FC2ブログ

卵の説明。

ここの所、産卵数も順調に伸びてきております。
ろん農園の自然卵ただいま絶賛発売中です♪
RIMG0997.jpg
卵の在庫少し余裕があるので、農園での直買いも歓迎中です^^

今日は、卵のことについて少しお話したいと思います。
ろん農園の卵は、6個入りパックで、300円です。
えっ!?高い!?高いのには、わけがあります。

それはなぜかというと、一般的なスーパーなどで、売られている卵とは、全然飼い方が違うからです。
何が違うか?

第一に、飼育環境。
スーパーの安い卵は、まずバタリーケージ飼いです。身動きのとれないカゴに詰め込まれて、飼われています。
やはり、身動きのとれないカゴで飼われた鶏より、自由に動き回れる平飼いの卵がいいでしょう^^
では、平飼いと表示された卵なら、どれでも安心して食べられるのか?否。
1つに、平飼いといっても飼育密度は様々。超過密に平飼いされている所もたくさんあります。
ここで、大事なのは飼育密度。
平飼いをやっている農場の41%が、1000㎠/羽以下で、15%が370㎠/羽ほど、つまり19㎝×19㎝に1羽の割合で飼われてるのだとか、、、。それでは、結局バタリーケージとそんなに変わらないですよね。。。
飼育密度が高いと、糞が分解されず、悪臭の原因や環境が悪くなり、病気の発生、多数のワクチンの接種となってしまいます。

それに対して、ろん農園では、飼育密度3240㎠/羽(1坪に10羽)で、この割合は自然養鶏の基本とされています。
このような広々とした飼育密度で、ノビノビと元気に育てています。

次に、鶏に与えている飼料。
ここで、ポイントになるのが、遺伝子組み換えの飼料(GMO)、ポストハーベスト(収穫後にかけられる農薬)などを使ってない飼料かどうか?
海外から、輸入される飼料には、遺伝子組み換え、ポストハーベストなどが使われている可能性が大です。
ろん農園では、国産、それも近隣で収穫された飼料を主に使っています。ノンGMO、ポストハーベストフリーです。それらの飼料を自家配合し、発酵させてから与えています^^

下記のサイトより、飼育密度のパーセンテージなど参考にさせていただきました。
http://save-niwatori.jimdo.com/どんな卵を選べばいいの/

とても、わかりやすく卵の説明をしてくれています。

自分たちが、口にする卵は、どのような過程をへて生産されているのか!?
ぜひとも、1度ご覧になってほしいです。

また上記のサイトでも説明してある、多くの養鶏場でおこなっている嘴を切るデビーク、または強制換羽、、、
ろん農園ではおこなっていませんから、ご安心ください^^

話が長くなりましたが、一般的に出回る卵とは、一見同じ卵でも、全然違うといっても過言ではありません。
6個入り300円。ココだけの話、お買い得です♪

ここの所少しバタバタとしております。
RIMG1004.jpg
3年前からお借りしていた畑が、来年から太陽光発電になることが決まって、畑に植えてたものを移植、引っ越しさせたり。
RIMG1008.jpg
こっちが、引っ越し先。
当初、果樹園化計画を立てていましたが、急きょ変更。自給菜園となりました^^
色々考えた末に、畑は縮小しすることに。
足るを知るといいますか、野菜は自分たちで食べる自給程度の必要最低限でいいのかもしれない。
RIMG0998.jpg
四角豆収穫。
最初に収穫した時は、適期を逃してしまって、硬くなってしまった><
今度は、早めにワカサヤを狙って収穫。
RIMG0999.jpg
最後は、ほぼほぼ自給物のナスとインゲンの半熟卵サラダ。うまっ。
卵と野菜とお米が、自給できれば、人生最強!!

にほんブログ村
スポンサーサイト



ポップコーン、柿とかの収穫。

ここ最近のいろいろ。

ポップコーンがいい感じに!?枯れてきたので、収穫しました。
RIMG0935.jpg
去年に引き続き、2年目のポップコーン。
RIMG0938_20161021185626834.jpg
去年もそうだったけど、小さいサイズのものばっかり。何でかな~?
摘果もしてみたけど、たいしてなりは変わらず(沈)

ゴム手袋はめて、粒を落として、広げて乾燥させておきます。
RIMG0981.jpg
天気のいい日に、天日干し♪

中々できていなかった雑穀類も脱穀。
RIMG0958.jpg
これは、モチアワ。
数が少なかったので簡単に、手でしごいて脱穀。

他にも、ゴマや2回目に収穫した高キビなども脱穀。
RIMG0952.jpg
文明の利器、唐箕にかけて、選別していきます。
RIMG0961.jpg
モチアワは、不作に終わったので、食べずに来年の種分に><
もちキビや高キビは成功だったし、色々作っておけば、何かが失敗しても何かは成功するし、なんとかなる^^

鶏舎の前に植えてある1本の柿の木の収穫。
RIMG0972.jpg
段ボール箱いっぱいに。今年は豊作^^

鶏舎のまわりのマキの木に這わせてる、はやと瓜が実をつけ始めてきました。
RIMG0974.jpg
初収穫♪美味そ~
RIMG0970_20161021185750438.jpg
少し早めだけど、枝豆も初収穫♪
今年は、大豆が豊作の予感。

たまには、頂き物^^
RIMG0962.jpg
親父の釣ってきた魚のおすそ分け。タイやカワハギなど。

こないだ集めてきた流木を、玉切りして薪作ったり。
RIMG0939.jpg
これもウチでは大事な仕事。
この薪のおかげで、熱いお風呂にも入れるし、料理の煮炊きもできます^^
今時、薪生活(笑)ワイルドだろ~
熱源は、オール薪なので、ガス代ゼロ円。


水に漬けてたヒョウタンは、けっこうな匂いを醸し出してきていました。
なんせ臭いし、もうそろそろいいでしょうと判断。
樽の水をあけて、ヒョウタン磨いて、ヒョウタンの中の水も抜いてさらに乾燥。
RIMG0978_201610211857566da.jpg
綺麗な表面になりました♪匂いは、かなりの臭さでした><
RIMG0976.jpg
こっちは、水に漬けずに、自然乾燥してる方。徐々に、水が抜けていってます。
これはこれで、マダラの模様がイカシテル。 
そして、こちらの利点は、臭い匂いがしない所なのかもしれません^^

以前収穫して、保存してあった南瓜や冬瓜。
RIMG0940_20161021185629978.jpg
卵を出荷している直売所さんにも、南瓜、冬瓜の出荷始めました。
特に、飛騨南瓜(スクナ)は、大人気。順調に、売れております^^
有機栽培の南瓜、冬瓜にしては、かなりのお値打ち価格の販売となっております♪
RIMG0942.jpg
ろん農園の南瓜や冬瓜の目印にオレンジ色の【農薬、化学肥料を使わずに育てました】ラベルを貼ってあります。
直売所、松阪市ベルファーム、きっする黒部、三雲のみらい、玉城のゆずりは、お近くにお住いの方は、ぜひ。

最後は、実家の庭に咲いている金木犀。
RIMG0965.jpg
この時期いたるところで、金木犀がいっせいに花を咲かせていますね^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

秋晴れ&秋の収穫。

ここの所晴れ続き♪秋晴れといった感じですね^^
RIMG0920.jpg
天日干し日和~。
少し乾燥が甘かったので、2~3日地面に広げ、お米を乾燥させて仕上げました。
RIMG0917.jpg
お日様の力は、偉大。無事に、乾燥仕上がりました^^
乾燥度の確認は、もみ殻を外して、玄米を噛んで、カチッと音がする感じになれば、だいたいオッケー♪
RIMG0926.jpg
後は、袋詰めして、工場にある米庫へ収納。籾付きのまま保存して、食べる都度に籾摺りして食べています。
籾のまま保存した方が、悪くなりにくく、美味しいお米がいつでも食べられます^^
収量は、去年の1、5倍ほどにアップ^^よっしゃ!!
この間、籾摺りしたのを合わせて、殻も込みの重さですが、合計300キロ近くに~。
1年で、1番ほっとする瞬間ですね(笑)

自給自足の要、お米収穫!!
お米があれば、生きていけるんだぜ(笑)
RIMG0931.jpg
また、今日は紫のサツマイモを掘りました。
RIMG0923.jpg
収穫したサツマイモ、まずは五右衛門風呂の残りの熾きで、焼き芋に。
RIMG0924.jpg
アツアツのホッカホカ、美味し^^
RIMG0934.jpg
畑では、綿の実がはじけてきました。
RIMG0932.jpg
春まきのゴボウも収穫。大浦太ゴボウ。
RIMG0933.jpg
人参の間引き菜。
RIMG0927.jpg
ムカゴ。
今日は、ムカゴご飯を食べよう。

もう、すっかり秋ですね^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

無事、お米収穫!!

丸々1か月はさがけしていたお米ですが、ようやく脱穀できました♪
RIMG0866.jpg
この1か月、長かった~><
雨続きで、中々脱穀するタイミングが掴めず、雨が降るたびに、お米は大丈夫かと心配の1か月でした(泣)
RIMG0868.jpg
しかし、まったく発芽する様子もなく、カビたり特に悪くなることもなく、無事に脱穀できました(嬉)
はさがけしたお米の束も一カ月間1つも落ちることなく、奇跡的に台風直撃にも、耐えてくれました。
さんざん雨に打たれながらも、腐ることなく、芽を出すことなく、耐え忍んでくれたお米に感動です。
RIMG0869.jpg
去年の稲わらで、縛った束もほどけることなく、ちゃんと、はさがけできていました^^

雨にどれくらい耐えられるのか?そんな情報もあまり出回っていなく、この1か月間、不安の毎日でした。
というのも、はさがけしてる人自体が、圧倒的に少ないから、何しろ情報が少ない。
これだけ雨に打たれても、大丈夫だったという経験は、この先かなり自信になります^^
RIMG0872.jpg
去年よりも、収量は多そうな感じでした^^よっしゃ!!
手植え、手刈り、無農薬、天日干しの、いや、秋雨のド根性米でした(笑)

仲いいのやら?悪いのやら?(笑)
RIMG0889.jpg
左、ぢんちゃん(子)、右、あずちゃん(母)。

自然養鶏あるある。
RIMG0896.jpg
鶏舎の床が上がってきて、内開きの扉の開け閉めが、しにくくなってきたので、扉を短く調整しました。
RIMG0898.jpg
セルフビルドの鶏小屋は、使い勝手のいいように、ちょくちょく手直ししていきます。
一つに、卵屋さんといっても色んな仕事があります。

時折、肉の自給。
RIMG0914_20161009172651b15.jpg
これは、尻つつきという平飼い特有の悪癖が出た子を捕まえて、お肉にしました。
尻つつきも、自然養鶏あるあるの一つ。
尻つつきが出始めると、次から次へとお尻をつついて、大惨事となってしまいます。早め早めの対処が大事。

ただ今、薪ビンボー中。時折、薪集め。
RIMG0859.jpg
久々に、流木を集めてきました。
以前、河川事務所に問い合わせて確認しましたが、流木は自由に持って行っていいそうです^^特に許可もいりません。
(私有地はダメだと思うので、そこら辺は注意が必要です)
ボランティア!?環境美化運動兼ねての薪集め。
問題となっている大量の流木(ゴミ)も、見る人が見たら、宝(薪燃料)の山。
RIMG0860.jpg
ものの1時間もかからず、軽トラ一杯に。

カブは、田舎のオッちゃん仕様。
RIMG0862.jpg
田舎のオッちゃんあるある、荷台にコンテナ(笑)
RIMG0890.jpg
畑では、ローゼルが実りだしました♪
ガクを利用して、お茶にします。綺麗な赤色のお茶になります^^
RIMG0899.jpg
雨の日には、収穫して干してあったトウモロコシを粉にしたり。
RIMG0907.jpg
トウモロコシ粉を使ってのコーンブレッド。

生きるための仕事、日々、何気に色んな事やっております(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

新米!!

この間ハーベスタで脱穀してあったお米ですが、試しに、籾摺りして食べてみることに♪
まだ乾燥は少し甘いですが、心配ばっかりしててもしゃーないし、いっぺん食べてみよう。
RIMG0847.jpg
まずは、ミニダップ。
お米の殻を外してくれる、便利な機械です。
RIMG0849.jpg
次に、石抜き機。
これは、いらなくなった農家さんからの頂き物。これも便利な機械です^^

去年もそうだったけど、手刈り、はさがけしたお米は、ほとんど石が混ざってない。
けど、そんなに時間かからないので、念のため、機械に通しておきます。
RIMG0851.jpg
こんな感じに♪上等でしょう^^
乾燥度甘いし、雨にもかなり降られたし、質は悪いんじゃね!?と心配してたけども、まったく問題なし(笑)
何でもやってみないとわからないものですね~。一安心、ほっ。

たぶん売り物にするための基準というのは、よっぽど高くできてるんだろう。
建築の基準でもそうだけど、売り物にする物は、よっぽどの強度になるように設計されてたりするのと同じようなもんなんかな?
自分たちで食べる分には、ちょっとぐらい甘くても、本人がオッケーなら、それでオッケー。上等です^^

色んな人にお米、大丈夫なんか?と心配されますが、ひとまず脱穀した分は、まったく問題なさそうです^^
後は、まだはさがけ中のお米ですが、次の晴れ間に脱穀予定です。

まずは、玄米でご飯を炊いて頂くことにしました。
RIMG0852.jpg
お米はいつも圧力釜で♪
玄米は圧力釜で炊くと、柔らかく美味しく炊けます。
白米に比べ、水多め、圧の時間は長めにするのがポイントです。
RIMG0855_2016100517413851d.jpg
炊きあがった~。いい感じ。
RIMG0858.jpg
今年の秋口から産み始めているピチピチの初卵で、TKG。美味し!!

ろん農園の自然卵に、無農薬、天日干しの有機米。
というか、台風直撃の雨にも風にも耐えたド根性米でした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター