2017-04

セルフカット&お米種もみの浸種。

4/8は、山菜採りに連れていってもらいました♪
RIMG2957.jpg
左から、タラの芽、イタドリ、センノキ、ワラビ。
山菜採ったど~!!
RIMG2970.jpg
ちなみに、鶏舎の敷地にもタラの木植えてあります。
まだ、2本だけだけど、そのうち増えてくるんでは、と期待しております。
理想は、山菜取りに山に行かなくとも、うちの敷地内で、山菜を採れるようになれば最高。
RIMG2968.jpg
小梅の木は、新芽がいい感じに出始めてきました。(写真の上の方)
RIMG2980.jpg
ヒナちゃんは、大人の止まり木まで、飛び上がれるようになってきました。
RIMG2981.jpg
こっちは、ヒナ用の止まり木。
早くも羽が、羽らしくなってきました。

今のろん農園は、こんな感じ。
RIMG2979.jpg
アブラナ科の花が、咲き乱れ、木々の新芽が出始めて、草も元気にモッサモサ、バックの山には山桜♪
いい感じですね。
RIMG2976.jpg
絹さやも花をつけ始めてきています。

農園の草もボーボーだけど、僕の頭もボーボーになりかけてました。
なので、散髪することに。いつもは、バリカンや普通のハサミを駆使して、セルフカットすることが多いんだけど、今回は散髪用に少しいいハサミを新調しました。
RIMG2967.jpg
じゃん。セニングシザ~。
スキ率20パーセントのスキバサミ。ネットで仕入れました。
このスキ率ってのが、大事で、ホームセンターだと50%のしか手に入らない。これで、やったこともあるけど、思った以上にスキ過ぎて中々思ったようにカットできない、、、。
で、いつもながらのネットサーフィンで、セルフカットなるものを調べると、必ず出てくるのがスキ率の低いスキバサミ。
よしこれは、いっちょ買ってみようと奮発しました。といっても、4000円程度です(笑)

んで、適当に、チョキチョキやっていくと、
RIMG2961.jpg
ビフォー。
RIMG2966.jpg
アフター。

モッサモサの頭が、スッキリ。
眉と髭は、バリカンで短くカット。今までのセルフカットで、一番の出来。
まれ~に、美容室に行くこともあったけど、このセニングシザーがあれば、もういいでしょう。

4/10今日は、種もみの浸種を始めました。
まずは、種もみの選別から。
RIMG2971.jpg
一般的には、塩水選したりすることが多いと思うけど、僕はただの水選。
水に浮いてきたものだけ、省いていきます。
RIMG2972.jpg
混ぜ混ぜして浮いてきた物を省きまして、こんな感じに。

消毒もな~んもなし(笑)
特別な事は何にもしなくてもいいんだな。(あくまでも、僕のやり方です)
RIMG2974.jpg
水に漬けて、2週間ほど芽が出始めるまで浸けておきます。
後は、毎朝新鮮な水に変えて、容器を綺麗に洗い、種もみに酸素がいきわたるように、軽く動かしてあげます。

自給自足の要のお米づくり、今年も始まります^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

堆肥置き場完成&鶏の引越し。

この間から、とりかかっていた堆肥置き場が完成しました♪
RIMG1970.jpg
ビフォー。
RIMG2025.jpg
アフター。

奥の柱は、元々あった柵の柱を利用しての掘っ建て式で、手前は基礎石を置いて柱を立てるというヘンテコリン工法(笑)
買った材は、屋根の垂木とヌキ板、トタン1枚と基礎石2個くらいで、後は使いまわしの材や廃材を継ぎはぎ継ぎはぎして、仕上げました。
この堆肥置き場に置きたかったのは、これ。
RIMG2026.jpg
昨年の2月に仕込んだ踏み込み温床の敷材。
今年も同じ所で、踏み込み温床を作りたいので、この中身を取り出しておきます。
仕込んだ当初は、木枠の上まであった枯草などが、堆肥化が進んで、徐々に下がってきました。
RIMG2028.jpg
堆肥化が進むとこのように茶色っぽくなってきます。
RIMG2032_20170212172251566.jpg
こうやって、分解が進んだ堆肥は、良質な有機肥料となったり、
育苗の土に使ったりと野菜作りに重宝します♪
RIMG2034.jpg
真ん中に仕切りをつけて、左、温床堆肥。右、コンポストトイレの堆肥。(ストレートに言えば、人糞堆肥ですね)
コンポストトイレのすぐ隣に、堆肥置き場をこしらえたので、動線が繋がり、とっても楽ちんに^^
日々使い勝手がいいように、作り変えていけるのがセルフビルドの面白いところ。

近々踏み込み温床の仕込みをやる予定です。今年の野菜作りもボチボチ動き始めます^^
そして、今年のヒナの入荷の準備。
RIMG2039.jpg
この部屋が、ヒナの育雛舎となるので、この子達は、お引越しさせました。
RIMG2043.jpg
あらかじめ空にしておいた部屋に、移していきます。
この間こしらえた隔離コンテナが、活躍しました。鶏の移動が楽ちんに^^
RIMG2047.jpg
どちらの鶏舎も基本的に同じ作りになっているので、引っ越ししても、すぐに馴染んでくれました。
ビワの木を挟んだ鶏舎が、いい感じですね(自画自賛)。
鶏さん達も、きっと心地いいでしょう^^

にほんブログ村

レッツDIY。

DIYでこしらえた鶏舎は、完璧ではないので、時折改善しながらとなります。
今回の改良点は、ここ。
RIMG1910_201701311709302cd.jpg
産卵箱の中に入る踊り場の先端のわずかの隙間。
この隙間に、鶏の足先が引っかかって宙ぶらりんに。なんて事が、今朝ありました。
身動き取れずに、悲鳴を上げてました><そうなると、突かれる格好の的。
たまたま偶然やろうけど、一度あることは、2度あるかもしれへん。

という事で、早速改善。
RIMG1911.jpg
おなじ厚さのベニヤ板を当てがって、補修完成。
これで、引っかかって宙ぶらりんなんて事は、おこりません^^

ちなみに、このアタッチメントは、産卵箱を蓋できる仕様になっております。
RIMG1912.jpg
閉めるとこんな感じに。
RIMG1913.jpg
鶏さんが、日々安心して暮らせるよう色々と気を配ります^^
皆、元気に育っております♪

他にも、チョクチョク補修仕事が、ありました。
セルフビルドの家は、自分で直していきます。
これは、我が家のトイレの水洗レバー。冬の凍結で壊れたみたいで、水漏れしてきたので新しいのにとっかえました。
RIMG1888.jpg
ビフォー。
RIMG1907.jpg
アフター。
今度は、割れないように丈夫そうな金属製のものに。
RIMG1896.jpg
ちなみに、この水は、北側の雨水タンクから♪
満タンで200L。主にトイレ、鉢植えの水やりにと活用しています。
RIMG1908.jpg
樹脂ハンマーが壊れたので、直してみたり。
RIMG1922.jpg
そこら辺に転がっている手ごろな木を削って、
RIMG1926.jpg
はめ込んでみました。
壊れたら→買う。ではなく、
壊れたら、まず、直すにチャレンジ。
やってみれば、案外直せるもんです(笑)レッツ、DIY。
RIMG1886.jpg
看板彫刻もボチボチ進めています^^
RIMG1877.jpg
今年も見つけました!!
最後は、モズのはやにえ。

にほんブログ村

看板、棚、肉の自給とか。

畑仕事や野菜仕事も落ち着いてきた冬は、手作りの季節です。
1月のDIYの様子を紹介します。

作業の合間を見計らって、看板製作にとりかかっています。
RIMG1796.jpg
使う材料は、以前薪用に木材をもらってきた時に、これはいつか何かに使えるかも?と、燃やさずにとっておいた頂き物の板。
この板を使って、看板を作ってみようと思います。

実家の工場に持っていって、作業開始。
まずは、適当な長さに切って、
RIMG1799.jpg
サンダーでツルツルに磨いていきます♪
RIMG1818.jpg
最近、新しい子猫ちゃんが工場に居ついております。
少しづつ、なれてきたようで、猫じゃらしに無我夢中^^
どうやら実家で飼うことに、なりそうです(笑)
RIMG1830.jpg
筆ペンで、コピー用紙に下書きし、糊ではっつけておきます。
RIMG1872.jpg
よ~く乾いたら、ジッチャンの形見の電動彫刻刀でブイ~ンとホリホリ。
1文字に、だいたい30分くらい。
何気に看板製作も回数重ねています。これで、5つ目くらいかな^^
現在、製作中。

愛車のスーパーカブのオイル交換したりもしました。
RIMG1756.jpg
ついついオイル交換忘れてしまって、いつも不調になってから、オイル交換という流れのろん氏です。
RIMG1758.jpg
漏斗がなかったので、プラスチックのファイルで代用(笑)
オイル交換もやってみれば、何のことはなく簡単にできます。
ボルトを外して、オイル抜いて、ボルト止めて適量のオイルを入れるといった簡単な作業。

この間尻ツツキで隔離コンテナをいくつか新調したので、それ用の収納棚を作りました。
RIMG1759.jpg
ビフォー。
RIMG1856.jpg
アフター。

今は尻ツツキも落ち着き、ケガしてた子もほぼほぼ回復し、一安心といった感じです^^

尻ツツキの犯人は、心を鬼にして、肉にしてしまいました。
嘴は焼き切らないのに、首はちょん切るのかい、ってツッコミはなしで(笑)

75℃のお湯につけて、脱羽してから、捌いていきます。
RIMG1780_201701261820039c4.jpg
ビフォー。
RIMG1784_201701261820566df.jpg
アフター。

お米や野菜が自給できて、肉も自給できれば、リアルに自給自足できます♪
最近スーパーで、全然買い物してないな~(笑)
RIMG1820.jpg
お昼は、ウチで定番の炒飯。
この日は、畑で採れたての高菜を使った高菜チャーハン。
RIMG1791.jpg
自家製沢庵も中々いい感じ。
RIMG1829.jpg
冬場は、自家製酵母パンづくりも進みます♪ココアパン。

1月23日は、今年初の本格的な積雪でした。
RIMG1840.jpg
リアルに雪見障子に^^
RIMG1842.jpg
翌朝は、一面真っ白に。朝の鶏舎付近にてパチリ。
RIMG1848.jpg
ろん農園はというと、こんな感じに^^

これからの時期は、麹や味噌などの発酵食を手作りする予定です。
まだまだ、やることはいっぱい。

こんな生活がいいな~と妄想しながらも、悩みに悩んだ20代後半。
30を目前に、実際に動き始め、現場で感じ、心を決めて、自分で自給自足的な手作りライフを始めて早4年目。
やってきてみた感想としては、やっぱりこれでよかったんだな~と。
実際にやってみれば、結構できちゃうんだな~と。
4年前に妄想してた以上に今、なってきちゃってる。

こうしなきゃいけない。ああしなきゃいけない。そんなものは、ほとんどが幻想で(笑)
これからも、一般常識に惑わされず、自分の価値観、直感を信じて、とことん邁進していこう。

にほんブログ村

鉄板溝板作成&お米の籾摺り、精米。

農園の入り口際の排水溝に蓋を作成しました。
今まで、軽でギリギリ入れるくらいだったのが、これが完成すれば、乗用車でも駐車可能になるのではと思い立ちました。

なるべく買わずに、あるもので何とか仕上げるのが僕のモットー^^
実家の工場の前に転がっている鉄板を利用することに。
RIMG1689.jpg
最初は、長いまま使おうかと考えたのだけど、メチャンコ重たくて断念。
この分厚い鉄板、小さなグラインダーで切れるんか!?ん~わからん、いっちょやってみっか。
RIMG1688.jpg
時間はかかるけど、少しずつ切れていく♪なんでもやってみな、わからんもんやな~。
なんせ素人なんで、いつもぶっつけ本番(笑)

無事切断できて、次は穴空け。
果たして分厚い鉄板にドリルで穴が空くのか!?
RIMG1690.jpg
空きました。
6ミリ、10ミリと2回に分けて穴を空けてみました。
RIMG1693.jpg
裏に角材を当てがって、ボルトで止めて、ズレ防止&補強してみました。
これを排水溝にセット。
RIMG1698.jpg
手前が少し高いようで、微妙、、、
道路側は、わずかに坂になってたりしてて微調整が必要。
手前側を削ることに。
RIMG1699.jpg
ディスクグラインダーの刃をダイアモンドカッターに変えれば、コンクリも切断できます^^
小さな機械でも、鉄板もコンクリも切断できる便利な機械♪
RIMG1707.jpg
完璧を求めればもう少し削りたい所だけど、ほどほどで良しとします。完成♪
これで、車の出入りも楽ちんに^^

昨日は、お米の籾摺りや精米をしてきました。
お米は籾保存。つまりは、もみ殻がついた状態で保存しています。
RIMG1700.jpg
小型の籾摺り機ミニダップで、もみ殻を飛ばしていきます。
食べる直前に籾摺りして食べるのが、お米の保存状態や鮮度は一番いいように思います。
RIMG1703.jpg
一瞬でもみ殻を飛ばして、玄米に仕上げてくれる便利な機械です。
2回通せば、ほぼほぼ殻は綺麗にとれます^^こんな感じに。
この次に、石抜き機を通して、石を除いてから、循環式精米機に。
RIMG1705.jpg
ウチでは、玄米7割に、白米3割くらいと同じお米でも2種類食べ分けています。
玄米で食べる場合も、圧をかけずに少し通してゴミや砕米などを飛ばしてやります。
RIMG1706.jpg
また、白米にするといっても、6分づきくらい。精米はほどほどがいいように思います。
ウチでは、お米を籾摺り精米するのも大事な生きるための仕事。オール自家用のお米です^^
RIMG1677.jpg
究極を言えば、お米があって、水があって、薪があれば、生きていけるんだな(笑)
RIMG1681.jpg
冬の自給仕事といえば、豆の選別があります。黒豆、チビ黒豆と選別終了♪
割れたのや欠けたのやカビたのなどを地味に手で省いていく、マメな仕事です(笑)
ただいま大豆の選別に、奮闘中。
RIMG1686.jpg
小麦も順調に成長中。2回目の麦踏したり。
RIMG1683.jpg
干し柿がちょうど食べ頃。
今年は、一個もカビさせることなく大成功♪
干し柿美味し。

にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
余計な事は、考えない。シンプルに楽しく生きていこ~。
そして、なるべく自然のリズムで、心地よくいきていこ~。
シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。

目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜の無農薬栽培、無農薬のお米作り、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理など、自給自足的な暮らし目指して奮闘中。

これからやってみたいことは、マウンテンバイク、釣り、リバーカヤック、天ぷらカーなど。

心のアンテナに引っかかってきた楽しいことに、どんどんチャレンジしていこう。やらずに頭で考えることは止めて、直感を信じて、とにかく思い切ってやってみよう。


主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

思い出に残る職歴
ガソスタ(名古屋)
サークルK(友人が店長)
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法の米作り 3年
自然養鶏 4年
自給自足的な暮らし 3年目

さなざまな職を転々としながら、時にふらーっと旅に出たり、自由気ままにあっちへふらりこっちへふらり、風来ふらふら風来坊。
今は地元の三重に戻り、シンプルでナチュラルな暮らし目指して奮闘中。

さすらいのお勉強野郎は今日もゆく。

アクセスカウンター

最新記事

ブログ村ランキング。

カテゴリ

未分類 (16)
自給自足 (71)
メシ (23)
ナチュラルライフ。 (52)
有機農。 (131)
DIY。 (70)
遊び心。 (29)
小さな幸せ。 (26)
小さな不幸せ。 (5)
生き物。 (28)
里山。 (9)
花。 (6)
緑。 (2)
旅。 (5)
ろん論。 (7)
音楽。 (2)
アウトドア (7)
DIY作品。 (9)
セルフビルド (35)
ジャンプアート。 (9)
井戸掘り。 (19)
自然養鶏。 (34)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR