2016-05

5月終わりの畑色々。

畑作業の合間を見て、チョクチョク庭づくりも進めています♪
RIMG5614_convert_20160530194321.jpg
石畳みの小道に、ハーブや果樹、野菜、キノコ机(笑)
次は、合間を見つけて、椅子を作りたし^^

上の写真の右っ側にあるのが、サクランボの木。
いつも全然実がつかない。今までに、1個穫れただけ。
RIMG5618_convert_20160531185801.jpg
それが、今年は、2粒穫れました。
甘くて美味かった~^^
奇跡のサクランボ(笑)
RIMG5622_convert_20160531185843.jpg
菜園では、マロウがいい感じに、咲き乱れています。
RIMG5623_convert_20160531185911.jpg
畑では、この1か月で、菊芋がグンと大きく育ってきました♪
順調、順調。
RIMG5627_convert_20160531185939.jpg
トマトもいい感じに大きくなってきています。

5月初旬に蒔いた雑穀達も少し大きくなってきました。
RIMG5631_convert_20160531190006.jpg
これは、もちアワ。
RIMG5634_convert_20160531190030.jpg
小麦が、もうそろそろ収穫時期に入ってきました。
今年は、薄力のアヤヒカリに、強力のミナミノカオリ、大麦、もち麦の4種類。
この中でも強力のミナミノカオリを特に楽しみにしています^^
自家製無農薬の強力粉で、パン焼けたら最高でしょう♪

6月は、麦類の収穫に、梅仕事、ビワの収穫、大豆などのマメ科の播種等、、、
農のある暮らしは、季節と友に色々な仕事があって面白い。

にほんブログ村

手押し除草機&キノコ机つくる。

早いもので田植えを始めてから、もう1週間。
一回目の除草機を通しました。
RIMG5590_convert_20160530193537.jpg
まだ、草の芽は見えてきていないけど、この時期から除草対策をしておくことが無農薬栽培のポイントです♪
これから、1週間おきに計3回ほど、除草機を通していきます。
生育初期の除草さえしっかりしておけば、後は除草はほとんどしなくてもいいぐらいに育ちます^^

今回は条間を縦に入り、次回は横にと方向を変えて、除草機を通します。
RIMG5595_convert_20160530193635.jpg
THE 手押し除草機、渋いっしょ(笑)

無農薬のお米作りでは、除草剤を使わないので、草対策が必要となります。
うちぐらいの自給規模の田んぼなら手押しで十分^^
陸稲で除草の大変さを身に染みているので、田んぼの除草機を使っての除草の素晴らしさが、より実感できます(笑)
水田は優れた農法であり、除草機はまた優れた道具なのです。
RIMG5593_convert_20160530193605.jpg
苗代から流しこんだ浮草もだんだん増殖してきました。
この浮草が光を遮断して、除草に役たってくれるのではと期待しております。

田植えが終わっても、自給自足はまだまだ、とめどなく畑作業は続きます♪
RIMG5583_convert_20160525202143.jpg
南瓜や冬瓜の苗がたくさんできたので、定植しました。
南瓜は打木南瓜。オレンジ色のカボチャです。冬瓜は、去年直売所で買って食べたものを種とりしたもの(笑)
今年は、南瓜も冬瓜もいっぱい穫れそう^^
RIMG5584_convert_20160525202207_2016053019441724c.jpg
無農薬だからと言って何もしないと、葉っぱがなくなってしまいます><
ウリ科は、苗が小さいうちはウリハ虫に食われやすいので、牡蠣殻の袋なんかで囲って守ってあげてます。

今日は、畑作業の隙間を狙って、DIY。
庭に机を作りました♪
RIMG5601_convert_20160530193732.jpg
この間薪をもらってきた時に、『これもいらないから、よかったら持ってって』と戴いていた木材を使いました。
RIMG5602_convert_20160530193811.jpg
チェーンソーで、角を落として丸くして~
RIMG5603_convert_20160530193841.jpg
裏っ側に、ほぞ穴を空けてみました。
RIMG5605_convert_20160530193910.jpg
チェーンソー、ドリル、のみを駆使して、なんちゃって大工さん。

次は柱となる材の加工。
この木は、鶏舎を立てる際に、伐採したマキの木を使いました。
マキの木は水に強く腐りにくいということで、柱には最適♪
RIMG5606_convert_20160530193939.jpg
土に埋まる部分を焦がして~
RIMG5607_convert_20160530194038.jpg
80センチほど穴を掘って~
RIMG5609_convert_20160530194107.jpg
ズボンと埋めると、こんな感じに。

ここから、チェーンソーでホゾを削っていきます。
RIMG5611_convert_20160530194146.jpg
それっぽく出来上がりました♪
RIMG5612_convert_20160530194213.jpg
ちゃんとハマりますように~><

板をかまして、カケヤで叩いて、少しづつはめ込んでいきます。。。
RIMG5613_convert_20160530194256.jpg
とりあえず、こんな感じに。

巨大なキノコのような机が、出来ました(笑)

にほんブログ村

昔ながらの手植え田んぼ。

今年も昔ながらの手植え田んぼをやりました♪

1日目。
まずは、苗取りから。
RIMG5534_convert_20160525201247.jpg
いい苗は、分げつもいい感じに進んでいます^^
苗代で、大きく育てた成苗を植えていきます。
無農薬の田んぼでは、草との競争に負けないように、大きく育てた苗を植えていきます。

しかし、この苗取りが一番大変なんだわ~(苦笑)

次に植え付けの線引き。
RIMG5538_convert_20160525201415.jpg
30センチ間隔に、しるしをつけたトンボのようなものを引っ張って、目印をつけていきます。
縦に引っ張って、横に引っ張って。
RIMG5541_convert_20160525201447.jpg
こんな感じに。

線がクロスした所が植える目印。
30センチ間隔の正条植えに。
後の手押し除草機がスムーズに入れるように、きっちりと感覚を空けておきます。
植える苗は、基本1本植え。
分げつが出てないものは、2~3本植えに。
RIMG5545_convert_20160525201614.jpg
とりあえず、1日目はここまで。
全体の3分の2くらい植わったでしょうか。

田んぼの合間は、シフォンケーキで、ほっと一息。
RIMG5554_convert_20160525201904.jpg
自家製シフォンケーキうまっ!!

田植え、2日目。
一通り、苗取り終了♪
RIMG5546_convert_20160525201727.jpg
コンクリートの畔に座りながら、苗取りをするという技をあみだしました(笑)
まずは、根切りをする感じで、苗を土ごとガバっとすくい取って、畔際に移動させる。そして、座りながら、根に付いた土を落としていく。こうすることによって、格段に苗取りのスピード上がりました。
何でも閃いたら即、実行です。

苗取り、田植えも進み、残すは苗代部分のみ。
苗代を囲っていた畔を崩して、トラクタで代掻きし直して、こんな感じに。
RIMG5550_convert_20160525201819.jpg
最後は、エブリで均して、均平をとりました。
2日目は、ここまで。

3日目。
同じく線引きし、苗を植えていきます。。。
RIMG5577_convert_20160525201949.jpg
終わったよ(^^♪
正味田植え2日半。代掻き入れてれも3日半。
うしししし、これで1年近くのお米が自給できるのだ。
RIMG5579_convert_20160525202032.jpg
後は、水を入れたら、こんな感じに。
無事、育ちますように~。

にほんブログ村

ニンニク、ワケギ、代掻き。

ニンニク収穫しました。
RIMG5508_convert_20160521181300.jpg
今年は、いいサイズのニンニクが結構とれました♪
しばらく晴れ間が続くので、畑で置いておいて乾燥させます。
RIMG5509_convert_20160521181339.jpg
ワケギは、種球の堀りあげ。
同じく、畑で2~3日干す作戦です。
RIMG5511_convert_20160521191437.jpg
ワケギは、種球を一個植えたら、こんなに増殖します。
ワケギというだけありますね(笑)

乾燥させて保存して、また次回に植えつけてと、繋いでいきます^^
RIMG5521_convert_20160521181429.jpg
これは、小松菜を種採りしました。

で、今日は代掻きをおこないました。
去年の代掻きは、縦、横方向と2回づつ走り、しあげました。
2回目はトラクタに角材をロープで繋いで、均していきました。

今年も同じく縦、横と2回入る予定でしたが、一回目を終えた時点で、
『これで、もういいんじゃね!?』
どこからかそんな言葉が下りてきました(笑)
RIMG5523_convert_20160521181455.jpg
自作のエブリで、ざっと高低差を直して出来上がり♪
少し冒険ですが、今年は代掻き一回走るだけの簡単代掻きにしました。
去年やった感じでは、ここの田んぼは、結構水持ちがいいので、代掻きはほどほどでいいだろうというのと、単純に2回走るのめんどくさかったり(笑)

『なくてもいいんじゃないか?』
僕の中では、これは大事な発想です。

そもそも不耕起で、田んぼやってる人もいるし、代掻きなしで、耕した後に水を入れて、代掻きなしで田植えするという人もいるくらいだから、1回代掻きで走れば、十分じゃないかな!?という結論に至りました。
RIMG5529_convert_20160521181519.jpg
明日から、田植え~♪
昔ながらの手植えです(笑)

自給自足の要、お米作り。無農薬、無化学肥料栽培で♪
今年も、やるぞ~。

最後は、本日のポリタンク太陽熱温水器。
RIMG5531_convert_20160521181543.jpg
37度まで、上がりました^^
40度まで、あと少し。真夏は、40度超えも夢でないかも!?

にほんブログ村

コーンの中耕やイチゴ。

今月初めに蒔いたトウモロコシも無事発芽した模様です。
RIMG5489_convert_20160519182935.jpg
写真は、1回目の中耕除草を終えた所。
管理機が入れるように条間をそろえてあります。
RIMG5490_convert_20160519183000.jpg
こんな感じに。
これらのトウモロコシは、全部鶏のコーンサイレージ用です。
贅沢にも、無農薬無化学肥料栽培♪
安心安全なものは、やはり自分で育てるのが一番安心。
美味しい卵へのこだわりの飼料づくりです^^

苗代で作っているお米の苗もずいぶん大きくなってきました。
RIMG5492_convert_20160519183034.jpg
来週あたり、田植えかな~。
自給自足の要、お米作り。
今年も7畝の田んぼを手植えで、やります(笑)

畑では、イチゴが毎日穫れだしています♪
RIMG5496_convert_20160519183450.jpg
真っ赤なイチゴたまりませんな><
RIMG5501_convert_20160519183059.jpg
本日の収穫。
ゴボウ、間引きニンジン、レタス、イチゴ。

イチゴといえば先日、友達のイチゴ屋さん所で、プチいちご狩り。
RIMG5484_convert_20160519183412.jpg
ウチの卵と物々交換で(笑)
プロのイチゴも流石に美味し。

最後は、本日のポリタンク太陽熱温水器。
RIMG5505_convert_20160519183140.jpg
天気が良かった本日、34度。
後は、ほんの少し薪で五右衛門ちゃんを沸かせばいいだけ♪

にほんブログ村

雨水タンク完成&初稼働!!

雨水タンクが完成しました♪
RIMG5415_convert_20160513185728.jpg
農業用の100Lのタンクを2つ並べて、
RIMG5419_convert_20160517180508.jpg
ポリタンク太陽熱温水器と同じ方式で塩ビパイプのソケットを使って繋いでみました。
RIMG5418_convert_20160517180536.jpg
これは排出口。
また、上の蓋には、1、5ミリ径の小さな穴をいくつか空けて、空気が抜けるようにしてあります。
RIMG5480_convert_20160517175851.jpg
タンクに藻が生えないように、木材で囲って、仕上げてみました。
手前の壁は、管理できるように、スライド式の引き戸になっております。
RIMG5479_convert_20160517175826.jpg
雨どいからの取り入れ口には、ゴミ除けの網をつけました。
ボウフラ除けにも、なるんではないかと見込んでおります。
RIMG5472_convert_20160517175656.jpg
ここで、タンクが満水になった時に、オーバーフローするようになっております^^
RIMG5430_convert_20160517180900.jpg
排出口の外側はこんな感じに。
タンクを高い位置に設定したから、蛇口を高い位置につけられます。使い勝手のいいように考えました^^

そして、奥の分岐点からは、コンポストトイレへ繋がっています。
RIMG5473_convert_20160517175725.jpg
このように。
これで、水洗トイレに(笑)
赤いコックをひねれば、水が流れるようになります^^
今までは、ペットボトルに水を汲んでたんですが、これでコックをひねるだけの楽ちんに。

雨水タンクを製作してから昨夜、初めて雨が降りました。
果たして一晩でどれほど雨水が溜まるのかな~?
RIMG5478_convert_20160517175622.jpg
一晩で、楽々満タンに♪びっくりぽんの200L!!

早速使ってみよ~。
RIMG5471_convert_20160517175545.jpg
完璧^^妄想が現実になった瞬間(笑)
作ってよかった~。特に漏れや不具合もなく、順調に稼働しました^^
雨水タンクの水は、野菜の苗の水やりやちょっとした外作業の汚れ落とし等に利用予定です。
自然の世界に溢れる資源を最大限に活用^^自然の恵みに感謝。

自然の恵みといえば、
RIMG5464_convert_20160517175942.jpg
昨日は、湧水を汲みにいってきました。
奥伊勢の3名水の1つ。高麗広の名水へ。
天然水の自給(笑)

畑では、秋まきのニンジンが花を咲かせています。
RIMG5433_convert_20160517180044.jpg
今年は種採れるかな。
RIMG5440_convert_20160517180112.jpg
秋まきの春菊も。

最後は、ろん農園の定番おやつのシフォンケーキ。
自家製の自然卵をふんだんに使って、自家製無農薬の小麦粉に、自家製豆乳入りです。RIMG5483_convert_20160517180008.jpg
自家製シフォンケーキ美味し。

卵と小麦粉があれば、おやつも豊かに♪

にほんブログ村

苗代の様子&雨水タンク製作途中。

田んぼの苗代の様子。
RIMG5403_convert_20160513185534.jpg
5月に入り気温も上がってきて、稲もそれに合わせるように大きくなってきています^^

今年もカブトエビちゃん出てきました♪
RIMG5398_convert_20160513185426.jpg
無農薬の田んぼでは、生き物がいっぱい。
生態系が豊かです^^

このカブトエビがたくさんいると、田んぼの水が濁って、水田雑草の除草効果も出てきます。
RIMG5401_convert_20160513185500.jpg
このようにすでに、だいぶ濁ってきています。
さらにこの浮草で光をシャットアウトして、除草効果を促していきます。
自然の生き物や植物を最大限に生かしての無農薬のお米づくりです^^

この間播種した、トウモロコシや雑穀達も発芽し始めています♪
RIMG5387_convert_20160513185247.jpg
これは、高知とうきび。
RIMG5388_convert_20160513185348.jpg
これは、雑穀の高キビ。
トウモロコシや高キビは、背が高くなる作物なので、ちゃんと発芽さえさせれば、後の管理は結構簡単。

ある日の昼飯。
RIMG5408_convert_20160513185609.jpg
自家製酵母パンでの、サンドウィッチ。
穫れたてのレタスに、穫れたて自然卵のゆで卵に、ハムを挟んで贅沢に^^
RIMG5412_convert_20160513185636.jpg
こっちは、ピザ風に。
うまっ!!

昨日から、雨水タンクをDIYやりかけています。
RIMG5415_convert_20160513185728.jpg
100Lタンク2つの200L。
ポリタンク太陽熱温水器の次は、雨水タンク。

雨水タンクができれば、雨が降れば、タンクに水が溜まって嬉し。
晴れの日は、ポリタンク太陽熱温水器が、活動して嬉し。

自然の恵みに感謝^^

にほんブログ村

THE 食の自給。

畑の野菜がイロイロ穫れだしてきました♪
完全無農薬、無化学肥料の有機野菜達です^^
RIMG5381_convert_20160509182602.jpg
カブに、間引きしたゴボウ。

次は、絹さやの豆。
RIMG5377_convert_20160509182514.jpg
絹さやとしての旬を過ぎたものは、サヤを向いてグリーンピースのように使えます^^
RIMG5374_convert_20160509182452.jpg
レタスもいい感じにまいてきました♪
RIMG5366_convert_20160509182408.jpg
露地栽培のイチゴもだいぶ増えてきました^^

収穫して保存してある大豆はいつでも、水にしたせば美味しく食べられます。
RIMG5367_convert_20160509182430.jpg
保存のきく豆類や雑穀類は、重宝しますね。
RIMG5360_convert_20160509182324.jpg
これは、去年うちで収穫したお米に、一昨年収穫したヒエを混ぜて炊いた雑穀ご飯。
ヒエは保存性がいいので、まだまだ美味しく食べれます^^
雑穀を混ぜたご飯が、これまた美味い。
RIMG5356_convert_20160509182303.jpg
たまには、手作り餃子。
強力粉はまだないので、買ってきたものだけど、皮から手作り。
ちょっと厚めの皮が、手作りらしく、食べ応えあって、美味かったりします(笑)
中の具のニラも庭でとれたもの^^

最初の1年目は、家を作って、井戸を掘って、鶏舎も作って、鶏飼ってと、中々忙しかった。
2年目は、鶏舎の増築、卵の営業活動、販路開拓、五右衛門風呂作成、お米作り等。
そして、3年目の今年は、食がかなり充実してきています^^

天気のいい日は、ポリタンク太陽熱温水器が大活躍。
RIMG5349_convert_20160509182215.jpg
な、な、なんと34度まで上がりました~。大成功!!

ちなみに、雨の日は全然、温度上がりません(笑)
しかし、晴れの日には、かなりの薪節約になります^^今の季節で34度なら、真夏は40度超えも夢でないかも!?
これから、晴れの日が楽しみです。

自然界の恵みを最大限に吸収。
0円エネルギーは地球を救う。かもしれない^^

にほんブログ村

サイレージ用コーン播種&薪集め&温水器の改造。

5月2日、鶏の飼料用にトウモロコシを播種しました。
このトウモロコシは、夏場に刈り取って、サイレージにして保存して、冬場の緑餌となる予定です。
まずは、草を刈って、
RIMG5328_convert_20160504190435.jpg
鶏糞堆肥を補って、

ざーっと、管理機で耕していきます。
RIMG5330_convert_20160504190518.jpg
この圃場は、農園から離れた所にあるので、トラクターを乗っていくことができないので、地道に管理機で耕しました(笑)

去年までは、デントコーンという飼料用のトウモロコシの品種を使っていましたが、今年は固定種の高知とうきびで挑戦します。
RIMG5334_convert_20160504190545.jpg
種は、去年ろん農園で作って自家採種したもの。
やはりできれば、買わずに作り続けることができる在来種や固定種の種が一番いいでしょう^^

条間70センチで、20センチくらいの2粒点蒔きの全部で14列。丸1日、疲れた~。

5月3日、昨日はイチゴが初なり♪
RIMG5339_convert_20160504190612.jpg
貴重な無農薬、無化学肥料、露地栽培のイチゴ。露地栽培のイチゴはこれからが旬です^^
RIMG5341_convert_20160504190635.jpg
もう少し熟すのを待ってもいいのですが、ここからは鳥との競争なので、赤くなったら即、食べちゃいます(笑)うまっ。

また、昨日は薪集め。
RIMG5342_convert_20160504190704.jpg
材木や木の切れ端など、処分に困ってる方から分けていただきました。
捨てる神あれば、拾う神あり!?
相手方は、いらない木をもらってもらえて感謝、うちは薪となる木材をもらえて感謝。ありがたや~。
RIMG5343_convert_20160504190729.jpg
東側の薪置き場は、満タンに^^

ポリタンク太陽熱温水器も天気がいい日は絶好調♪
RIMG5352_convert_20160504190852.jpg
5月2日は天気も良く、初の温水器30度超え。
薪も集まったし、薪の節約もできてる。
少しづつ妄想が、また現実になりつつあります(笑)

で、今日は温水器の改良をおこないました。
RIMG5346_convert_20160504190809.jpg
ジャン。
農業用のビニールで覆ってみました。
これで、さらに温水器の温度上がるはず~。

閃いたら、実行である。

改良版ポリタンク太陽熱温水器、どうなることやら?ワクワクです。

にほんブログ村

雑穀とかイロイロ播種。

4四月にきたヒナちゃんも、丸一か月を過ぎ、少し体つきが大きくなってきました♪
RIMG5295_convert_20160501203712.jpg
元気にスクスクと成長しております^^
RIMG5300_convert_20160501204758.jpg
大人用の止まり木にも、楽々止まれるようになりました。
平飼いでノビノビと育つヒナは、たくましいです。
RIMG5290_convert_20160501203742.jpg
猫のぢんちゃんも興味津々(笑)
ぢんちゃんは最近、餌づくり場に現れるスズメの番をしてくれています。

天気がいい日は、ポリタンク太陽熱温水器『PTO』が、大活躍♪
写真は、満水に溜まって水が噴き出している様子。
RIMG5318_convert_20160501203927.jpg
天気のいい日は、朝に水を溜めて、夕方にはだいたい28度くらいまで上がっています^^
井戸水は、常に15度なので、13度分沸かしたのと同じ状態になります。
その分、五右衛門風呂を沸かす薪を節約できるということ。
実際にかなり、薪の量少なくてお風呂沸かせています。
自然に溢れている、太陽のエネルギーを無駄なく有効活用^^

毎朝、田んぼの苗代に水を入れに、いっています。
RIMG5319_convert_20160501203952.jpg
近場への移動は、MTBで♪
身体を動かすと気分もいいし、無駄に化石エネルギーを浪費しなくていいし、一石二鳥♪

畑に直播したハッピーヒル米は、こんな感じに。
有効ポリを片方剥いでみました。
RIMG5306_convert_20160501203809.jpg
稲と一緒に草もいっぱい生えてきてる~><
田んぼと違って、水を入れてないので、畑の草も同時に生えてきます。田んぼでは水を入れるので、畑の草は自然と抑えられるよんですが。やはり、陸稲は、雑草との闘いですね(苦笑)

よ~く見ると、ちゃんと稲も顔を出しています。
RIMG5309_convert_20160501203834.jpg
草に負けず、ちゃんと育ってくれよ~。
RIMG5327_convert_20160501204151.jpg
畑に植えつけていたヤーコンが芽をだしました。ほっ。
RIMG5325_convert_20160501204128.jpg
菊芋もこんな感じに。よしよし。

昨日、今日と色々苗の定植や種まきを進めました。
RIMG5321_convert_20160501204017.jpg
これは、ポップコーン。
RIMG5322_convert_20160501204041.jpg
雑穀は、もちきび、高キビ、ひえ、もちアワなど播種りました。
腰痛~(笑)

他にも、高知とうきびを播種、飛騨南瓜、東京南瓜、冬瓜などの苗を定植。
今年は、去年にも増して品種が、かなり増えています。
今年の畑は面白い事になりそうです。ワクワク。
RIMG5315_convert_20160501203902.jpg
これは、昨日の収穫物。
ニンジンの間引き菜、カブ、そら豆、小松菜、ニンニクのつぼみ、スナックエンドウなど。
毎日が穫れたて、無農薬野菜。贅沢~♪
RIMG5324_convert_20160501204104.jpg
最後は、今日の昼飯、3色丼。
炒り卵、小松菜のナムル、鶏ささみとおふのナンプラー炒めに、コリアンダーをちらしたら出来上がり。
美味し~^^

にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
余計な事は、考えない。シンプルに楽しく生きていこ~。
そして、なるべく自然のリズムで、心地よくいきていこ~。
シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。

目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜の無農薬栽培、無農薬のお米作り、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理など、自給自足的な暮らし目指して奮闘中。

これからやってみたいことは、マウンテンバイク、釣り、リバーカヤック、天ぷらカーなど。

心のアンテナに引っかかってきた楽しいことに、どんどんチャレンジしていこう。やらずに頭で考えることは止めて、直感を信じて、とにかく思い切ってやってみよう。


主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

思い出に残る職歴
ガソスタ(名古屋)
サークルK(友人が店長)
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法の米作り 3年
自然養鶏 4年
自給自足的な暮らし 3年目

さなざまな職を転々としながら、時にふらーっと旅に出たり、自由気ままにあっちへふらりこっちへふらり、風来ふらふら風来坊。
今は地元の三重に戻り、シンプルでナチュラルな暮らし目指して奮闘中。

さすらいのお勉強野郎は今日もゆく。

アクセスカウンター

最新記事

ブログ村ランキング。

カテゴリ

未分類 (17)
自給自足 (75)
メシ (23)
ナチュラルライフ。 (52)
有機農。 (144)
DIY。 (73)
遊び心。 (29)
小さな幸せ。 (26)
小さな不幸せ。 (5)
生き物。 (28)
里山。 (9)
花。 (6)
緑。 (2)
旅。 (5)
ろん論。 (7)
音楽。 (2)
アウトドア (7)
DIY作品。 (10)
セルフビルド (35)
ジャンプアート。 (9)
井戸掘り。 (19)
自然養鶏。 (35)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR