FC2ブログ

高キビ収穫。

昨日収穫したヒエは天日干しにしてる。
14,8,31,4
こんなやり方でいいんだろうか?
要は干せたらいいんだろう。

今日は高キビの収穫。
14,8,30,7
高キビは、穂先から60㎝くらいの所を鎌で刈って、ジュート紐で縛って、軒下に干そうと思う。

で、干すとこを作る。

ウチの工場にはこんな機械もある。
『振動ドリル~』
14,8,31,1
ドラえもんの四次元ポケットのように、便利なアイテムが工場を探せば出てくる(笑)。

これで、ボルトが入る穴を空けておいて、手頃な木をあてがってボルトで締めて、支えにする。
イメージとしてはこんな感じ。
14,8,31,2
実際にやってみたら、これでは間隔が狭くて、幅を大きく変更させた。

何でもそうだけど、やる前にいろいろ悩むけど、実際にやってみて、状況に応じて変えていくのが一番楽だし、正解。

やる前に悩むより、やりながら考えよう。
14,8,31,3
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



ヒエ収穫。

今日はヒエの収穫です。
14,8,30,1
こんなですが、よく見るとヒエが植わっとります(笑)。

ヒエは生育初期の除草管理がままならず、草に負けてしまった。
ぶっちゃけ失敗です。
14,8,30,2
最初は、茎の下の方を刈って麻紐で、絡げて干す予定だったが、
草が多くてよってると相当時間がかかるので、穂先だけ刈り取ることにした。
14,8,30,3
場所によっては草に負けて、ほとんどとれない所も、、、。

とはいえ、これだけとれた。
14,8,30,4

ちなみに、他の雑穀はこんな感じ。
まずは、アワ。
14,8,30,5
まあまあ順調。

次はキビ。
14,8,30,6
前半戦は、不調だったキビだけど、気づいたら結構実ってて、まあまあいい感じになってきてる。

次は高キビ。
14,8,30,7
順調。高キビはもう収穫してもいい感じになってきてると思う。

最後はアマランサス。
14,8,30,8
これもまあまああだと思う。
収穫はもうちょい先かな。

今日は午後から、ひたすらハサミでチョキチョキと収穫。
最初は雑念が色々あるんだけど、やってるうちに余計なことは考えずに、ただひたすら作業に没頭していく。
ただひたすら作業のうちでもこういった、機械を使わないシンプルな作業が一番気持ちがいい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

初卵&産卵箱。

今朝、ウチの鶏の卵の第一号を発見いたしました。
んん、まだもうちょい先かなと思ってただけに、予想外でなんだか嬉しい。
14,8,25,1
ちょうど産卵箱も作りかけてたところやった。
ああ、早く産卵箱作ってやらねば。
14,8,25,2
卵とったど~!!

早速、卵第一号を品質チェック。
お皿に割って、乗せてみる。
14,8,25,3
んん、この白身の盛り上がりハンパないね。
いい感じ。

卵かけ御飯で頂きます。
14,8,25,4
んん、うまい!!

産卵箱も仕上がった。
中に、もみ殻が敷いて、こんな感じに。
14,8,25,5
後は、入口にノレンのように黒い布を垂らしたら出来上がり。

この産卵箱中々の優れもの。
これだけ傾斜がついてると、鶏が上に止まれないから、産卵箱の上に糞が溜まらない。→衛生的だし、掃除の手間なし。
産卵スペースがかなり暗くなるので、鶏が安心して卵を産めるし、暗いから(鳥目だから)卵を突いたり、といったことも少なくなると思う。
14,8,25,6
今日で、約140日齢くらいになるコッコちゃん達。
ビギナーズラックなのか、1羽も死ぬことなく皆、無事元気にすくすく育ってきてる。
うん、いい感じだ。

あっ、そういえば井戸掘りはしばらく延期です(笑)
雑穀の収穫、デントコーンの収穫&サイレージ作り、秋野菜の準備。それに、卵の準備。
ああ、何気に、農繁期かも。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

お茶の自給その3。

ビワ茶、ゴーヤ茶に引き続き、庭?畑で採れたバジルのハーブティー。
庭でバジルをつまんで、お湯を注ぎ3分待つだけ。
気分はベニシア♪
何となくだけど、リラックスできる気がする。
ハーブだし、なんとなく身体にいい気もするし、それに香りを楽しめる。
14,8,16,1
うん、なかなかいける。

今日はクズ麦を分けていただいた農家さんから、訳ありの大麦を安く分けてくれるとのことでとりに行ってきた。
14,8,16,2
手前の3フレコンがそう。

どうも手違いで、大麦と小麦を少し混ぜてしまったらしく、商品にならないらしい。
で、ウチに話がきた。
経費削減にもなるし、思い切ってとっておこうと思う。
14,8,16,3
鶏の餌にはもったいないくらい。

今度、少しだけ麦茶でも作ってみようかな(笑)
14,8,16,4
柿渋は発酵が始まってこんな感じに。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

柿渋づくり。

板壁の防水や防腐効果のある柿渋っていう天然の塗料を作ってみようと思う。
どうも調べた所によると、渋柿でも普通の柿でも青い柿ならいいらしい。
ウチには3本の柿の木があるので、せこい僕は、いやいやエコな僕は、
風などで落ちてしまった青い柿を使って、柿渋を作ってみようと思う。
14,8,15,1
ビニール袋に入れて、木槌で青柿を潰していきます。
14,8,15,2
んで、樽に入れて、発酵しやすいように水道水でなくて、山の天然水を使う。
贅沢に、百選名水の天の岩戸の水を使用。
ひたひたになるくらい水を入れたら仕込み完了。
2~3日するとぶくぶくと発酵してくる予定。
14,8,15,3
さあ、どうなることやら。楽しみ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

自転車置き場。

毎朝自転車を活用することになったので、新たに自転車置き場を作成しました。
14,8,8,1
柱や梁には、廃材を利用してるので、所々刻みの跡が残ってる。
自転車置き場なので、少々の強度や見た目はまったく気にならないから、これで十分。
14,8,8,2
波トタンと壁板の隙間をコーキングで埋めたら、自転車置き場の完成。
なんちゃってだから、仕事は雑だけれど、
誰もこんな所見ないし、雨さえ入る隙間が塞がれば、これでオッケー。
14,8,8,3
ある日の朝食。
自家製梅干しに、自家製キュウちゃん漬けに、自家製ゴーちゃん漬けに、自家製ゴーヤ茶。
保存食万歳。
14,8,8,4
餌作り場が、物で溢れてたので、棚を作ってみた。
整理整頓すると、気持ちがいい。
自転車置き場の写真に引き続き、アズもこっそり出演してます。
14,8,8,6
アズちゃんのトイレもコンポストトイレに変更しました。
今までは、前に飼ってた猫の砂があったので(固まって、捨てるヤツ)、使ってたけど、
やっぱり便を燃えるゴミに出すのは、なんだかな~。。。って思ってた。ゴミ箱も臭くなるし。
で、鶏糞などを入れて、猫のコンポストトイレにしてみました。

てか、すでにそこらの畑で土に自然に還してるけど。
うちの畑は基本的に不耕起でやってるから、あまり土が表面に出てないので、
ちょくちょくお隣さんの機械で耕してある所を拝借してる(笑)
14,8,8,5
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

ハコブンダー。

新車が届きました。
これ自転車に取りつけられる小型のリアカー、ハコブンダー。
ホントはヨーロッパの方で流行ってるカ-ゴバイクっていう、台車一体型の自転車が、面白いんだけど数十万もするので、手が出ない。
んで、ハコブンダー。これは数万円。
これも、前々から目をつけてて、いつか欲しいと思ってた。
14,8,2,1
早速試運転。
愛車のチャリにジョイントをセットして、リヤカーを繋ぐ。
ニワトリの餌を載せて、水のポリタンクを載せて、緑餌まで載せられる。
主に鶏の仕事用に、このハコブンダーを活用しようと思う。
14,8,2,2
最初は特に周りの目もあるし、ドキドキ。
あ~またアイツは変わったことし出したぞと(笑)

少しでも、化石燃料の使用を減らしていけたら、いいと思う。

土間はこんな感じに仕上がった。
14,8,2,3
土間からのスモハを見た感じ。
この開放的な感じが和のテイストがして気にってる。
14,8,2,5
目の前の畑で採れたオクラ、ナスに、自家製ビワ茶。
味付けは最近マイブームのシンプルに塩をふりかけるだけ。
オクラもナスもそれだけで、超うまい。
塩、万歳。
14,8,2,6
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター