FC2ブログ

刻みデイズ。

今週から、鶏小屋の準備に取り掛かってます。
まずは、設計から。
縦横の長さ、柱の高さ、屋根の形、こう配など、ニワトリさんならこれで満足できるやろうと、
いろいろイメージしながら、設計し決めていく。

そんなこんなを考えた末にこんな感じになった。
よくわからんと思うけど、自分が理解できればそれでいい。
14,2,27,5
工場にある使えそうな材を選びホゾ穴をあけていく。
長い間放置された廃材なので、反ってたり、角材の幅もマチマチ。
けど、所詮鶏舎なので、ちょっとぐらい気にせず使っていく。
14,2,27,1
これは、桁や母屋を継ぐ所。
14,2,27,2
こんな感じで半分ずつ木を合し、
ドリルで穴をあけ、ボルトで締めて継手とするなんちゃって工法。
果たしてうまくいくのか?ドキドキでもある。

家づくりでは、屋根の垂木彫りしたけど、簡単な鶏舎では垂木彫り無しでいこうと思う。
少し心配だったので、試しに角度を合わせて釘を打ってみた。
14,2,27,3
うん、大丈夫やろ。
できる限り省力化。
14,2,27,4
柱のホゾも一通り終わった。
うっしゃ!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ピヨピヨ。

実家で飼ってるウコケちゃん、親鳥が卵を温めて自然孵化しました。
今のとこ、3羽孵ってる。
まだ卵抱いてるから、まだ生まれるのかな?
14,2,24,1
ピヨピヨ、ピヨピヨ。

ん~、超かわいいっす。
14,2,24,2
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

なんくるないさ~。

太陽の昇る位置、1月の初めには写真右の朝熊山の天辺あたしやった。
それが今は、早くも山のすそ辺りに移動してきてる。
太陽が昇る位置が移動するってのは、昔理科の授業で習って知ってたけど、たったの2か月でこんなに移動するんやね。
そりゃ~日も長くなるわ~。

今朝は朝からヒバリも天高く飛んで、鳴き始めてたし、春もそこまで近づいてきてる。
14,2,22,1
春といえば、4月には120羽の鶏ちゃんの雛が届く。

まだ鶏舎も全然建てかけてもないけど、どうなることやら。
家づくりに時間をかけ過ぎた(笑)
まあ、なんとかなるやろ~。
なんくるないさ~。

家づくりも一見落着ということで、次の巻は鶏小屋の建設なり。
やるぞ~。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

コンポストトイレ。

昨日に引き続き、コンポストトイレの建築。
工場にこの白いドアの廃材のストックがたくさんあったから、それを柱にはめ込んで組み立ててみた。
名付けてドア工法。
全部の面が白いドアのような壁となっております。
手前側は蝶板をつけてちゃんとドア仕様に。
14,2,20,1
屋根には明りとりに透明のポリカ波板をはって、建物は完成。
トイレくらい一日で作ってやると意気込んでいたが、丸2日かかった。

たまたま廃便器があったんやけど、今のとこ便器の必要性をあまり感じないので、取り付けないでいってみようと思う。
14,2,20,2
中には、枯れ草をしいてみた。
これはスモールハウスを建てるときに刈った大量の草で、敷地にたくさんストックがあるのでこれを利用しようと思う。
コンポストトイレで重要なのは、水分の加減だと思う。
水分が多過ぎると嫌気発酵となって匂いの元となる。
一番下に、枯れ草を十分敷いたから、まず水分過剰とはならないとはず。
とりあえずは、こんな感じ。

ゆくゆくは、米ぬかを入れたり、もみガラなんかを入れたりして、堆肥化を促進させるようにしていく予定。
まあ、ボチボチやりながらいい方法を模索していこうと思う。
14,2,29,3
今日は灯油ランプが届いた。
七分芯(21ミリ)のもので、灯油ランプの中では明るいほうのランプになる。
ネットでみてたら、カッコ良くて衝動買いしてしまった。

トイレもできたし、ランプもきたし。
さっそく、引っ越ししてみるかな~(笑)

しばらく、実験的に電気のない生活って、どんなものなのか試してみたいと思う。
ゆくゆくは、電気は引きたいと思ってるんだけどね。
14,2,20,4
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

春のきざし。

今日からコンポストトイレを建てかけてます。
つまり、出ててきた便を堆肥化させるシステムのトイレ。
トイレについてはいろいろと思う事がある。
この事を語りだすと長くなるけど、できるだけ簡略にろん論を述べたいと思う。

まず、自然界の中で、便を土に戻さないのは人間だけである。
日本では飲めるほどのきれいな水で、便を下水に流して下水処理。

畑でとれた作物や動物の肉などの有機物は、人に食べられ便となって、下水に流されていく。
このシステムでは、地上の土はどんどん痩せていく。
どんな動物でも、土の上に糞をして、有機物を土に還す手助けを自然としている。
この循環があれば、自然と土の栄養分は保たれていくはず。

コンポストトイレなら、堆肥化を促進して、より土に還しやすい形にできる。

ってことで、うんこは、土に還します(笑)


庭には小梅の花が咲いてきてる。
まだ3分咲きくらいやろうか。
14,2,19,1
フキノトウも出てきてる。
天ぷらにすると美味いんだよね。
春の味。
あの独特の苦味がたまらない。
明日はフキノトウの天ぷらにしよ~。
14,2,19,2
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

ライフライン。

蛇口から水がでた~(感動)。
上水道?
14,2,17,1
いやいや実は、こうなってる。

蛇口にホースをつないで、上のロフトへのばしていく。
14,2,17,2
んで、水を汲んだポリタンクにホースを差し込んでいるだけ。

重力?大気圧?理屈はよく分からないが、
最初に呼び水を入れてやると、後は蛇口を捻れば、水が吸い上げられていく。
14,2,17,3
ゆくゆくは、簡易な打ち抜き井戸を掘る予定やけど、
とりあえずは、実家から水道水をタンクに汲んで、このシステムでやりくりできそう(笑)
あれもなくてもいいんじゃないか、これもなくてもいいんじゃないか?
そういう思想が僕の頭の中にはめぐらされている。
上水道なくてもいけるんじゃないかな。

煮炊きをできるストーブとポリタンクの水道がセットされたから、
とりあえず最低限のライフライン確保。
14,2,17,4
これはポリカ屋根の妻側の頂点の所。
近所のオジちゃんから、「あそこの隙間から雨しけてくるぞ。」とアドバイスを頂いた。
おお!?ホンマや!!

んで、早速隙間を埋めるトタンを作成。
14,2,17,5
適当な大きさにトタンを切り、固定してコンコンコンっと叩いてピッ。

こんな感じに。
14,2,17,6
実際にやってみて不具合が生じたら、その都度直していけばいい。
これをやる前から、ああしたらどうしよう?と心配して考えてるといつまでたってもできない。
やりながら考えていけば、確実に前に進んでいける。

妻の部分のアドバイスをくれた近所のオジちゃん、ちょこちょこスモールハウスを見にきてくれる。
今日は逆にオジちゃんの家にお邪魔しちゃった。
んなら、シカの肉を頂いてしまった。らっきー。
14,2,17,7
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

ぽっかぽか。

今朝の大仏山からの朝日。
ちょくちょく早朝に山までランニングして、
展望の公園で日の出を待ちながらストレッチしたりしてる。

毎日模様を変えていく、朝の光。
14,2,12,1


今日は自分でつくったお弁当。
ぽっかぽかの縁側で、ぽっかぽかの味噌汁に、ほっかほかのご飯。
文明の利器に感謝。
14,2,12,2
昨日つけた障子の外側に、ガラスのサッシを入れた。
工場にサッシの上下の枠はあったんやけど、横の枠が見つけられなかった。
んで、両サイドは適当に木を打ちつけてみた。
要は戸が、落ちなければいいよね。
14,2,12,4
帰りがけに近所のオバちゃんから、あんたよ~働くねと、栄養ドリンクの差し入れ(笑)。

建具もこれで、全部おさまり、
残すは、ロフトの東側壁とこのガラスサッシの上の壁のみ。
よし、やっと終わりが見えてきたぞ~。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター