FC2ブログ

THE 男の料理。

嫁さん、実家に帰省中だったので、ここの数日間一人農業でした(笑)
一人だと、鶏作業、配達、炊事洗濯、風呂焚きと中々その他の作業にかかれなかったので、主にメシネタ中心で。
DSCN0620.jpg
まずは、高菜炒飯風混ぜご飯。
炊き立てのご飯だとうまく炒めにくいので、ご飯は炒めずに、卵や具を別に炒めてから、ご飯に混ぜこむ炒飯風。
DSCN0624.jpg
また、ある日は、人参とハヤト瓜のバター炒めに、頂き物のアジの開き。
ニンジンのバター炒め、ほんのり甘くて、メチャウマでした。ハヤトウリも中々美味し。
DSCN0627.jpg
お昼は、だいたい餅でした。
正月は、餅があると、楽でいいですね^^昔の人は良く考えたもんだ♪

ぜんざいにしたり。
DSCN0628.jpg
余り物の甘酒や熟し過ぎた柿なんかも投入した、ごちゃ混ぜぜんざい(笑)

炊事してて、閃いた流しの改良。
流しあるあるかもしれないけど、排水の所がよく詰まってうまく流れにくい。
DSCN0640.jpg
真ん中の所にあるゴムが、水が流れる位置にセットしてもなぜかうまく流れない。なんて事がよくありました。
考えてみたら、流しで水を溜めて使うこともないので、このゴムって別になくても、、、!?
そうだ、外しちゃおう。
DSCN0642.jpg
これで、水が上手く流れないというストレスや煩わしい手間もなくなるでしょう。
ついでに、流しも綺麗に磨いてあげて、こんな感じに。

これは、いつものルーティーンだけど、鶏さんのご飯(餌)づくり。
松阪産の小麦を中心に自家配合した飼料を発酵させてから与えています。
DSCN0643.jpg
冬場は、気温が低いので、発酵させるのに少し工夫が入ります。
元種(発酵のスターターのようなもの)を仕込んだり、前回仕込んだ温まった発酵飼料を脇に置いたり、毛布をかけてあげたり。
DSCN0644.jpg
仕込んで翌日には、もうホコホコと温まってきます♪
DSCN0647.jpg
脇に置いてる前回の物は、さらにホコホコ^^
特別な微生物資材など何も使っていないけど、条件をしっかり整えてあげると、自然と発酵が進んでくれます。
この発酵飼料が鶏の健康や美味しい卵へと繋がっていきます。
DSCN0651.jpg
鶏さん達は、毎日元気に走り回っております。

正月も終わりに近づき、しめ縄もそろそろ外しておくことに。
DSCN0667.jpg
前年度は、飾ってた葉っぱが落ちてしまう事があったのだけど、今年はバッチリ全部残ってました。
DSCN0670.jpg
ちょっとした改良点。
葉っぱの節を残して、抜けにくいように工夫。

再び、メシネタ。
DSCN0663.jpg
この日の食材は、こんな感じに。
大根、山東菜、水菜、宇宙芋、人参、ヤーコン。
オールろん農園産、ビバ自給自足。

ニンジンが割れてたり、ヤーコンがカビかけてたり、
DSCN0664.jpg
葉っぱが虫に食われてたりしてても、オッケー牧場。よく洗えば、問題ないさ~。
人にあげたり、売ったりはできないレベルだけど、自分で食べる分には全然大丈夫(笑)
ニンジンは割れてても、普通に食えるし、ヤーコンは触ったり、切ったりしてみて、食べれる部分を自己分析。
DSCN0666.jpg
一人鍋ドーン!!
DSCN0679.jpg
2日目は、味を変えてカレー鍋。
DSCN0682.jpg
3日目の昼には餅を投入して、フィニッシュ♪
THE男の料理でした。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



奥深き発酵の世界。

RIMG2109.jpg
踏み込み温床は、一度50度超えて、
RIMG2095.jpg
今現在40度前後まで、下がってきた所です。
微生物の発酵の力は、すごいですね。特別な微生物資材は何も使っていませんが、米ぬかや鶏糞に入っている自然の微生物が働いて発酵を進めてくれます^^
そろそろ種まきしてもいい頃でしょうか。ナス科などの種まきが始まります♪
今年もやるぞ~。

発酵といえば、自家配合してる鶏の飼料も発酵させてから与えています。
RIMG2245.jpg
冬場でも、この通り♪
冬場は気温が低いので、微生物をうまく活かすには少しコツがいりますが、いい感じにホコホコになっております^^

自家製酵母パンも発酵の力を借りて、パンを膨らませます。
RIMG2248.jpg
パンの場合は、酵母菌が発熱するんでなく、酵母菌が活動しやすい温度と環境をととのえてあげると、活動してくれる。
もう、半年くらい自家製酵母菌を継ぎ足し継ぎ足し、育てています♪
この方法なら、一番最初だけ、酵母菌を入れるだけで、
後は小麦粉や水や砂糖など酵母が活動しやすいよう環境を整えてあげれば、永遠に使い続けていけます^^
上の写真は、2次発酵後の焼成前の状態。
自家製卵をといたものをたっぷりぬって、仕上げたようです。
RIMG2249.jpg
焼き上がりはこんな感じに。
酵母菌、見えない微生物の働きによって、プクプクと発酵し、美味しいパンへと姿を変えてくれるのです。
奥深き発酵の世界。

この前少し紹介した小さい春菊。
このままでは、完全に草に負けてしまうので、除草しました(遅っ)
RIMG2125.jpg
ビフォー。
RIMG2232.jpg
アフター。

狭いところは、間引きしてやり、条間を綺麗に!?除草。
RIMG2233.jpg
刈り取った草は、翌日の鶏のエサにします♪
RIMG2235.jpg
草を刈り取った後は、鶏糞堆肥を一掴みずつ補ってあげます。
刈り取った畑の草は、鶏さんが食べて、糞となって、鶏舎の床材と混ざって堆肥となり、また畑に還ってくるという循環^^
RIMG2230.jpg
間引いた春菊は、こんな感じに。
売り物としたら、小さくって笑われそうですが、自分で食べる分には、全然問題ナッシング。
美味しくいただきました^^
RIMG2237.jpg
また、果樹の移植をしたり。
RIMG2239_20170226180545e03.jpg
夏ミカン(奥)とナツメ(手前)を鶏舎の前に移植しました。
もともとスモールハウスがある敷地に植えてたのですが、果樹から野菜ものに変更のため。
RIMG2247.jpg
畑の大根は、ボチボチすが入ってくるかもしれないので、収穫して切干大根にしたり。
RIMG2242.jpg
畑に埋めて保存していた里芋を掘り返してみました。
全然腐る様子もなく保存成功。
RIMG2241.jpg
菊芋ちゃんもバッチリ。
菊芋は片栗粉をまぶして、素揚げにして美味しくいただきました^^
RIMG2240.jpg
土間でもみ殻を入れた段ボールに保存してた宇宙芋は、中がぐちゅっとしてきてて、壊滅的な状況でした(沈)
去年は、新聞紙でくるんで、発砲スチロールに入れて、室内に保存してたらバッチリやったんやけど、今年はズボラに保存してたら、こんなことに><もったいない事してしもた。
同じく土間で、種用に、発砲スチロールに土を入れて保存してたものも、どうもダメっぽい(撃沈)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

キュウリの古漬け解禁&0円食堂!?。

キュウリの古漬け解禁しました♪
RIMG1262.jpg
これは、3年前に僕が、大量に塩漬けしたキュウリの、ごくごく一部。

これを使って、キュウリのキュウちゃん漬けを作ってみました^^
まずは、塩抜き。
RIMG1265.jpg
熱湯につけて、塩抜きしてみました。
冷めるまで置いておいて、ちょうど良い具合に塩がぬけてたら、水を切って、
RIMG1349.jpg
さらに、絞って水を切っておき。

醤油、米酢、柿酢、砂糖、酒などを入れて火にかけ、冷ましたら、
RIMG1350.jpg
塩抜きしたキュウリ、生姜の線切り、鷹の爪少々入れて、仕込み完了♪
RIMG1358.jpg
数日で、こんな感じになり、美味しく食べられました^^
今まで、キュウリの古漬けたくさん作ったものの、中々活用出きずにいましたが、これなら簡単に美味しくいただける。
キュウリを煮詰める必要もないし、簡単にキュウリのキュウちゃん漬けが楽しめます。

目から鱗や~(感動)
ネット情報、様様です。
RIMG1359.jpg
これも、ネット検索ですが、菊芋の乾燥チップスに挑戦中。
収穫してあった菊芋が、少ししおれ気味だったので、乾燥チップスにすることにしました。
RIMG1387.jpg
2日もすれば、こんな感じに。
そのまま食べても、美味しいし、ノンフライの菊芋チップス^^
これからどうやって、使っていこうか?楽しみのチップスです。

つい先日、嬉しい頂き物がありました。
卵や野菜をお届けしているお客様から、サプライズのお歳暮。ハムを頂いちゃいました。
RIMG1330.jpg
昼食に、食パンのお供に、頂いたり、
レタス、ポテトサラダは自家製^^ハムサンドに。
RIMG1333.jpg
ディナーの目玉焼きに入れ込んだり、

翌日の昼食は、
RIMG1346.jpg
炒飯に^^(俺作)
頂き物のハムに、自家製卵、高菜、ショウガ。
炒飯は、ショウガを刻んで少し入れると、美味しさグンと引き上げてくれます^^
RIMG1348.jpg
お米も自家製。高菜炒飯の出来上がり。
油、塩、コショウ、醤油の調味料以外は、自給&戴き物のゼロ円炒飯(笑)
美味っ。
RIMG1375.jpg
最後は、卵炒めにして頂きました。ハム、ピーマン、サヤいんげん入り(嫁作)。
これも、0円食(笑)

ろん氏炒飯が上手くできたのに気をよくして、夜は天ぷらに挑戦。
RIMG1353.jpg
具材は、オール自給のアシタバ、宇宙芋、菊芋、ヤーコン、南瓜に、サツマイモ。
天ぷらに挑戦するも、見るも無残な仕上がりになり、写真はなし(撃沈)
下手なりに美味しかったのは、菊芋とアシタバの天ぷらでした。

話は変わりますが、先月電球をLEDに変えてから初の電気代の請求。
RIMG1276.jpg
11月の途中から変えたのにもかかわらず、結構減額しました。
今まで2000円切るくらいだった電気代が、1500円切るほどに♪
LED効果抜群ですね^^
RIMG1337.jpg
小さな事からコツコツと。
お湯は、朝沸かしておいた熱湯を魔法瓶に入れて、いつでもお茶を飲めるようにしたり、電子ジャーは使わずに、毎食圧力鍋でご飯を炊いたり、、、、。それに、炊き立てのご飯は美味しいし、魔法瓶を使えば、無駄に電力使わなくていい。
工夫次第で、楽に楽しく電力は、節電できます^^

また、完全にストイックに自給自足してるわけでなく、ウチでまだ作れていないものは、バイしています。
RIMG1328.jpg
ミカン詰め放題したり(笑)
RIMG1388.jpg
嬉しい頂き物を頂いたり^^
ゆる~く、楽しく自給自足的生活を満喫中♪
RIMG1383.jpg
庭では、自生してるツル梅もどきが、綺麗な実をつけてきています。
RIMG1376.jpg
この間、種とりしたカラスの瓜の種は、乾燥してこんな感じに。
乾燥して白っぽくなってきました。
ご利益ありそうな、打ち出の小槌の完成です^^

にほんブログ村

モチアワ、代かき。

モチアワ炊いてみました。
RIMG0872_convert_20150605205911.jpg
チーズのようにとろ~りとした食感で、美味しいモチアワです♪
RIMG0880_convert_20150605210102.jpg
ブロッコリーにモチアワのせて、自家製マヨネーズをかけて頂きます^^

朝食は卵かけご飯にモチアワをのっけて、TKG。
RIMG0888_convert_20150605210147.jpg
うまっ!!

収穫期を過ぎてプックリ大きくなった絹サヤは、
RIMG0874_convert_20150605210014.jpg
鞘を剥いて、グリーンピースのように豆を頂いてます^^
けっこうイケます。

子猫ちゃんは、
RIMG0894_convert_20150605210240.jpg
かなり、なついてきとります^^
メス猫ちゃん一匹は里親が決まり、残りはオス猫ちゃん4匹。
ああ、だんだん情が湧いてくる~><かわいい~。

一匹はウチで飼おうかな。この子↓。
RIMG0905_convert_20150605210406.jpg
他の子のオス3匹は、まだまだ里親募集中です。

今日は雨降り仕切る中、代かきデイでした。
RIMG0916_convert_20150605210518.jpg
このように角材を引っ張って、代かきします(笑)

明後日の日曜日は田植え予定です。

昔ながらの手植えでの田植え。
さあ、どうなることやら。楽しみ半分、不安半分。

まあ、なんくるないさ~。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

ある日の朝食。

今朝の朝食。
米こそ、まだ自給できてなくて親戚のオジサンから買ったものだけど。
RIMG4932_convert_20150120105943.jpg
無農薬有機栽培の自家製キュウリの古漬け。
無農薬無肥料栽培の丹波の黒豆。
無農薬自然栽培の自家製梅干し。
無農薬自然栽培の自家製ビワ茶。
自然養鶏で育てた鶏の卵かけご飯。

ここまでくると、完全にマニアですね(笑)
質素だけど何気に豪華な朝食です^^

普段は基本玄米食べてますが、時間が少ない朝は白米を炊いて食べています。
白米なら圧がかかってから、弱火で5分。
火から外し、蒸らし10分で速攻で美味しく炊けます。

ウチでは電子ジャーというものを使っていないので、毎食圧力釜で、ご飯を炊いて食べてます♪
それになにより、炊き立てが一番うまい^^。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター