DSCN4069.jpg
最後に、ゆで上げて完成。40~50分くらいでしょうか。
ネットで、調べてた情報だと、この段階でチリヂリになったり、ドロドロになったりと失敗する事もあるらしく、心配しながらの作業でしたが、崩れることなく無事、固まってくれました^^
DSCN4071.jpg
少し柔らかい食感に仕上がりましたが、初めてにしちゃ上出来。
早速出来立てを、切って醤油をつけて、こんにゃく刺身に♪美味し。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
余計な事は、考えない。シンプルに楽しく生きていこ~。
そして、なるべく自然のリズムで、心地よくいきていこ~。
シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。

目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して奮闘中。

これからやってみたいことは、マウンテンバイク、釣り、リバーカヤック、ギターなど。

心のアンテナに引っかかってきた楽しいことに、どんどんチャレンジしていこう。やらずに頭で考えることは止めて、直感を信じて、とにかく思い切ってやってみよう。


主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

思い出に残る職歴
ガソスタ(名古屋)
サークルK(友人が店長)
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法の米作り 5年
自然養鶏 6年
自給自足的な暮らし 5年目

さなざまな職を転々としながら、時にふらーっと旅に出たり、自由気ままにあっちへふらりこっちへふらり、風来ふらふら風来坊。
今は地元の三重に戻り、シンプルでナチュラルな暮らし目指して奮闘中。

さすらいのお勉強野郎は今日もゆく。

アクセスカウンター

最新記事

ブログ村ランキング。

カテゴリ

未分類 (17)
自給自足 (90)
メシ (24)
ナチュラルライフ。 (62)
有機農。 (174)
DIY。 (95)
遊び心。 (30)
小さな幸せ。 (27)
小さな不幸せ。 (5)
生き物。 (34)
里山。 (9)
花。 (8)
緑。 (2)
旅。 (7)
ろん論。 (7)
音楽。 (2)
アウトドア (7)
DIY作品。 (12)
セルフビルド (40)
ジャンプアート。 (10)
井戸掘り。 (22)
自然養鶏。 (40)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR