2018-06

田んぼの手押し除草機。

本題の除草機の前に、少し畑編を紹介します。

梅ちゃんも少し色づいてきて、収穫時となりました。
DSCN2404.jpg
脚立に登って採って、屋根に登って採って、最後は直接木に登って収穫。
DSCN2424.jpg
この木一本で、毎年沢山収穫できます♪
少し色づいてきた頃が、梅干し用の収穫期。

さらに、2~3日追熟させると、
DSCN2430.jpg
こんな感じに^^
フルーティーな香りがたまりません♪
完熟梅なので、あく抜きなども必要なし。
洗って、ヘタ取って、水気を切ったら、梅干しの仕込み。今年も梅干し仕込みます。
DSCN2418.jpg
こないだ収穫したビワは、ジャムにしました。
市場にも、あまり出回らない貴重な自家製ビワジャム。
砂糖控えめでも、ビワの甘味で、超美味い。
DSCN2419.jpg
ニンニク収穫したり、
DSCN2421.jpg
絹サヤや空豆を種採りしたり、
DSCN2422.jpg
何に使うか未定だけど、日干し煉瓦も乾いてきた(笑)
DSCN2435.jpg
畑では、早くもキュウリが穫れ始めてきました。
左から、ズッキーニ、キュウリ、スイスチャード、レタス。

さて、本題の田んぼの除草機。
DSCN2456.jpg
1回目は縦方向に除草機入ったので。
DSCN2452.jpg
2回目は、横方向に。
線付け器で、縦横条間を30cmに揃えてあるので、稲を潰すことなくゴシゴシと進めます。
そもそも何故除草作業が必要かというと、
当たり前のことですが、ほおっておくと草が生えてきて、稲の生育が阻害されるから。
一般的な農法では、田植えと同時に除草剤が散布されて草を生えないようにするのだけど、有機農法では、除草剤を使わないので、何か別の方法を使って草を抑えていきます。
DSCN2447.jpg
今年は、田植え7日後に一回目の除草機に入ったら、すでにコナギちゃんが肉眼で、見えるくらいに出てきていました。草が見える前のもっと小さな芽の段階で、除草機を押してあげればよかったんだけど(要反省)
除草のポイントは、草が小さいうちにシッカリ対策する事。
DSCN2449.jpg
草が結構多かったので、2回目の除草機は、予定を変更して、少し早い目に入ってあげました。
小さなコナギちゃんが除草機を通すことによって、浮いてきます。
DSCN2451.jpg
時折、欠株や生育の悪い稲などを補植しながら進みます。
たまに、間違えて草が丁寧に植えてあったりするから、そんなのも植え直す(爆)
DSCN2453.jpg
田んぼの1/3くらいは、すでに浮草が繁茂してきました。
DSCN2455.jpg
この浮草は、光を遮って、雑草を抑えてくれると思うので、大事に見守ってあげます。
それに、カブトエビなど小さな生き物たちが田んぼをかき混ぜて、水面を濁らせてくれる濁り水効果。
さらに、人が除草機を押して、田んぼを濁らし、土をかき混ぜ草を抑える3種の除草効果で、草を抑えていきます^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

昔ながらの手植え田んぼ。

6/1、田植え。
DSCN2296.jpg
苗取りを始めようかと、苗代へと進むと、
DSCN2294.jpg
小さな蛇ちゃんがお出迎え。ヒバカリ!?
DSCN2304.jpg
さあ、やるぞ~。まずは、苗取り。
ゴソっと土ごと根っこを傷めないように苗をとって、ジャボジャボと土を落としておきます。
田植えよりも、この苗取りが中々の重労働。腰がひん曲がります(笑)

苗取りがある程度進んだら、次は線付け。
DSCN2305.jpg
田んぼの水を落としておいて、自作の線付け器を引っ張って、縦横30cmの線をつけていきます。
DSCN2307.jpg
密植は病気の素。30cmずつの広々とした空間で、風通しを良くして、ノビノビと育てていきます♪
鶏さんと一緒で、やはり広々とした空間で育ててあげることによって、薬に頼らずとも、健康に育つんだな^^
また、後にはいる手押し除草機のサイズにも合うように、条間を合わせてあります。
DSCN2310.jpg
1日、苗取り、田植えとフル活動。1日目で、7~8割植え終わった。
この田植え初日が、1年で、1番ハードな一日かもしれない(笑)

6/2。
DSCN2311.jpg
苗代以外の所の田植えが終わり、残すは苗代部分のみ。
苗取りを終わらせて、苗代部分も植えられるように代掻きしてあげます。
DSCN2314.jpg
よつ鍬で畔を崩して、少しホコホコして、
DSCN2315.jpg
エブリで均してあげれば、出来上がり。
これくらいの広さなら、機械を使わなくとも、人力で意外と簡単にできちゃいます。
残りは、土が落ち着く、翌日に、植えることにします。
DSCN2313.jpg
ここまでくれば、残りもわずか。ほっと一息。
頂き物の朔日モチでティータイム♪6月のお餅は、麦手餅。
説明の文を読んでみると、『6月は、麦秋とよばれ、麦刈り、田植えで猫の手もかりたい季節、、、』
確かに~。6月は、何気に農繁期なんさな。

6/3、昼。
DSCN2337.jpg
よっしゃー、終わったぜい。
DSCN2339.jpg
今年も美味しいお米が、沢山実りますよ~に。
DSCN2372.jpg
余った苗を少し、ビオトープに植えてみました。
大きいのは、マコモ。成長早し。
DSCN2376.jpg
このお米は、収穫を期待というよりも、癒しやビオトープの環境改善や遊び心。
DSCN2374.jpg
アオミドロは落ち着いてきて、早くもコナギちゃんらしい者が生えてきた。
田んぼだと嫌がられる草だけど、ビオトープではウェルカム。
DSCN2378.jpg
少しづつ生態系が豊かになっていけば、これ幸いです。
DSCN2352.jpg
ヒナちゃん達は、スクスクと元気に成長中なり。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

無農薬の苗代は、ビオトープ。

苗代のお米の苗は、
DSCN2081.jpg
順調に成長中♪
DSCN2087.jpg
昔ながらの田んぼの一角に作る苗代です^^

無農薬の田んぼでは、様々な生き物の暮らす場所となり、まるで一種のビオトープのよう。
DSCN2083.jpg
少しずつ増えてきた浮草に、田んぼの定番オタマジャクシ。
DSCN2112.jpg
カブトエビに、
DSCN2107.jpg
ホウネンエビ^^
他にも、カイエビ、アメンボ、ゲンゴロウ、ミジンコなどなど、無農薬の田んぼには、生き物がいっぱい♪
この子たちが土をかき混ぜてくれる(特に、カブトエビ)ので、水はいつも濁っていて、田んぼの草を抑えてくれるという相乗効果も生まれます。(写真は、新しく水を入れて透き通ってる時を狙って撮影。)

今年新たに作ったリアルなビオトープは、
DSCN2118.jpg
現在、アオミドロが増殖中。
これも、自然の一つの現象なので、どうなっていくのかしばらく見守ってみます。
こちらは、生き物のバランスがとれてくるまでは、もうしばらく時間がかかりそう。
DSCN2079.jpg
今回も最後は、にゃんこちゃんで。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

パイプハウスの補修&苗代の苗、発芽。

こないだ作ったばっかりのパイプハウスですが、補修しました(爆)
DSCN1731.jpg
工場に眠っていた昔のシートを使ってたのですが、
実際に雨が降って、様子を確かめたら、所々雨漏れて、使い勝手今一悪いので、補修します。
DSCN1790.jpg
一番重要な天井部分は、新品のシートを購入。
ブルーシートよりも2~3倍強いという事で、銀のシートをチョイスしてみました。
DSCN1791.jpg
ちょうど良いサイズが売ってなかったので、天井部分のみとなりまして、こんな感じに。
DSCN1795.jpg
この上に、元のシートを被せ、
もともと丈夫な銀のシートの上にシートを被せる事によって、
直に当たる日光、風雨から守られて、寿命が随分延びるのではないかと見込んでいます。

その後、実際雨の日に中に入って確かめてみると、
銀シートが思ったより、天井を覆えてなくて、銀シートの端からポタポタト雨が落ちて、今一つな感じ。。。
なので、サイド部分をもう少し補強することに。
DSCN1877.jpg
また、新しいシートを買ってとやっていては、面白くないので、
工場に眠っているシートを探しだして、使わなくなった素材をリサイクル。
DSCN1875.jpg
一つ内側に入れて、鱗状にして雨水を防ぎます。
両再度こんな感じに仕上げて、パイプハウスの補修完了~^^これで雨が降ってもバッチリ。

保温折衷苗代は、種もみ達もいい感じに発芽が揃ってきたようなので、有効ポリをはがしました。
DSCN1880.jpg
有効ポリというのは、小さな穴が沢山空いていて、中の温度が上がり過ぎないようになっている優れものです。
DSCN1881.jpg
とはいえ、ここのとこ暑い日が続いていたので、少し心配でした。
DSCN1884.jpg
どうも、順調に成長を続けてくれた模様♪ほっ^^

ポリを剥いだら、畝の上まで水をはってあげます。
DSCN1891.jpg
今年は高低差が出ないようちゃんと調整したので、バッチリいい感じ。

後は、畔から水が、漏れていないかグルリと色んな所をチェック。
DSCN1896.jpg
道路側のコンクリートの畔。何か所かヒビが入ってる所があって、微妙に水路へ漏れ出しています。
DSCN1898.jpg
内側に土を盛ってあげて、漏れないよう補修。
DSCN1894.jpg
田んぼ側は、日々ひび割れを畔塗しながら補修。

苗代へ水を入れ始めてから、まだ1週間ちょっとですが、早くもカブトエビやホウネンエビの子供などを確認できました♪
無農薬の田んぼは、1種のビオトープとなって様々な生き物の暮らせる場所となっていくんだな^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

保温折衷苗代。

浸種してた種もみも無事に芽がでてきたので、種まきすることにしました。
DSCN1764.jpg
温かい日が続いていたせいか、予想よりずいぶん早く芽が出てきて、急きょ苗代づくりに(苦笑)
DSCN1750.jpg
ビフォーは、こんな感じ。
 
ここから、スコップで畝上げしていきます。
DSCN1753.jpg
昨年は、手前と奥で高低差が出てしまったので、
DSCN1754.jpg
今年は改善策として、先に水をはって、水平を合わせておく事にしました。
水を基準に、高い所を削ってと、まさしく水平に^^

これで苗代完成として、水を落として翌日を種まきとします。
DSCN1767.jpg
浸種して、芽出ししておいた種をパラ蒔いていきます。
覆土はそこら辺の土を適当にほぐしてパラパラとかけてあげて、有効ポリをベタ掛けして、
DSCN1782.jpg
肩口まで、水をはってあげたら、保温折衷苗代の出来上がり。
今年も無事に、いい苗が作れますよ~に。
DSCN1776.jpg
この写真のどこかに、猫のぢん君が隠れています。答えは、終盤で。
DSCN1818.jpg
育苗してた苗さん達も続々と定植中。
コンパニオンプランツ的にイロイロ混ぜこんで、隙間を埋めるように定植してあります。
8.jpg
イチゴが色づき始めてきました♪
ハウス栽培のイチゴは、そろそろ終わりらしいけど、露地のイチゴは今からが、穫れ始め^^
DSCN1830.jpg
今年から植えてるナツハゼが、花をつけ始めてきました。
ナツハゼは、日本に自生してるブルーベリーの一種だそうです。
他にもシャシャンボって、自生系のブルーベリーも密かに植えてたりする^^
どんな実で、どんな味がするのかな?楽しみなワイルド系ベリー類たち。
DSCN1835.jpg
これは、ホームセンターで買ったビルベリー。
どうも本物のビルベリーではないらしいけど、ブルーベリー系の実はなってくれるはずで、これも楽しみ。
9.jpg
ここの所天気も良くって、塩ビ管太陽熱温水器絶好調。
6.jpg
MAX49度!!
風呂釜に温水が入ってしばらくすると、42~3度くらいに落ち着いてきます。
お風呂を入るには、最高の適温♪
7.jpg
自堀の井戸水を太陽光で沸かして、五右衛門風呂を焚かずして、入る^^
22.jpg
ぢん君は、ここにおりました。
DSCN1762.jpg
ヒナちゃん達は、1か月を過ぎて、見た目もだいぶ鶏らしい感じになってきました。
皆、順調にスクスクと成長しております^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
余計な事は、考えない。シンプルに楽しく生きていこ~。
そして、なるべく自然のリズムで、心地よくいきていこ~。
シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。

目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して奮闘中。

これからやってみたいことは、マウンテンバイク、釣り、リバーカヤック、ギターなど。

心のアンテナに引っかかってきた楽しいことに、どんどんチャレンジしていこう。やらずに頭で考えることは止めて、直感を信じて、とにかく思い切ってやってみよう。


主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

思い出に残る職歴
ガソスタ(名古屋)
サークルK(友人が店長)
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法の米作り 5年
自然養鶏 6年
自給自足的な暮らし 5年目

さなざまな職を転々としながら、時にふらーっと旅に出たり、自由気ままにあっちへふらりこっちへふらり、風来ふらふら風来坊。
今は地元の三重に戻り、シンプルでナチュラルな暮らし目指して奮闘中。

さすらいのお勉強野郎は今日もゆく。

アクセスカウンター

最新記事

ブログ村ランキング。

カテゴリ

未分類 (17)
自給自足 (81)
メシ (24)
ナチュラルライフ。 (56)
有機農。 (157)
DIY。 (84)
遊び心。 (29)
小さな幸せ。 (27)
小さな不幸せ。 (5)
生き物。 (29)
里山。 (9)
花。 (7)
緑。 (2)
旅。 (7)
ろん論。 (7)
音楽。 (2)
アウトドア (7)
DIY作品。 (11)
セルフビルド (39)
ジャンプアート。 (9)
井戸掘り。 (19)
自然養鶏。 (39)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR