2014-07

土間で調理と土用干し。

今更だけど、家の中で調理に使ってる時計ストーブが熱いってことに気づく。

こないだ土間をつくったので、裏の土間に移動することにしよう。
土間は半分外みたいなものだから、試しに短い煙突付けてモクモクと炊いてみた。
14,7,29,1
ん~ん、悪くはないんだけど、風向きによっては家に煙が入ってくるし、
なんせ土間の小屋の内から外に煙が湧き出てるので、火事で通報されても困るので却下。

結局、横出しして外に煙突を持ってって、こんな感じに落ち着いた。
14,7,29,2
家の中とやってることは同じなのに、土間にでるだけで、イメージが一気に原始的になる(笑)。


昨日から、梅干しの土用干しをしてる。
これは、塩分15%の梅干し。
14,7,29,5
次は白梅干し。
これには、シソを入れて色づけしてないので、梅そのまんまの色、味となる。
これも、塩分15%。
14,7,29,6
次は、20%の梅干し。
14,7,29,7
この三種類を干してる。
他にも、干さないバージョンを少量残してある。

今日で土用干し2日目。
試しに、味見してみたけど、もうすでに梅干しになってきてて、これがなかなか結構うまい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

ゴーヤ茶。

ゴーヤがたくさん採れ出したので、
14,7,27,1
ゴーヤ茶を作ってみようと思う。

薄く切って、まずは干していきます。
上2段は、セオリーどうり中のワタをとり除いて、種と実を干した。
このワタと種を分けるのが中々の手間。
一番下のは、試しに、ワタごと干してみた。
14,7,27,2
2日も干すとこんな感じに、カラカラに。
14,7,27,3
これをフライパンを使って、弱火で炒っていきま~す。
14,7,27,3
20分ちょっとも炒るとこんな感じに。
14,7,27,5
ちなみにワタがある方は倍くらい時間がかかった。

さっそくできたてを試しにいれてみた。
14,7,27,6
うん、まあまあいける。
ゴーヤ茶って思ったより苦くなく、意外と飲みやすい。

一応念のため、乾燥材を入れて、瓶に詰めて保存しようと思う。
14,7,27,7
左ワタなし、右ワタあり。

ビワ茶に引き続き、お茶の自給なり。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

耳をすませば。

最初の汲み上げは、こんな感じ。
14,7,23,7
ガチャポンを何回も繰り返していくと、たまってる水が少なくなり、空回りしだす。
しかしここで井戸に近付き、耳をすますと、
チョロチョロチョロチョロチョローっと、水が湧き出る音が聞こえてくるではないか。
これはもしかすると、水脈に当たっているのかもしれない。

スモハ側に掘った井戸とは違いこちらは、すぐに水がたまってくる。

これはと思い、何回も汲み上げまくってみた。
14,7,24,1
徐々にだけど、透明がかってきた。
バケツに、何十杯と汲み上げても全然枯れる事もない。
これは、どうやら水脈に当たってるのかもしれない。
14,7,24,2
まだまだ無色透明とまではいかないけど、もしかすると汲んでるうちに綺麗になってくるかもしれない。
飲料とまではいかなくても、無色透明でそこそこ水量のある水が確保できれば、最高なんだけどな~。

どうか、綺麗な水がでますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

キュウリの古漬け、その後。

今日は夏の野菜がたくさん採れました。
手前左から順に、エンサイ、オクラ、ズッキーニ、モロヘイヤ、
ナス、ゴーヤ、キュウリ達。
14,7,23,1
キュウリが毎日のように、たくさん採れるのでコツコツと漬け物にしてる。
今日採れたキュウリも追い漬けしてやる。
14,7,23,2
今日ので、キュウリの漬け物も、累計40キロを突破。
なんちゃって漬け物屋さん継続中なり。

次に、別の樽に漬けてあるキュウリが漬けてから、8日ほどたっているので、漬け替えした。
漬けてから、1週間を過ぎるとこんな感じになる。
14,7,23,3
表面の水の上にカビが発生してきてるけど、たぶんこういうもんだと思う。
このきゅうりを水で洗って、綺麗な別の樽に漬け替えしていきます。
塩は最初に漬けた10%の塩と同じく、同量の塩をまぶし漬けていく。
この漬け替えにより、20%の塩分となり、長期保存できるキュウリの漬け物となる。
14,7,23,4
一番最初に漬けたヤツはもうで出来上がってて、いつでも食べられる。
塩分20%で塩辛いので、お湯に浸して塩抜きをしてから食べる。
生姜を添えてこんな感じに。
14,7,23,5
んん、うまっ。

井戸の方は昨日ガチャポンプをすえた。
こんな感じ。
14,7,23,6
何回か汲みあげてみてるけど、今の所泥水~。
14,7,23,7
こういうのって、汲んでるうちに綺麗になるんだよね。。。

水量、水質共に、そのうち上がってくることを祈る。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

なんちゃって井戸師。

昨日から井戸掘り再挑戦しています。
今回はスモハ側でなく、鶏舎地に井戸を掘ってみてる。

有力な情報があって、すぐとなりの敷地で親戚のオジちゃんが昔、井戸を掘り当ててる。
どうも何本か掘って水脈に当たったらしい。
というのもあって、こちらに井戸を掘ってみようと思う。

さあ、三度目の正直なるか?
14,7,21,1
井戸神様、どうか無事井戸がでますように。

まずは、スコップで掘れるだけ掘ります。
80センチくらいまでは、スコップですぐ掘れる。
14,7,21,2
次に水を入れて、いつもの塩ビパイプで自作した井戸掘り器で掘り進めていく。
14,7,21,3
今回、地層が柔らかかったのか、サクサクっと掘り進んでいく。
ポリタンクの水は最初の一回15リッター入れただけで、すぐに水が湧いてきた。
14,7,21,4
がしかし、3メーター少し掘ったところで、岩盤に当たり掘り進めなくなる。
終了~。3度目の正直ならず。。。

しかし、まだ時間はだ午前中。
昼から、もう一本掘ってみるか?

三度目の正直改め、こうなったら七転び八起き。
ほんの数時間で、これだけ掘れるんやから、もう一本掘っちゃおう。
14,7,21,5
この日の夕刻には別の所に4m30㎝ほどの穴を掘り終えた。
というのも、ここで硬い層に当たり掘り進めなくなった。
14,7,21,6
今回の手ごたえは中々いい感じである。
前に掘った井戸とは違い砂の層が下の方からでてきた。
砂の層には水の層がある可能性が高い。
実際にポンプでくみ上げてみないとわからないけど、いい傾向。
14,7,21,7
格闘技で鍛えた背中は井戸掘りでも活用できる。
井戸掘りをするといつも泥だらけ(笑)

あくる日来てみたら、井戸の中にカエルが。
14,7,21,8
井の中の蛙。

蛙をすくって、外の世界に出してやり、今日は、井戸穴を広げる作業。
穴が広がったら、次は井戸枠の作成。
14,7,21,9
前回失敗した時の井戸枠があったので、再利用。
下から1mの所に穴が空けてある。
この穴が、井戸の水量にも直結してくる思うので、さらにたくさん穴を空けてやった。
14,7,21,10
パイプの長さは5m。
14,7,21,11
井戸掘りもこれで、三回目。穴だけでいえば、4本目。
今までの反省を活かし、井戸枠の給水穴を底の方だけにして、水質のいい水を期待。
給水の穴の数を増やして、水量もそれなりに出てくれることを期待してる。

どうか、無事水が出ますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

浅井戸ポンプと床下貯蔵。

今度はなんちゃって水道屋さん。

自掘りの井戸が、蛇口をひねれば、出てきたら面白いかも。

ってこで、浅井戸ポンプを設置してみました。
適当な位置に溝を掘って塩ビパイプを設置して、専用のボンドで固定していく。
ポンプの説明書にアースも必ずつけておくこととなっていたので、ビビりの僕は一応、
ホームセンターで仕入れたアース線を繋いで、アース棒を地面に打ち込んでおく。

さあ、セット完了。どうなることやら。
14,7,18,1
無事、ポンプアップに成功。うっしゃ。
14,7,18,2
ぶちゃけ水質はあまりよくないので、飲料水には使えないと思う。
けど、手洗いや外の汚れを落としたり、畑に散水したり、食器の下洗いなど、それなりに用途はある。
要は、飲料水に使わなければいいのだ(笑)。
なんにせ、自分で掘った井戸水が蛇口から出るというプロセスが面白い。

続きまして、何を思い立ったか、家の床をノコギリで切りだすろん氏。
実は、床下の空間を活かそうとこないだから考案してた、床下貯蔵をやってみようと思う。
床下は冷暗所として、いろいろと活用できると思う。
14,7,18,3
このノコギリ、刃が丸くなってるので、床の真ん中からでも切り始めることができる。
14,7,18,4
こんな感じになった。
14,7,18,5
そういえば昔、黒沢監督の時代劇で床下がパカン空いて、床下に隠れるみたいなの見たことあるな。
あんな感じや(笑)

はずしてみた思いつきで、こんなのも作ってみた。
掘りコタツならぬ、掘り机。
はずした床を上に乗せればいい仕様になっている。
14,7,18,6
床下貯蔵を作ったついでに今日は、少し車を走らせて、名水を汲みに行ってきた。
ここらは、山に囲まれているので、30~40分も走れば湧き水、名水を汲める所が何箇所か点在している。
今日は美杉の方に走り、鶯の水を汲んでみた。
14,7,18,7
山で汲んできた名水は、夏場でも1~2週間くらい常温で保存しても飲用できる。
床下の冷暗所なら、ばっちり。
14,7,18,8
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

雑穀畑の中耕、土寄せ。

昨日は雑穀畑の中耕、土寄せ。
各種だいぶ大きくなってきたので、管理機で土寄せまでやってしまう。
草に負けてる感はないけど、株元には草も結構茂ってきてる。
14,7,17,1
アワはけっこう順調の育ってるので、丁寧に株元を除草してからの土寄せ。
地面を這いつくばって除草作業。
この日、最高気温34度。全身汗だく。

んで、管理機で中耕と土寄せ。
ちょうど、畝間を走れるように播種してあるから、管理機を走らせると、ちょうど株元に土が寄せられてくる。
いい感じだ。
アワはバッチリ。
14,7,17,2
次は、ヒエ。
生育がマチマチ。
ヒエは株元の除草なしに土寄せだけですました。
14,7,17,3
次はアマランサス。
これも、まあまあ順調に育ってると思う。
除草して、土寄せ。
14,7,17,4
次は高キビ。
除草作業もだるくなってきた。まっいっか。
土寄せのみ。
また、気になる所だけ、手で除草しよ。
14,7,17,5
最後は、キビ。
キビは少し生育が微妙。。。

畑の真ん中には大きなカキの木が植わってる。
14,7,17,6
雑穀栽培の現状はこんな感じです。
今年が雑穀栽培初めてだし、近くに作ってる人など皆無だし、本見ながらの手探りの雑穀栽培ですが、
ここまで育ってきてるんだし、まあなんとかなってくれるかな。

そもそも雑穀とは、古代から栽培されてて、ず~とながい間、主食の一つとされてたたものらしい。
古代の人も栽培できたんやから、小さいながら管理機という文明の利器を持っている僕に、栽培できないはずはない。
管理機のおかげで、古代の人と比べたらずいぶん楽に管理できるんだろう。(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

朝の仕事。

この子、餌には目もくれず、いつもひょいっと小屋から外に抜け出すアウトロー。
へいへいぼんぼんと与えられたエサだけじゃおもしろくないよ~って、
いつも外にこっそり抜け出して、群れから離れて一人草や畑の虫を食べてる。
この子もどうやら、自給自足系らしい(笑)。

なんかこの子はだんだん情が湧いてきて、よしよし今日も外で遊んでおいでって感じ。

朝は自家配の餌をやった後、緑餌を集めてるから、その間はこの子は放し飼いにしてる。
14,7,15,1
草を刈って集めていると、大抵近くに寄ってくる。
何をしてるかというと草の茂みに隠れていた虫たちが出てくるのでそれを食べに近くに寄ってくる。

毎日草を刈っているとよくわかるけど、草が生えてると、そこにはたくさんの虫たちが潜んでる。
14,7,15,2
どこかの野良猫なんかにやられないだろうかという心配もあるけど、この子もリスクを承知で飛び出してきたのだろう。

ほ~らいわないこっちゃ、猫がきた。
14,7,15,3


って、ウチのあずやがな。。。

朝の仕事は、ニワトリの世話と自給用の畑仕事。
最近ズッキーにが全然採れない。
株は元気に大きく育っているのだが、肝心の実が途中でカビて腐ってしまう。
14,7,15,4
梅雨だからカビやすいのかなと思ってたけど、いろいろ調べてみると受粉が十分にされてないと腐ってくるのだとか。
ってことで、人口受粉してみることにした。

写真はズッキーニの雄花。
14,7,15,5
雌花を見つけたら、花粉をつけてやります。
ど~かズッキーニ様なりますように。チョンチョン。
14,7,15,6
最後はゴーヤの初収穫。
暑い夏はゴーヤを食べてのりきるぞ~。
14,7.15,7
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

土間の建築。

スモールハウスの裏に土間をつくりました。

何気に今年入って小屋作りもこれで、五棟目。
なんちゃって大工さん始動です。
14,7,14,2
いつものパターンでなんちゃって大工さんの僕は、簡単に平ホゾだけですまします。
ホゾの刻みのコツもだいたいわかってきた。

ホゾの長い側を1ミリほどホゾ穴より長く刻んでおく。
そうすると、建前の時、カッチリとはまる。
いままではちょうどにすると、スカスカになることもあったから(笑)
14,7,14,3
計算通りぴったりはまった。
うっしゃ!!
14,7,14,4
カチャカチャで垂直を合わせて、筋交い入れて固めていく。
14,7,14,5
ひとまず完成です。
とりあえず、屋根のスペースが欲しかったので、これで良しとする。
壁はおいおい、必要に応じて作成する予定。

左側の木は、名前もわからない自然ばえした雑木。
防風林、目隠しになるし、生かしてます。
14,7,14,6
あずの遊び場にもなる。

七月のろんのワールドはこんな感じ。
14,7,14,7
もうすぐゴーヤのトンネルが完成するぞ~。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

豆畑の中耕。

大豆や黒豆がだいぶ大きくなってきたので、中耕&土寄せ。
ついでに、小豆やデントコーンも中耕して草の芽を埋め込んでおく。
僕が考える耕すことの一番のメリットは草の生えるタイミングを遅らすことにあると思う。
ここで役立つのが、畝間を走れる管理機。
除草剤を使わない農法には、有効な手立てだと思う。

ちなみに、一般に作られている慣行農法での大豆栽培では、除草剤を播きながら播種されている。
前に、大規模農場で働いてたから、よく知ってる。
大規模に作るには、少しでも草をおさえておかないと管理が行き届かなくなるからだろう。

もともと故福岡正信氏の自然農法に衝撃を受けて、農に興味を持ち始めた僕としては、
草を薬で一面に枯らして、そこで作物を育てるという気にはとてもなれない。
いろんな草も生きれる土で作物は育てていきたいと思う。

自分で作るなら自分の思うように、心地よく作っていきたい。

ってことで、暑い中、大地と格闘です。
14,7,12,1
これは大豆。中耕と土寄せをした。
今の所、順調なり。
14,7,12,2
小豆も無事発芽した。
こんな感じ。
14,7,12,3
次はデントコーン。
14,7,12,4
最後は、丹波の黒豆。
これも中耕と土寄せをして草対策。

一粒播きにしたので、所々欠株が出てきてる。
やはり、セオリー通り2粒播きのがベターなのかな。
14,7,12,5
畑にしろ、家づくりにしろ、
何もなかった所に、自分の手で色々と作りあげていって変化していく様は、中々おもしろいじょ(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

木の家とにゃんこ。

シンプルな木の材をを使って建てられたスモールハウス。
木の模様とあずきの模様がマッチングー。
14,7,7,1
一階は、あずの運動場と化すので、机も排除して、今はシンプルに角材を机代わりにしてる。
ある日の昼食。
最近は、庭で食材が採れるというのがなんだかおもしろい。
今はキュウリ、ズッキーニ、ナス、ネギ、ニラなどがよく採れる。
14,7,7,2
これは、いつぞやに作った椅子。
鶏舎地で切ってあったマキの木を加工した。
マキの木は皮をむくだけで、すごい味がでる。
これもにゃんこの遊び道具と化す(笑)。
14,7,7,3
数少ないウチの電化製品。
スモールハウスにピッタリの90Lの小さな冷蔵庫。
からのにゃんこ。
14,7,7,4
ロフトへ階段もタッタカター。
14,7,7,5
小さな木の家はにゃんこにも中々好評です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

なんちゃって漬け物屋。

最近漬け物にパッションを感じているろんです。
少し前になりますが、梅干しの本漬けの様子をレポしたいと思います。

まず、赤シソを水でよく洗い、葉っぱを茎から一枚一枚はずしていく。
そして、水よく切ったら、少量の塩をふりかけて、よく揉んでいく。
すうすると、赤シソの水分やアクがでてくる。
14,7,1,1
これを2回繰り返していくとこんな感じに。
14,7,1,2
梅を漬けて2~3日もすると、梅酢がこんな感じに上がってくる。
ここに塩もみした赤シソを投入していく。
14,7,1,3
こんな感じに。
最後に、消毒代わりにホワイトリカーを満遍なくふりかけて、重石を乗せたら本漬けの完了。
後は土用干しを待つのみです。
14,7,1,4
次の写真の瓶は重石を乗せていなかったんだけど、梅酢が中々上がってこなかった。
結局、重石を入れて梅酢を上げてからの本漬け。
やっぱりセオリー通り重石を乗せた方がいいみたい。
14,7,1,5
続きまして、キュウリの古漬けに挑戦。
というのも、キュウリが大量に余ってきたので、漬け物にすることにした。

まず、水できれいに洗います。
14,7,1,6
んで、樽に入れて、塩をすこしづつまぶしていきます。
塩は全体の10%。
最後に10%の塩水を入れて、水を上がりやすくさせる。
なんて、しったかしてるけど、ついこないだネットで仕入れた情報です(笑)
14,7,1,7
最後に重石を乗せたら、ひとまず完了。
長期保存させたいので、10日後くらいに、さらに10%の塩を足していく予定。
14,7,1,8
一晩漬けると、もう水が上がってっきてます。
14,7,1,9
このキュウリの漬物、新たなキュウリを追加していくこともできる優れもの。
ん~、なかなか漬け物っておもしろい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
余計な事は、考えない。シンプルに楽しく生きていこ~。
そして、なるべく自然のリズムで、心地よくいきていこ~。
シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。

目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜の無農薬栽培、無農薬のお米作り、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理など、自給自足的な暮らし目指して奮闘中。

これからやってみたいことは、マウンテンバイク、釣り、リバーカヤック、天ぷらカーなど。

心のアンテナに引っかかってきた楽しいことに、どんどんチャレンジしていこう。やらずに頭で考えることは止めて、直感を信じて、とにかく思い切ってやってみよう。


主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

思い出に残る職歴
ガソスタ(名古屋)
サークルK(友人が店長)
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法の米作り 3年
自然養鶏 4年
自給自足的な暮らし 3年目

さなざまな職を転々としながら、時にふらーっと旅に出たり、自由気ままにあっちへふらりこっちへふらり、風来ふらふら風来坊。
今は地元の三重に戻り、シンプルでナチュラルな暮らし目指して奮闘中。

さすらいのお勉強野郎は今日もゆく。

アクセスカウンター

最新記事

ブログ村ランキング。

カテゴリ

未分類 (16)
自給自足 (71)
メシ (23)
ナチュラルライフ。 (52)
有機農。 (137)
DIY。 (71)
遊び心。 (29)
小さな幸せ。 (26)
小さな不幸せ。 (5)
生き物。 (28)
里山。 (9)
花。 (6)
緑。 (2)
旅。 (5)
ろん論。 (7)
音楽。 (2)
アウトドア (7)
DIY作品。 (9)
セルフビルド (35)
ジャンプアート。 (9)
井戸掘り。 (19)
自然養鶏。 (34)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR