FC2ブログ

土間で調理と土用干し。

今更だけど、家の中で調理に使ってる時計ストーブが熱いってことに気づく。

こないだ土間をつくったので、裏の土間に移動することにしよう。
土間は半分外みたいなものだから、試しに短い煙突付けてモクモクと炊いてみた。
14,7,29,1
ん~ん、悪くはないんだけど、風向きによっては家に煙が入ってくるし、
なんせ土間の小屋の内から外に煙が湧き出てるので、火事で通報されても困るので却下。

結局、横出しして外に煙突を持ってって、こんな感じに落ち着いた。
14,7,29,2
家の中とやってることは同じなのに、土間にでるだけで、イメージが一気に原始的になる(笑)。


昨日から、梅干しの土用干しをしてる。
これは、塩分15%の梅干し。
14,7,29,5
次は白梅干し。
これには、シソを入れて色づけしてないので、梅そのまんまの色、味となる。
これも、塩分15%。
14,7,29,6
次は、20%の梅干し。
14,7,29,7
この三種類を干してる。
他にも、干さないバージョンを少量残してある。

今日で土用干し2日目。
試しに、味見してみたけど、もうすでに梅干しになってきてて、これがなかなか結構うまい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



雑穀畑の中耕、土寄せ。

昨日は雑穀畑の中耕、土寄せ。
各種だいぶ大きくなってきたので、管理機で土寄せまでやってしまう。
草に負けてる感はないけど、株元には草も結構茂ってきてる。
14,7,17,1
アワはけっこう順調の育ってるので、丁寧に株元を除草してからの土寄せ。
地面を這いつくばって除草作業。
この日、最高気温34度。全身汗だく。

んで、管理機で中耕と土寄せ。
ちょうど、畝間を走れるように播種してあるから、管理機を走らせると、ちょうど株元に土が寄せられてくる。
いい感じだ。
アワはバッチリ。
14,7,17,2
次は、ヒエ。
生育がマチマチ。
ヒエは株元の除草なしに土寄せだけですました。
14,7,17,3
次はアマランサス。
これも、まあまあ順調に育ってると思う。
除草して、土寄せ。
14,7,17,4
次は高キビ。
除草作業もだるくなってきた。まっいっか。
土寄せのみ。
また、気になる所だけ、手で除草しよ。
14,7,17,5
最後は、キビ。
キビは少し生育が微妙。。。

畑の真ん中には大きなカキの木が植わってる。
14,7,17,6
雑穀栽培の現状はこんな感じです。
今年が雑穀栽培初めてだし、近くに作ってる人など皆無だし、本見ながらの手探りの雑穀栽培ですが、
ここまで育ってきてるんだし、まあなんとかなってくれるかな。

そもそも雑穀とは、古代から栽培されてて、ず~とながい間、主食の一つとされてたたものらしい。
古代の人も栽培できたんやから、小さいながら管理機という文明の利器を持っている僕に、栽培できないはずはない。
管理機のおかげで、古代の人と比べたらずいぶん楽に管理できるんだろう。(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

朝の仕事。

この子、餌には目もくれず、いつもひょいっと小屋から外に抜け出すアウトロー。
へいへいぼんぼんと与えられたエサだけじゃおもしろくないよ~って、
いつも外にこっそり抜け出して、群れから離れて一人草や畑の虫を食べてる。
この子もどうやら、自給自足系らしい(笑)。

なんかこの子はだんだん情が湧いてきて、よしよし今日も外で遊んでおいでって感じ。

朝は自家配の餌をやった後、緑餌を集めてるから、その間はこの子は放し飼いにしてる。
14,7,15,1
草を刈って集めていると、大抵近くに寄ってくる。
何をしてるかというと草の茂みに隠れていた虫たちが出てくるのでそれを食べに近くに寄ってくる。

毎日草を刈っているとよくわかるけど、草が生えてると、そこにはたくさんの虫たちが潜んでる。
14,7,15,2
どこかの野良猫なんかにやられないだろうかという心配もあるけど、この子もリスクを承知で飛び出してきたのだろう。

朝の仕事は、ニワトリの世話と自給用の畑仕事。
最近ズッキーにが全然採れない。
株は元気に大きく育っているのだが、肝心の実が途中でカビて腐ってしまう。
14,7,15,4
梅雨だからカビやすいのかなと思ってたけど、いろいろ調べてみると受粉が十分にされてないと腐ってくるのだとか。
ってことで、人口受粉してみることにした。

写真はズッキーニの雄花。
14,7,15,5
雌花を見つけたら、花粉をつけてやります。
ど~かズッキーニ様なりますように。チョンチョン。
14,7,15,6
最後はゴーヤの初収穫。
暑い夏はゴーヤを食べてのりきるぞ~。
14,7.15,7
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

豆畑の中耕。

大豆や黒豆がだいぶ大きくなってきたので、中耕&土寄せ。
ついでに、小豆やデントコーンも中耕して草の芽を埋め込んでおく。
僕が考える耕すことの一番のメリットは草の生えるタイミングを遅らすことにあると思う。
ここで役立つのが、畝間を走れる管理機。
除草剤を使わない農法には、有効な手立てだと思う。

ちなみに、一般に作られている慣行農法での大豆栽培では、除草剤を播きながら播種されている。
前に、大規模農場で働いてたから、よく知ってる。
大規模に作るには、少しでも草をおさえておかないと管理が行き届かなくなるからだろう。

もともと故福岡正信氏の自然農法に衝撃を受けて、農に興味を持ち始めた僕としては、
草を薬で一面に枯らして、そこで作物を育てるという気にはとてもなれない。
いろんな草も生きれる土で作物は育てていきたいと思う。

自分で作るなら自分の思うように、心地よく作っていきたい。

ってことで、暑い中、大地と格闘です。
14,7,12,1
これは大豆。中耕と土寄せをした。
今の所、順調なり。
14,7,12,2
小豆も無事発芽した。
こんな感じ。
14,7,12,3
次はデントコーン。
14,7,12,4
最後は、丹波の黒豆。
これも中耕と土寄せをして草対策。

一粒播きにしたので、所々欠株が出てきてる。
やはり、セオリー通り2粒播きのがベターなのかな。
14,7,12,5
畑にしろ、家づくりにしろ、
何もなかった所に、自分の手で色々と作りあげていって変化していく様は、中々おもしろいじょ(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

なんちゃって漬け物屋。

最近漬け物にパッションを感じているろんです。
少し前になりますが、梅干しの本漬けの様子をレポしたいと思います。

まず、赤シソを水でよく洗い、葉っぱを茎から一枚一枚はずしていく。
そして、水よく切ったら、少量の塩をふりかけて、よく揉んでいく。
すうすると、赤シソの水分やアクがでてくる。
14,7,1,1
これを2回繰り返していくとこんな感じに。
14,7,1,2
梅を漬けて2~3日もすると、梅酢がこんな感じに上がってくる。
ここに塩もみした赤シソを投入していく。
14,7,1,3
こんな感じに。
最後に、消毒代わりにホワイトリカーを満遍なくふりかけて、重石を乗せたら本漬けの完了。
後は土用干しを待つのみです。
14,7,1,4
次の写真の瓶は重石を乗せていなかったんだけど、梅酢が中々上がってこなかった。
結局、重石を入れて梅酢を上げてからの本漬け。
やっぱりセオリー通り重石を乗せた方がいいみたい。
14,7,1,5
続きまして、キュウリの古漬けに挑戦。
というのも、キュウリが大量に余ってきたので、漬け物にすることにした。

まず、水できれいに洗います。
14,7,1,6
んで、樽に入れて、塩をすこしづつまぶしていきます。
塩は全体の10%。
最後に10%の塩水を入れて、水を上がりやすくさせる。
なんて、しったかしてるけど、ついこないだネットで仕入れた情報です(笑)
14,7,1,7
最後に重石を乗せたら、ひとまず完了。
長期保存させたいので、10日後くらいに、さらに10%の塩を足していく予定。
14,7,1,8
一晩漬けると、もう水が上がってっきてます。
14,7,1,9
このキュウリの漬物、新たなキュウリを追加していくこともできる優れもの。
ん~、なかなか漬け物っておもしろい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター