FC2ブログ

お米の籾摺り、精米。

RIMG2548_convert_20151126114639.jpg
はさがけしていたお米を今更ですが、籾摺り精米して食べ始めています。

無農薬、無化学肥料、井戸水、昔ながらの苗代、手植え、手刈り、はさがけ天日乾燥、籾での保存、循環式精米機での籾摺り精米と、超付加価値のついたお米ができました♪
売り物にはなりませんが、農的暮しを営むろん農園としては、お米の自給は大きな一歩です^^
手間暇かけて作ってきたお米だけにとても感慨深い。
それに何より、1から育ててきたお米はやっぱり美味いです。感動^^

今週末は、11月29日(日)は、松阪農業公園ベルファームでおこなわれる、オーガニックマーケットに出店します。10:00~16:00

松阪市近辺のオーガニック(無農薬や自然栽培の野菜、体に優しい加工品等)の生産者が集います。興味のある方は、ぜひ遊びにいらしてください。

にほんブログ村
スポンサーサイト



THE 縁側。

ドキドキの柱と梁の組み立て。
チェーンソーで適当に削ったホゾが果たしてうまくはまるのやら(笑)
RIMG2425_convert_20151120103132.jpg
なんとか無事それっぽく、はまりました^^ほっ。

組み立てた柱を立てた後は、束が乗る基礎石の設置。
RIMG2444_convert_20151120103026.jpg
果たしてこんな適当なやり方でいいのやら(笑)砂利の上に石を乗せてるだけ。
何度も微調整して、水平がとれるよう調整していきます。
RIMG2445_convert_20151120103903.jpg
こんな感じに、母屋とつないでみました。
RIMG2446_convert_20151120103316.jpg
そんなこんなで、床をはって、屋根をはったら、縁側の出来上がり。
RIMG2464_convert_20151120103506.jpg
こんな感じに。
想像してたものが、現実となった瞬間。自然のままの丸太と石が、かっちょいい。

しかもマキの木は、水に強く腐りにくくて、柱としてとてもいい材らしい^^
RIMG2481_convert_20151120103550.jpg
内側からみると、こんな感じ。ポカポカの縁側でティータイム。
RIMG2459_convert_20151120103408.jpg
縁側、猫ちゃんも気に入ってくれた模様です^^

にほんブログ村

縁側作成と蕎麦収穫。

スモールハウスに縁側を作るぞ~っと、思い立ちました。
いや実は、当初から作る予定でいましたが、ずっとノビノビになっていました(笑)
まずは、柱となる材料選び。
RIMG2415_convert_20151113103845.jpg
以前鶏舎を建てるために、伐採したマキの木がそこら辺に転がっていたので、これを使ったら面白いんじゃね!?と、閃きました。
新たに柱を買わなくていいし、今ある物を有効に使え、なおかつカッコイイ。

難しそうだけど、チャレンジしてみます^^
まずは、チェーンソーで底をまっすぐ切り、座りが良くなるように何度も微調整していく。
RIMG2416_convert_20151113103930.jpg
こんなもんで、いいでしょう。

次は、チェーンソーでのホゾの刻み。(自然のままの丸太なので、丸ノコではうまく刻めません。)
RIMG2421_convert_20151113104022.jpg
ヤマカンで、墨をつけて、刻んでいきます。果たしてうまくいくのやら~(笑)
RIMG2422_convert_20151113104104.jpg
なんとかそれっぽく仕上がりがりました。
RIMG2423_convert_20151113104150.jpg
梁のほぞ穴は、機械を使って、瞬殺です。

縁側の基礎石は、自然の石を使うことに。
この石は去年、雑穀畑の開墾の時に畑から掘り出した石だったりします(笑)
RIMG2424_convert_20151113104232.jpg
基礎石を買わなくていいし、ある物を無駄なく使えて、なおかつカッコイイ。
これもやはり、やらない手はないですね(笑)。

果たして、うまくいくのやら!?こうご期待。

昨日は蕎麦を収穫しました。
RIMG2428_convert_20151113104346.jpg
前作のアマランサスのこぼれ種が芽を出して、共生栽培になってます(笑)
蕎麦の生育に支障がなさそうだったので、見守って一緒に育ててみました。
ちょうど蕎麦が倒れないように支えてくれていい感じのようにも見えます。

紐で束ねて、しばらく乾燥させていきます。
RIMG2437_convert_20151113104426.jpg
今年の年越しは、自分で育てた蕎麦で、年越しそば食うぞ~。

にほんブログ村

陸稲ハッピーヒル、続柿酢。

陸稲で作っていたハッピーヒルも収穫を無事終えました^^
RIMG2374_convert_20151102101603.jpg
穂の形が、ギュッと固まってて、あまり首を垂れずに、シュッと立ってます。
RIMG2376_convert_20151102101658.jpg
いろいろと試行錯誤、試みてみた陸稲でしたが、中々思った以上に大変でした。

直播した所は、鳥に食べられたのか!?数えるほどしか、発芽しなかったり、、、
筋蒔きよりも、点播きの方が鳥害を避けるのかベターなようでした。
大半は、畑で苗代を作って、苗を移植⇒水田の田植えより、大変。
長期にわたる除草⇒水田の除草より、大変。
米の分けつは少ない⇒水田平均12くらいに対し、陸稲2~3くらい!?
RIMG2387_convert_20151102101745.jpg
やはり、水田でのお米の栽培は、米の栽培に管理の手間、収量共に優れた農法なんだと再確認(笑)
けどまあ、なんだかんだで、これだけ収穫できました。果たして、何キロ穫れるのか~!?

来年もやるなら、もっと工夫して臨みたいと思います。

天日干ししてたポップコーン。
RIMG2385_convert_20151102102053.jpg
試しに、煎ってみました♪
RIMG2384_convert_20151102102011.jpg
ちゃんとポップコーンになりました^^お菓子も自給(笑)

樽に詰めてた柿は、、、
試しに見てみると、少しカビが出てきてまして、怪しかったのでカビを切り取ってやり直しました。
すでに、かなり熟してたので、手で柿をつぶして再度、樽にほり込んでいく。

その2~3日後の様子。
RIMG2379_convert_20151102102315.jpg
すでに、ブクブクと泡が立って、なにやら発酵が始まっています。

つぶせるくらいに熟した柿の方がなんとなく調子良さそうです。
今年は実家で作ってる柿が、豊作だったので、それらも追加して、樽いっぱいに♪
RIMG2382_convert_20151102102353.jpg
原材料、柿オンリーの柿酢。果たしてどうなることやら、楽しみです^^
自然の中にいる酢酸菌がうまく働いてくれることを祈ります。

野菜は花を咲かせて、種を残して、来年に繋げていきます。
RIMG2363_convert_20151102101914.jpg
これは、ツルムラサキの花?蕾?(緑のやつで家ではツルミドリと呼んでます)。
RIMG2365_convert_20151102101833.jpg
こっちは、空芯菜。

にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター