FC2ブログ

レッツDIY。

DIYでこしらえた鶏舎は、完璧ではないので、時折改善しながらとなります。
今回の改良点は、ここ。
RIMG1910_201701311709302cd.jpg
産卵箱の中に入る踊り場の先端のわずかの隙間。
この隙間に、鶏の足先が引っかかって宙ぶらりんに。なんて事が、今朝ありました。
身動き取れずに、悲鳴を上げてました><そうなると、突かれる格好の的。
たまたま偶然やろうけど、一度あることは、2度あるかもしれへん。

という事で、早速改善。
RIMG1911.jpg
おなじ厚さのベニヤ板を当てがって、補修完成。
これで、引っかかって宙ぶらりんなんて事は、おこりません^^

ちなみに、このアタッチメントは、産卵箱を蓋できる仕様になっております。
RIMG1912.jpg
閉めるとこんな感じに。
RIMG1913.jpg
鶏さんが、日々安心して暮らせるよう色々と気を配ります^^
皆、元気に育っております♪

他にも、チョクチョク補修仕事が、ありました。
セルフビルドの家は、自分で直していきます。
これは、我が家のトイレの水洗レバー。冬の凍結で壊れたみたいで、水漏れしてきたので新しいのにとっかえました。
RIMG1888.jpg
ビフォー。
RIMG1907.jpg
アフター。
今度は、割れないように丈夫そうな金属製のものに。
RIMG1896.jpg
ちなみに、この水は、北側の雨水タンクから♪
満タンで200L。主にトイレ、鉢植えの水やりにと活用しています。
RIMG1908.jpg
樹脂ハンマーが壊れたので、直してみたり。
RIMG1922.jpg
そこら辺に転がっている手ごろな木を削って、
RIMG1926.jpg
はめ込んでみました。
壊れたら→買う。ではなく、
壊れたら、まず、直すにチャレンジ。
やってみれば、案外直せるもんです(笑)レッツ、DIY。
RIMG1886.jpg
看板彫刻もボチボチ進めています^^
RIMG1877.jpg
今年も見つけました!!
最後は、モズのはやにえ。

にほんブログ村
スポンサーサイト



看板、棚、肉の自給とか。

畑仕事や野菜仕事も落ち着いてきた冬は、手作りの季節です。
1月のDIYの様子を紹介します。

作業の合間を見計らって、看板製作にとりかかっています。
RIMG1796.jpg
使う材料は、以前薪用に木材をもらってきた時に、これはいつか何かに使えるかも?と、燃やさずにとっておいた頂き物の板。
この板を使って、看板を作ってみようと思います。

実家の工場に持っていって、作業開始。
まずは、適当な長さに切って、
RIMG1799.jpg
サンダーでツルツルに磨いていきます♪
RIMG1818.jpg
最近、新しい子猫ちゃんが工場に居ついております。
少しづつ、なれてきたようで、猫じゃらしに無我夢中^^
どうやら実家で飼うことに、なりそうです(笑)
RIMG1830.jpg
筆ペンで、コピー用紙に下書きし、糊ではっつけておきます。
RIMG1872.jpg
よ~く乾いたら、ジッチャンの形見の電動彫刻刀でブイ~ンとホリホリ。
1文字に、だいたい30分くらい。
何気に看板製作も回数重ねています。これで、5つ目くらいかな^^
現在、製作中。

愛車のスーパーカブのオイル交換したりもしました。
RIMG1756.jpg
ついついオイル交換忘れてしまって、いつも不調になってから、オイル交換という流れのろん氏です。
RIMG1758.jpg
漏斗がなかったので、プラスチックのファイルで代用(笑)
オイル交換もやってみれば、何のことはなく簡単にできます。
ボルトを外して、オイル抜いて、ボルト止めて適量のオイルを入れるといった簡単な作業。

この間尻ツツキで隔離コンテナをいくつか新調したので、それ用の収納棚を作りました。
RIMG1759.jpg
ビフォー。
RIMG1856.jpg
アフター。

今は尻ツツキも落ち着き、ケガしてた子もほぼほぼ回復し、一安心といった感じです^^

尻ツツキの犯人は、心を鬼にして、肉にしてしまいました。
嘴は焼き切らないのに、首はちょん切るのかい、ってツッコミはなしで(笑)

75℃のお湯につけて、脱羽してから、捌いていきます。
RIMG1780_201701261820039c4.jpg
ビフォー。
RIMG1784_201701261820566df.jpg
アフター。

お米や野菜が自給できて、肉も自給できれば、リアルに自給自足できます♪
最近スーパーで、全然買い物してないな~(笑)
RIMG1820.jpg
お昼は、ウチで定番の炒飯。
この日は、畑で採れたての高菜を使った高菜チャーハン。
RIMG1791.jpg
自家製沢庵も中々いい感じ。
RIMG1829.jpg
冬場は、自家製酵母パンづくりも進みます♪ココアパン。

1月23日は、今年初の本格的な積雪でした。
RIMG1840.jpg
リアルに雪見障子に^^
RIMG1842.jpg
翌朝は、一面真っ白に。朝の鶏舎付近にてパチリ。
RIMG1848.jpg
ろん農園はというと、こんな感じに^^

これからの時期は、麹や味噌などの発酵食を手作りする予定です。
まだまだ、やることはいっぱい。

こんな生活がいいな~と妄想しながらも、悩みに悩んだ20代後半。
30を目前に、実際に動き始め、現場で感じ、心を決めて、自分で自給自足的な手作りライフを始めて早4年目。
やってきてみた感想としては、やっぱりこれでよかったんだな~と。
実際にやってみれば、結構できちゃうんだな~と。
4年前に妄想してた以上に今、なってきちゃってる。

こうしなきゃいけない。ああしなきゃいけない。そんなものは、ほとんどが幻想で(笑)
これからも、一般常識に惑わされず、自分の価値観、直感を信じて、とことん邁進していこう。

にほんブログ村

猪肉&スッポン&トウモロコシ粉とか。

先日、農園から自転車で2分の裏山で、『猪獲ったど~』との、情報を聞きつけて野次馬!?に行ってきました♪
2.jpg
ちょうど山からロープで引きづり降ろしてきたところでした。
山の猟師さんワイルド~><
ご近所さんに、猟師さんを紹介してもらった僕でした。

猟師さん『レバー食えるか?』
僕『レ、レバー食べられます!!』
RIMG1775.jpg
次の日に、レバーとハツが届きました。うひゃー。(感動)
RIMG1788.jpg
レバーは甘辛煮に^^
RIMG1776.jpg
軽トラに猪を乗っけるのを少し手伝っただけだったのにも関わらず、お肉まで分けて頂いちゃいました。
よっしゃー、猪鍋じゃ♪
RIMG1826.jpg
ここぞとばかりに、畑から野菜を大収穫。
手前から、大根、人参、ネギ、ゴボウ、白菜、水菜、スイスチャード。
RIMG1834.jpg
野菜は、あらかた自給できているので、猪肉が入って、超贅沢に^^うまっ。
鍋は、三日続きました(笑)

大豆などの選別も終わり、最後の選別。トウモロコシ。
RIMG1831.jpg
フルイにかけたり、目で見て手で、よったりと地味な選別。
冬の豆豆しい、自給仕事です。
計15キロ近く選別終了しました♪

んで、早速製粉してみました。
RIMG1850.jpg
手前から、1番粉、2番粉、3番粉、4番粉。
段々白い粉から、黄色っぽく、荒くなっていきます。
RIMG1852.jpg
猪鍋のしめに、トウモロコシ粉を水で練って、水団風に^^
猪鍋に、トウモロコシ団子、レアな組み合わせになりました(笑)
RIMG1854.jpg
また自家製のアズキで、トウモロコシ団子ぜんざいにしたり^^

また猟師さんに、すっぽん鍋に誘っていただきました。
RIMG1869.jpg
頭は、僕が頂きました。
もちろん猟師さん自ら獲ったスッポンちゃん。何でもスッポンは夏に獲って、冷凍して冬に食べるんだとか。
スッポン鍋美味しかった~、ビックリ!!
畑の野菜+山や川からも自給できれば、最強だな~、なんて妄想も膨らみます(笑)

話は変わりますが、ウチの自家製調味料が一つ増えました。
昨年から仕込んでいた、味醂が出来上がってきました。
RIMG1793.jpg
原料は、自家製の米麹に、モチ米と米焼酎の3種。
ちょうど丸1年。
RIMG1794.jpg
さらしで、濾して、搾り取るとこんな感じに。
RIMG1860.jpg
今年も柚餅子仕込んでます。一見、逆さにしたてるてる坊主のよう(笑)
柚子の中に味噌を詰めて、蒸したものをぶら下げておきます。
12月に仕込んでから、1か月ちょい。
RIMG1862.jpg
本日、試し食べ。んん、柚子の香りがたまりませんね^^
味噌が基本なので、保存性もいいし、吊るしてる間に水分が抜けていって、徐々に食感も変わっていき、長期間楽しめる手作り食品です。

ここの所寒い日が、続いていますが、自然は早くも春の兆しが見え始めています。
RIMG1771.jpg
ふきのとう。
RIMG1753.jpg
小梅の花もごくわずかですが、咲き始めています。

にほんブログ村

大豆選別&尻ツツキ。

冬のマメな自給仕事、大豆の選別作業。
RIMG1710.jpg
まずは、粗目のフルイにかけて、小さい大豆や小さい枝クズなどを省いていきます。
RIMG1712.jpg
落ちたクズ大豆は、こんな感じに。
RIMG1714.jpg
フルイに残った大豆を今度は目で見て、悪い大豆や枝クズなどを手で選別していきます。
地味な仕事~。
RIMG1716.jpg
省いた大豆は、こんな感じです。

基本的には、自分達で食べる用なので、選別はほどほどに^^
少しくらい色がついてたり、欠けてたり、小さかろうが、自分たちが食べる分には全然問題ありません♪
RIMG1715.jpg
選別し終わるとこんな感じに。
大豆30キロ、選別終了~。

農薬化学肥料を使わずに、天日干し、オール手作業での貴重な大豆さん達です^^
今年は、自分たちで食べる分以上に収穫できたので、販売も考えています。
RIMG1726.jpg
昨年の夏に収穫して、干して保存してあったトウモロコシを脱粒しました。
RIMG1727.jpg
ゴム手袋はめて、手でポリポリしたり、木でゴリゴリしたり。
全部で、15キロくらいありました^^

唐箕で、ざっとゴミを飛ばすと、
RIMG1739.jpg
こんな感じに。
このトウモロコシは、粉にしてから食べたりします。

つい先日、鶏に尻ツツキが勃発しました。
これが出だすと、鶏同士が、お尻を突いて、流血が続いたりと、中々厄介><
ちょうど大寒波&強風が吹き続けていた時に、ストレスがかかったのか?急に、お尻を突きだし始めました(泣)
RIMG1733.jpg
お尻から、血が出だすと、皆から突かれて、最悪の場合死んでしまいます。
そうなる前に、ケガした子は隔離して、回復させてあげます。

以前は、上の写真のようにコンテナをひっくり返して隔離していましたが、少し管理がしにくかったので、新たに隔離コンテナを作成しました。
RIMG1734.jpg
こんな感じに。
RIMG1735.jpg
中には、鶏舎の床材を敷いてやって、なるべく同じような環境にしてあげます。
ケガが回復するまで、もうしばらくの間、少し狭いけど我慢してね。

尻ツツキ対策として、一般的には鶏のクチバシを焼き切る方法がとられているそうですが、僕には中々できません><
なるべくストレスを減らして、しっかり管理して、尻ツツキが出にくい環境を整えてやれば、抑えられるはず。

最後は、ウチの手作り食を少し紹介します。
RIMG1740.jpg
漬け始めて約4週間になる沢庵を試し出し。
漬かり具合は浅めだけど、中々美味しい^^
RIMG1751.jpg
干し柿は、早くも最後の一個に。
白い粉がふいていい感じに。今年は干し柿、大成功^^

最後は、嫁作の自家製酵母パン。
RIMG1747.jpg
小麦粉を継いで、継いで、パン生地の一部を次回のパン種にするという、手法で作っています。
この方法なら、イーストなり天然酵母なりを使うのは、最初の一回だけで、あとは小麦粉を足しながら、パン種を育てていけます^^
(詳しくは、林弘子さん著のパン作りの本で。)

自家製酵母パン、美味し。

にほんブログ村

鉄板溝板作成&お米の籾摺り、精米。

農園の入り口際の排水溝に蓋を作成しました。
今まで、軽でギリギリ入れるくらいだったのが、これが完成すれば、乗用車でも駐車可能になるのではと思い立ちました。

なるべく買わずに、あるもので何とか仕上げるのが僕のモットー^^
実家の工場の前に転がっている鉄板を利用することに。
RIMG1689.jpg
最初は、長いまま使おうかと考えたのだけど、メチャンコ重たくて断念。
この分厚い鉄板、小さなグラインダーで切れるんか!?ん~わからん、いっちょやってみっか。
RIMG1688.jpg
時間はかかるけど、少しずつ切れていく♪なんでもやってみな、わからんもんやな~。
なんせ素人なんで、いつもぶっつけ本番(笑)

無事切断できて、次は穴空け。
果たして分厚い鉄板にドリルで穴が空くのか!?
RIMG1690.jpg
空きました。
6ミリ、10ミリと2回に分けて穴を空けてみました。
RIMG1693.jpg
裏に角材を当てがって、ボルトで止めて、ズレ防止&補強してみました。
これを排水溝にセット。
RIMG1698.jpg
手前が少し高いようで、微妙、、、
道路側は、わずかに坂になってたりしてて微調整が必要。
手前側を削ることに。
RIMG1699.jpg
ディスクグラインダーの刃をダイアモンドカッターに変えれば、コンクリも切断できます^^
小さな機械でも、鉄板もコンクリも切断できる便利な機械♪
RIMG1707.jpg
完璧を求めればもう少し削りたい所だけど、ほどほどで良しとします。完成♪
これで、車の出入りも楽ちんに^^

昨日は、お米の籾摺りや精米をしてきました。
お米は籾保存。つまりは、もみ殻がついた状態で保存しています。
RIMG1700.jpg
小型の籾摺り機ミニダップで、もみ殻を飛ばしていきます。
食べる直前に籾摺りして食べるのが、お米の保存状態や鮮度は一番いいように思います。
RIMG1703.jpg
一瞬でもみ殻を飛ばして、玄米に仕上げてくれる便利な機械です。
2回通せば、ほぼほぼ殻は綺麗にとれます^^こんな感じに。
この次に、石抜き機を通して、石を除いてから、循環式精米機に。
RIMG1705.jpg
ウチでは、玄米7割に、白米3割くらいと同じお米でも2種類食べ分けています。
玄米で食べる場合も、圧をかけずに少し通してゴミや砕米などを飛ばしてやります。
RIMG1706.jpg
また、白米にするといっても、6分づきくらい。精米はほどほどがいいように思います。
ウチでは、お米を籾摺り精米するのも大事な生きるための仕事。オール自家用のお米です^^
RIMG1677.jpg
究極を言えば、お米があって、水があって、薪があれば、生きていけるんだな(笑)
RIMG1681.jpg
冬の自給仕事といえば、豆の選別があります。黒豆、チビ黒豆と選別終了♪
割れたのや欠けたのやカビたのなどを地味に手で省いていく、マメな仕事です(笑)
ただいま大豆の選別に、奮闘中。
RIMG1686.jpg
小麦も順調に成長中。2回目の麦踏したり。
RIMG1683.jpg
干し柿がちょうど食べ頃。
今年は、一個もカビさせることなく大成功♪
干し柿美味し。

にほんブログ村

お正月も変わらず、自給ライフ。

あけましておめでとうございます!!
RIMG1641.jpg
元旦は早朝から、伊勢神宮に初詣に行ってきました。
日の出待ちしてたわけでもなかったのに、外宮さん内宮さんとお参りしての帰り際、ジャストタイミングで、正面の鳥居から朝日が昇り始めました♪偶然の一致^^今年も、自分含め皆様にとって、よい一年になりますように~
RIMG1660.jpg
本年もどうぞよろしくお願い致します。
RIMG1665.jpg
最近は、どこかに出かけては、ケンカして傷を負って帰ってくるぢん君。顔中すり傷だらけ><
前足はびっこひいて歩いてたり、、、

そういや、僕も若いころは空手の試合に出ては、ボロボロになって帰ってきて、足を引きづって歩いてたな~(笑)
前歯が折れた事もあったっけ、、、修斗時代は、鼻が曲がった事もあったし、胸骨が折れた事もあったな、ははは
男は、傷を負うごとに強くなっていくんだな(笑)
RIMG1648.jpg
お正月という事で、お節食ったり、
RIMG1652.jpg
モチ食ったり。
伸し餅もうまいことできてました^^

正月とはいえ、自給ライフは、そんなに変わりはしません(笑)
RIMG1645.jpg
大豆を乾燥させたり、
RIMG1647.jpg
こっちは、黒豆。
黒豆もまあまあの出来。いい感じに収穫できました。

薪集めにいったり、
RIMG1670.jpg
前回と同じく、とある流木配布所へ。
少し湿気てるので、早めに集めておいて、乾燥を促します。
RIMG1673.jpg
玉切りしたりと、あまりいつもと変わらない正月(笑)

また鶏さんは、暮れも正月も関係なく卵を、産んでくれます。
RIMG1655_201701042122030ba.jpg
お正月は、取引先のお店が休みになったりと卵の在庫が若干余り気味。
そういえばこないだは、ブログ見てくれてる方が、卵買いに来てくれたり^^
ふらっと、農園に卵を買いに来てくれる方も歓迎中です。
(午後はだいたい農園にいますが、午前中は出荷や作業で出ている場合もあります。)
RIMG1654.jpg
先月の電気代の請求書が届きました。
なんと、1200円台に!!LED効果抜群。
安っ。

最後は、少し畑の様子を紹介します。
RIMG1657.jpg
ターサイ。

一つの農法にとらわれるわけじゃなくて、いろんな農法を参考に栽培しております。
僕がやっている栽培は、自然農と有機農をちょうどミックスしたような感じに落ち着いてます。
RIMG1656.jpg
ホウレンソウ。
草と共に育っているのが、心地いい。

にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター