FC2ブログ

火消し壺の導入。

本日の朝食は、
DSCN3020.jpg
もじりたてのトウモロコシ!!
DSCN2974.jpg
ミョウガの花茎が出始めていました♪

ミョウガの森を散策していたら、妙な蛾を発見。
DSCN2967.jpg
どうやら卵を産み付けているらしい。名は、マイマイガというものっぽい。
今年は、やたらと虫に縁がある年らしい。色んな虫と出会います^^
DSCN2983.jpg
ウドの花満開。
何年も前に植えつけたものですが、毎年顔を出してくれます♪
DSCN3005.jpg
同じころに、植えたタラの木にも花。
DSCN3008.jpg
根っこの切れ端のような苗を植えつけたものでしたが、今ではこんなに大きくなりました。
自分ちの敷地で山菜が採れたら最高と妄想してたものが、徐々に現実のものへ^^
DSCN3014.jpg
ヘチマにも花。
ヘチマは、花のツボミが一か所に数多く集まっていて、次から次へと、たゆまなく花を咲かせてくれる。
DSCN2978.jpg
これは、一人ばえしてるクサギ。
DSCN3050.jpg
花から種へと変わったニンジン達。
種採りして、夏まきのニンジンへと早速使います^^
DSCN3002.jpg
ビオトープでは、糸トンボに引き続き、普通のトンボも羽化しました。
DSCN3025.jpg
踏み込み温床の切り返しをしていたら、
DSCN3026.jpg
カブト虫のメスを発見。
早くも卵を産みにやってきたのかな!?

時折、薪割り。
DSCN2987.jpg
薪調理してるので、大事なライフラインの薪エネルギーとなります。
DSCN3001.jpg
1時間くらいで、こんな感じに♪
DSCN2995.jpg
薪割りしてると、ちょくちょく見かけるこんな幼虫。
前々から気になってたので、調べてみるとカミキリとか玉虫とかの幼虫っぽい。
最近密かなブームの昆虫食でも、よく食べられてるヤツらしい。
次回、見つけたら一度挑戦してみよう(笑)バター焼きが、美味しいとか。
DSCN3031.jpg
熱効率の良いおくどさんですが、より薪を大切に使うために一工夫加えてみました。
写真右に見える壺を火消し壺として、利用することに。
DSCN3033.jpg
調理で余った薪なんかは、そのままおくどさんに入れたままだと、空気孔をふさいでもなぜか、燃え切ってなくなってしまう。
そこで、火消し壺をつかって、鎮火させて、また次回の薪の足しに利用することに。
おくどさんだけでなく、五右衛門風呂で余った薪も無駄なく、次回に回せる非常に便利な1品です。
なんで今まで、導入しなかったのか悔やむくらい><
ちなみに今回、火消し壺といっても梅干し用なんかの普通の壺を使ってみました。今の所、順調に使えています。
DSCN3053.jpg
夏は自作の塩ビ管太陽熱温水器、絶好調。
薪を一本も焚くことなくお風呂に入れます♪今年は例年と比べると、かなりの薪の節約に^^
夕刻の5時くらいに、温水を入れて、
蓋をあけたまま放置しておけば、夜風呂に入る頃には、ちょうど適温に。

今日の晩飯。
DSCN3054.jpg
キュウリ、人参、ルッコラ、豚肉、ゴマ味噌和え。
今日のキュウリは苦かった。
DSCN3056.jpg
ナスとシシトウ。シシトウ初穫れ。
DSCN3058.jpg
ナスのからし和え。
DSCN3059.jpg
フルーティーな食用ほおずき。
DSCN3060.jpg
元気の源、玄米。
DSCN3039.jpg
最後は、井戸の上とキノコ机の上で、涼しむ猫ちゃん達で。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

小さな家と小さな菜園。

五月のろん農園。
DSCN2205.jpg
THEジャパニーズスモールハウス。
小さな家と小さな菜園があれば、それで十分。
自然の恵みを活かして、豊かに暮らしていけます。
右っ側の小道を進み、左に折れると、
DSCN2183.jpg
こんな感じ。
さらに、進むと、
DSCN2160.jpg
ぢんちゃんが、井戸の上で、お出迎え。
ここ最近、暑い日の猫ちゃん達のお気に入りの場所となっております。
DSCN2165.jpg
猫ちゃん、どこにいても絵になるんだな。
9.jpg
天気のいい日は、自作の塩ビ管太陽熱温水器、軽く40度超え。
井戸水を汲み上げて、太陽熱で沸かしています。自然の恵みにマジ感謝。
井戸水も太陽熱も自然界に溢れている貴重な資源なんだな。
DSCN2194.jpg
ニンジンの花。
花を咲かせて、種を採って、次に繋げていきます。
DSCN2210.jpg
これらは、アブラナ科の種採り用。
DSCN2177.jpg
今年初めて作ってみたワサビ菜が、いい感じ。
虫もつきにくいし、作りやすく無農薬向き。サラダにすると、とても美味しい^^写真、右の方には、一人ばえの山芋が。
DSCN2176.jpg
イボ竹立てて、紐はって育てる事に♪
DSCN2135.jpg
ある日の収穫物。
新ジャガに、新玉、ズッキーニ、桑の実。
DSCN2153.jpg
最後は、今日のコッコちゃん。
今日は、ヒナでなく大人の鶏さん達です。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ビオトープ作成。

この間パイプハウスを建てた敷地ですが、山側は水が湧き出してきて、外周に掘った溝にはいつも水がついてる状態。
DSCN1796.jpg
ジュクジュクしてて、排水性の悪い土地。と、最初はイメージでしてましたが、
DSCN1798.jpg
逆をいえば、水に恵まれた土地ではないか。。。
そうだ、この水を利用しちゃおう。
DSCN1799.jpg
この端っこの一角をビオトープにします。

さあ、気合を入れて、スコップ仕事。
エイサ、ホイサと大地と格闘する事、2時間弱。
DSCN1837.jpg
37のオッサン、ユンボ並み(笑)いい筋トレっした♪
DSCN1839.jpg
角っこから、ジワジワと水がしみ出してきています。
井戸でもそうですが、このジワジワの水でも、1日経つと随分と溜まるんです^^
DSCN1843.jpg
翌朝は、こんな感じに。オッケー牧場♪
後は、高い所を削ってあげて、仕上げ作業。

丁度先日は、雨も降って、こんな感じに。
DSCN1847.jpg
ビオトープ完成なり。
すでに、以前(溝)から確認してる生き物は、サワガニ、ゲンゴロウ、アメンボなど。
これからどんな生き物が集まってくるのやら^^
DSCN1844.jpg
たまたま去年直売所で買ったレンコンが保管してあったので、ビオトープに植えることに。
DSCN1845.jpg
ほんとは、睡蓮鉢か何かで栽培しようと、芽のついたレンコンを土と水の入った樽で保存してたのであった。
DSCN1820.jpg
残念なお知らせがあって、蜜蜂ちゃんに逃げられてしまいました(沈)
沢山出入りしてたミツバチが、今ではわずかに数匹確認できる程度。。。

自然相手なので、こればっかりはしょうがないですが、
この経験を活かして、次回はこうならないように、環境をシッカリと整えてあげねば><人生、日々勉強の連続なり。
DSCN1822.jpg
自然分蜂したミツバチちゃんが来やすいように、日本ミツバチが大好きだというキンリョウヘンを取り寄せて、待ち箱のそばにセットしてみました。諦めずに、もう少し巣箱を見守りたいと思います。どうか、蜜蜂さん来てくれますよ~に。
DSCN1849.jpg
ローゼルの種、無事に発芽!!
昨年は、自家採種した種が一個も発芽せずに撃沈でした(笑)
今年は、新たに種を買い直して再挑戦。こけたら、また立ち上がればいいのさ~。
DSCN1852.jpg
庭にも小さなビオトープを作成。
睡蓮鉢を置いてみました。
DSCN1861.jpg
INメダカちゃん。
蜜蜂のショックは、しばらくメダカちゃんに癒してもらいます。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

春の兆し、芽イロイロ。

春の兆し。
DSCN1250.jpg
農園内に毎年でてくるツクシちゃん。
DSCN1254.jpg
農園内を歩き回ってこれだけ採集。ちょっと少なめだけど、自分所の敷地内でこれだけ穫れれば上等でしょう。
春の味覚、卵とじにしていただきます。
DSCN1258.jpg
桑の木の新芽。
DSCN1272.jpg
桃ちゃんの花芽。
DSCN1265.jpg
ブラックベリーの新芽。
DSCN1267.jpg
種採り用の大根の菜花。
大根はアブラナ科でも、大根同士でしか、交雑しないので、防虫ネットなしにしてます。母体は和歌山大根。
DSCN1255.jpg
直播の小松菜、発芽。
DSCN1257.jpg
育苗のナスが出そろってきました♪
ピーマンやシシトウなどは、少し土を盛り上げてきた所で、もうちょい。
DSCN1273.jpg
時折、薪の準備。
今回は、梅の木やマキの木など大きくなり過ぎてたのを強めに剪定した枝クズなどを整理してみました。
DSCN1276.jpg
高菜がいい感じに水が上がってきたので、つけ直します。
絞って、水気を切って、
DSCN1278.jpg
塩、昆布、鷹の爪、ウコンなど入れて本漬けとします。後は、また重石を乗せたら仕込み完了。
無事に、美味しく漬かりますよ~に。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

米麹&天の恵み&種まき開始。

米麹を仕込んでいました。
DSCN1100.jpg
自家製の無農薬米^^シッカリと蒸しあげていきます。
DSCN1102.jpg
蒸しあがったら、広げて40度くらいまで、お米を冷まして、麹菌の種付け。
手早く全体をよく混ぜこんだら、温度が下がらないうちに、米袋へ入れて、毛布でぐるぐる巻き、布団のなかへ入れて保温していきます。(写真撮る余裕は、ありませんでした。)
DSCN1101.jpg
今年は、湯たんぽで少し加温したり(最初のウチだけ)
翌日の朝には、温度がバッチリ上がってきてたので、まとめてたのを薄く広げて、湯たんぽも外して、再度毛布でサンドイッチして保温を続けます。

また、デジタルの外部センサー付き温度計を駆使したりと、より精度が上がるよう工夫してみました。
DSCN1119.jpg
写真は、仕込んで3日目の朝の様子。人肌の温度位をキープしていきます。
DSCN1107.jpg
塩ビ管太陽熱温水器も太陽のめぐみを吸収して発熱♪
DSCN1112.jpg
また、数日前の雨で、雨水タンクも満水に。雨のめぐみも吸収♪
DSCN1117.jpg
2月の渇水期もなんとか乗り越え、地下水位もグンと上がりました^^
少し上がり過ぎて、若干濁りぎみですが、、、(苦笑)。大雨が降るとたまに、濁る事があります。
DSCN1108.jpg
踏み込み温床も発酵が進み、発熱中。
DSCN1110.jpg
鶏さんの飼料も発酵が進むとホコホコに温まってきます♪
ろん農園では、今アチコチで発酵菌による発熱や天の恵み満載中です^^
DSCN1147.jpg
そうこうしてたら、いい感じに米麹が固まってきました。
今までになく、いい感じ。オッケー牧場♪
この米麹を使って、自家製味噌を仕込むのじゃ。

踏み込み温床の床の温度も30度台に落ち着いてきたので、種まき開始しました。
DSCN1124.jpg
主にナス科を種まき。
DSCN1125.jpg
無事発芽しますよ~に。

自家採種してる種も、毎年してたら段々貯まりに貯まってきました。
DSCN1127.jpg
種がたくさんあるとなんだか安心します。こんなボックスが、2つ。
DSCN1128.jpg
我ながら思う。よくぞまあ、こんなに集めたもんじゃ(笑)。
古い種や使わない種など、この際整理することに。

せっかく集めた種を燃えるゴミにだすのも何だかしっくりこないので、どっか空いてるスペースにばら蒔いてしまおう。
DSCN1141.jpg
福岡正信さんっぽく、粘土団子でも作って、ポイポイ投げながらの播種なんてのも面白いかもと妄想中。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター