FC2ブログ

鶏舎増改築&闘猫。

鶏舎増改築は、突如始まったのであった。
思い立ったら、即行動である(笑)

まずは、基礎作りから。
タコで、地面を叩いてへこませていく。
RIMG1732_convert_20150830120233.jpg
一応文明の利器、レベラーを使って、ラインをそろえておきます。
RIMG1738_convert_20150825102909_20150830121053baf.jpg
そこに砂利を敷き詰めたら、こんな感じに。

そこに、基礎石を置いて、適当に柱を立てて元の小屋とつないでいきます。
柱は、工場にストックしてあった廃材を利用。

柱は、長いままですが、、、、
RIMG1739_convert_20150830120403.jpg
後から、チェーンソーでぶった切る作戦です。
RIMG1741_convert_20150830120449.jpg
プロならやらない、セルフビルドならではの荒業!?

猫ちゃんは、毎日喧嘩の練習に精を出しています。
RIMG1742_convert_20150830120728.jpg
にらめ合って、、、

トウッ!!
RIMG1743_convert_20150830120853.jpg
小豆選手飛びかかりました。

ぢん選手も負けじと応戦しています。
RIMG1744_convert_20150830120950.jpg
小豆選手ふたたび~、ジャンプッ!!
RIMG1754_convert_20150830121344.jpg
早すぎてカメラでは、とらえきれません(笑)

存分に闘猫した後は、お昼寝ですね^^
RIMG1768_convert_20150830120627.jpg
四月には携帯サイズだったぢん君も、こんなに大きくなりました。

ちなみにこの携帯、プリペイド式の携帯電話。
ガラ携の中でも、特に絶滅危惧種ですね(笑)

プリペイド式のデメリットとして、通話料がなくなれば、チャージしないと通話できないとか、
ネットに繋がらない、ショートメールができない、などもありますが、
自分からかける通話が少なければ、極めて維持費が安くすみます。

シンプルな生活を好む私にとっては、余計なものは入らないし、これで十分(笑)

そうこうしてる間に、鶏舎の増改築完成。
RIMG1769_convert_20150830120538.jpg
今年は秋ヒナ入れようかと、計画中なり^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



初卵、モチキビ収穫。

今年の四月に入れたヒナが卵を産み落としているのを発見しました。
それに伴い新しく産卵箱をDIY。こんな感じ♪
RIMG1679_convert_20150818172543.jpg
60羽もいると、個人差もあって成長の早い子がいるらしく、まだ1日に1個ペースですが、産み始めています。
去年入れた鶏が、産み始めて丸1年近くたち産卵数が下がっている最中、嬉しい出来事でした^^
これから、徐々に卵が増えてくるでしょう。うい卵です♪
初卵は、サイズは小ぶりですが、黄身も白身もプリプリっとして、いい卵をしているんですよ~^^

この間、ろん農園の庭で見かけたアゲハチョウの合体。
RIMG1652_convert_20150818172159.jpg
ビューティフーですね^^

土間では、カブトムシがひょっこりと何処からか出現!!
RIMG1701_convert_20150825102722.jpg
ゴキちゃんでなくカブト虫が、現れる土間です(笑)

もちキビが少し色づいてきたので、収穫しました。
RIMG1714_convert_20150825102256.jpg
今年、キビは豊作のようです^^

ぢんちゃんもお手伝い。
RIMG1718_convert_20150825102448.jpg
束ねて、軒下に干します。
RIMG1723_convert_20150825102535.jpg
自転車置き場は、いい干し場に。

RIMG1717_convert_20150825102348.jpg
もちキビとったど~!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

8月イロイロ。

八月のろん農園。
RIMG1689_convert_20150818172705.jpg
ヘチマのトンネル完成^^
左側のゴーヤもバンバンになりだしてきてます。ゴーヤの時代到来(笑)

水田は無事、出穂しました。穂もだいたい出そろっています^^
RIMG1669_convert_20150818172314.jpg
農薬、除草剤、化学肥料一切使ってませんが、この通り^^
順調、順調。

アマランサスも収穫しました。
RIMG1698_convert_20150818172754.jpg
はさがけして、干して乾燥させます。
RIMG1699_convert_20150818172844.jpg
新調したパーゴラは、はさがけもできます。

時折、DIY。
RIMG1674_convert_20150818172414.jpg
壁の補修で余った端材を使って、電球の傘をつくったり。

障子を貼って、出来上がり。
RIMG1683_convert_20150818172450.jpg
電球丸出しだったのが、少しはカッコよくなったかな?

たまには、夏っぽくお出かけ。大紀町にある八重谷湧水へ。
RIMG1625_convert_20150818171837.jpg
スタンドバイミーな気分。

この沢を登っていくと、、、
RIMG1633_convert_20150818172008.jpg
このように突如、水が大量に湧き出してきています。
想像以上の湧き水量に、驚きと感動。

案外近場に面白い所はありますね♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

壁の補強とか。

3坪のスモールハウスの壁をリニューアルしました♪
RIMG1544_convert_20150806113606.jpg
というのも今まで、ウチの壁は5ミリほどのペラい板切れ1枚だけだった><
台風が来るといつも心配なので、もう少し丈夫そうな厚さ1センチちょいの野地板を上からはり足しました。
仕上げには、自家製柿渋を塗って、出来上がりです^^

時間があるときには、薪の準備したり。
RIMG1538_convert_20150806113708.jpg
頂き物の廃材があるので、カットして薪にします。

処分に困ってるから、もらってくれんかな~?なんて話が、たまにきたりして、頂いてストックしてあります。
向こうさんは、廃材が片付いて助かるし、ウチは燃料の調達ができるし、お互いに助かります(笑)
RIMG1542_convert_20150806113756.jpg
できた薪は、新調した薪置場に。これが、ウチの熱源です(笑)

中には、しっかりした材もあるので、そういった物は薪にせず廃材の材木として再利用。
RIMG1556_convert_20150806114017.jpg
廃材を使って、新たに新調した堆肥置き場とつる性を這わせるパーゴラ。
材木から、屋根の波トタンも全て廃材。
脱ホームセンター(笑)

コンポスト堆肥(トイレの中身)を置いてた場所から、自然に芽が出てきた謎の野菜↓
RIMG1592_convert_20150806114848.jpg
堆肥を移動させる際に、移植して畑に植えてみました。
何になるのか密かに楽しみにしています^^

次はトウモロコシの種取。
RIMG1563_convert_20150806114621.jpg
鳥や獣に食われたり、台風の風に倒されながらも、わずかに残った黒、白もちトウモロコシ。
皮をむいて干して、来年に繋げます。

昼は暑いので、冷やし中華に。
RIMG1555_convert_20150806114520.jpg
赤、黄、緑と色合いが綺麗。
自家製トマトに、自家製オクラに、自家製自然卵。うまっ!!

ぢんは、厚いので、
RIMG1541_convert_20150806114133.jpg
石臼の上で、寝ています。

花オクラが咲き始めています。
RIMG1551_convert_20150806114415.jpg
これは、花を食べる用のオクラです。
大きな花をたくさんつけてくれます♪

最後は、ウチのスペシャル、卵固め。
RIMG1573_convert_20150806114745.jpg
ろん農園の黒皮カボチャに、プチトマト、春に穫れた絹サヤの冷凍グリーンピース、醤油ニンニクに、自然卵。
うまっ!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター