FC2ブログ

豆があれば、食は豊かに。

昨年は、大豆が沢山穫れました♪
RIMG1715.jpg
大豆は、保存も効くし、色んなものに加工もでき、食が豊かになります^^貴重な畑のタンパク質。
RIMG2268.jpg
普通に煮豆にしたりは、もちろんの事、ウチではよく豆乳を作ったりしています。
RIMG2270.jpg
絞ったカスは、オカラ^^
RIMG2263.jpg
オカラケーキもうちの定番おやつ♪
RIMG2269.jpg
あんこは、農園で収穫した小豆を使っての自家製あんこ。
RIMG2272.jpg
ブレイクタイムは、豆乳珈琲で、ほっと一息^^

保存のきく豆類は、自給ライフの強い味方です。

最近斧の調子が悪く、時折頭が外れてきます(危っ)
RIMG2255.jpg
何年も使ってると、少しずつ緩くなってきちゃうようです。
最初は、新しい柄を買ってきて取り換えようかと考えたけど、、、、

ん、そうか。短くしたらいいんじゃね!?
RIMG2256.jpg
やってみよ~。
RIMG2258.jpg
後は、カンナで微調整してっと、
RIMG2259.jpg
もう少し頭を打ち込みたい所だけど、まあ使えそうなので良しとします。完成。

保存野菜の紹介。
RIMG2261_20170228201834e8a.jpg
スクナカボチャ、東京南瓜、日向南瓜、冬瓜。
腐らずに、生き残った強者共です(笑)
2月暮れまで、保存できれば、上等でしょう^^
RIMG2250.jpg
ナス科などの種まきしました。
左から、ごっちゃんなす、伊勢ピー、シシトウ、唐辛子、キャベツ、ブロッコリー、赤紫蘇、食用ホオズキ、大玉トマト、ミニトマト、アケビ、ブドウなど。ブロッコリー以外は、オール自家採種♪

アケビやブドウは、食べた残りの種をとっておいたもの(笑)遊び半分、出たらラッキー^^
他にも、ポットに色んな果実の種をこっそり蒔いてあります。
リンゴ、ブドウ、モモ、八朔、サクランボ、ドングリ、柿、、、、
RIMG2252.jpg
軽く覆土して、鎮圧して、十分に水をあげたら、新聞紙をかぶせて、踏み込み温床に並べていきます。
無事発芽しますように~。
RIMG2254.jpg
一発目に蒔いたレタスの種は、無事発芽しました。
この瞬間たまりませんね。

自分で採取した種が、無事に発芽する瞬間、萌え~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



奥深き発酵の世界。

RIMG2109.jpg
踏み込み温床は、一度50度超えて、
RIMG2095.jpg
今現在40度前後まで、下がってきた所です。
微生物の発酵の力は、すごいですね。特別な微生物資材は何も使っていませんが、米ぬかや鶏糞に入っている自然の微生物が働いて発酵を進めてくれます^^
そろそろ種まきしてもいい頃でしょうか。ナス科などの種まきが始まります♪
今年もやるぞ~。

発酵といえば、自家配合してる鶏の飼料も発酵させてから与えています。
RIMG2245.jpg
冬場でも、この通り♪
冬場は気温が低いので、微生物をうまく活かすには少しコツがいりますが、いい感じにホコホコになっております^^

自家製酵母パンも発酵の力を借りて、パンを膨らませます。
RIMG2248.jpg
パンの場合は、酵母菌が発熱するんでなく、酵母菌が活動しやすい温度と環境をととのえてあげると、活動してくれる。
もう、半年くらい自家製酵母菌を継ぎ足し継ぎ足し、育てています♪
この方法なら、一番最初だけ、酵母菌を入れるだけで、
後は小麦粉や水や砂糖など酵母が活動しやすいよう環境を整えてあげれば、永遠に使い続けていけます^^
上の写真は、2次発酵後の焼成前の状態。
自家製卵をといたものをたっぷりぬって、仕上げたようです。
RIMG2249.jpg
焼き上がりはこんな感じに。
酵母菌、見えない微生物の働きによって、プクプクと発酵し、美味しいパンへと姿を変えてくれるのです。
奥深き発酵の世界。

この前少し紹介した小さい春菊。
このままでは、完全に草に負けてしまうので、除草しました(遅っ)
RIMG2125.jpg
ビフォー。
RIMG2232.jpg
アフター。

狭いところは、間引きしてやり、条間を綺麗に!?除草。
RIMG2233.jpg
刈り取った草は、翌日の鶏のエサにします♪
RIMG2235.jpg
草を刈り取った後は、鶏糞堆肥を一掴みずつ補ってあげます。
刈り取った畑の草は、鶏さんが食べて、糞となって、鶏舎の床材と混ざって堆肥となり、また畑に還ってくるという循環^^
RIMG2230.jpg
間引いた春菊は、こんな感じに。
売り物としたら、小さくって笑われそうですが、自分で食べる分には、全然問題ナッシング。
美味しくいただきました^^
RIMG2237.jpg
また、果樹の移植をしたり。
RIMG2239_20170226180545e03.jpg
夏ミカン(奥)とナツメ(手前)を鶏舎の前に移植しました。
もともとスモールハウスがある敷地に植えてたのですが、果樹から野菜ものに変更のため。
RIMG2247.jpg
畑の大根は、ボチボチすが入ってくるかもしれないので、収穫して切干大根にしたり。
RIMG2242.jpg
畑に埋めて保存していた里芋を掘り返してみました。
全然腐る様子もなく保存成功。
RIMG2241.jpg
菊芋ちゃんもバッチリ。
菊芋は片栗粉をまぶして、素揚げにして美味しくいただきました^^
RIMG2240.jpg
土間でもみ殻を入れた段ボールに保存してた宇宙芋は、中がぐちゅっとしてきてて、壊滅的な状況でした(沈)
去年は、新聞紙でくるんで、発砲スチロールに入れて、室内に保存してたらバッチリやったんやけど、今年はズボラに保存してたら、こんなことに><もったいない事してしもた。
同じく土間で、種用に、発砲スチロールに土を入れて保存してたものも、どうもダメっぽい(撃沈)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

畑や田んぼもボチボチと。

こう見えても玉ねぎが植わっております。
このままでは、草に負けてしまうので、除草します。
RIMG2193.jpg
ビフォー。
RIMG2195.jpg
アフター。
RIMG2194.jpg
ニンニクも草取り。
鎌を忘れたのもあるけど、除草は素手で(笑)
RIMG2196.jpg
鶏糞を追肥。大きくなれよ~♪
RIMG2197.jpg
田んぼにも鶏糞まき。元肥です。
人間が作物を育てて、作物を搾取し続けると、地力が弱くなってくるので、持ち出した分(お米)+αくらいを補うようにしています。
RIMG2200.jpg
鶏糞をまいたら、トラクターで耕し。
イソヒヨドリがトラクターの周りをウロチョロして何やら虫を捕まえては食べていました。
トラクターと鳥の相性は結構いいのです♪

こう見えても、昔は大きな農業会社で大型トラクターを、乗り回していた時代もありました(笑)
けどもやっぱり、僕は小さなトラクターで、小さく耕すこっちの農の方が性にあってるな~。
RIMG2216.jpg
餌づくり場に、棚を増設しました。
日々、使い勝手のいいようにバージョンアップ。
RIMG2203.jpg
柿酢は、結局2瓶満タンに絞りとれました^^
RIMG2209.jpg
ちなみにこれは、1年前の物。
熟成が進むと黒っぽくなってくるんですね。
RIMG2211.jpg
南瓜や冬瓜は、腐らずに残っているものもあって、まだ食べています。
食べ終わったものの種は洗って干して、今年の種用に♪

珍しい来客がありました。
RIMG2204.jpg
昼寝してて、目を覚ましたら目の前にいるもんだから、ちょっとビツクリしました(笑)
モズやツグミなどは、庭でよく見かけてたけど、今度はキジの雄ちゃんでした。
RIMG2210.jpg
ここの所、自家製酵母パンをよく焼いています(嫁)。
RIMG2212.jpg
焼きたて。
ここ最近で、一番の出来。
RIMG2214.jpg
たまには朝食に、パンもいいもんです。美味し。
RIMG2227.jpg
鶏舎の前のフキのトウは、トウがだんだん高くなり、フキの葉っぱも出始めてきました。
春もだんだん近づいてきているようです^^

にほんブログ村

柿酢&トラクタ置き場。

昨年の秋に仕込んだ柿酢が、いい感じに仕上がってきました♪
RIMG2151.jpg
スプンですくって舐めてみると、ちゃんと酢になっておるではないか。成功^^
RIMG2150.jpg
うっすらと白い膜がはっております。
これは、酢酸菌が活動してくれた証拠です。
去年は、この白い層が分厚く仕上がったけど、今年は、軽くまくがはる程度に。
RIMG2153.jpg
ザルで、大雑把に濾していきます。
RIMG2174.jpg
そのまま2~3日置いておくと、こんな感じに。
水分(柿酢)が、自然と落ちてくれます。
RIMG2176.jpg
とりあえず、1瓶ゲット。
冷暗所に保管して、さらに熟成を進めていきます。
原材料は、シンプルに柿のみ。
自家製調味料の自給。柿酢が出来上がりました。


もういっちょ、自家製調味料の自給。
唐辛子粉を作りました。もちろん、農園で育てた唐辛子で♪
RIMG2156.jpg
作業中に、目や鼻、手と粉が舞って、えらい目に合うと噂を聞いていたので、厳重にマスクに、ゴーグル姿で(笑)
最初は、ゴム手もしてたんだけど、途中から素手での挑戦。
僕の手は、若干一般人より、指の皮が厚いからか?特に異常は、ありませんでした。
RIMG2159.jpg
これから、キムチの仕込みや調理のスパイスにと使う予定です^^一味唐辛子の自給。
RIMG2187.jpg
昨日の夕方、2~3時間の雨で、雨水タンクは満タンに。
残量ゲージができたので、水量の確認が一目瞭然^^数時間降っただけでも、100Lくらいはすぐに溜まるみたい。

トラクター置き場の建設に取り掛かりました。
が、その前に、まずトラクターのバッテリーを充電。
RIMG2161.jpg
こないだから、バッテリー上がりで、バッテリーケーブルで車と繋いでエンジンかけてたんだけど、
バイク用に買ってあったバッテリー充電器があることに気づく。
ふむふむどうやら、軽自動車くらいのバッテリなら充電できるらしい。
RIMG2162.jpg
バッチリ充電できました。一発^^
RIMG2164.jpg
ここに、トラクター置き場を作ります。
RIMG2167.jpg
考えに考えた末に、今回の柱は一本のみ。
根元を焦がして、掘っ建て式にします。
RIMG2166.jpg
スコップで、70センチほど穴を掘ったら、少し砂利を入れて、柱を立てていきます。
RIMG2168.jpg
この杭は、地面に斜めに打ち込んで、筋交い(アンカー)にする予定。

だいぶ端折りますが、、、
RIMG2182.jpg
こんな感じに。
RIMG2188.jpg
斜めの杭は、こんな感じ。
RIMG2184.jpg
連結した自転車置き場の筋交いや下の材がトラクターを入れるのに少し邪魔だったので、
RIMG2186.jpg
こうなりました。
トラクター置き場完成。
RIMG2180.jpg
僕が作業してる間、猫のアズちゃんは、小梅の木の下で、昼寝&お花見中でした。

にほんブログ村

2月の野菜イロイロ。

2月の畑の様子を紹介したいと思います。
まずは、春菊。
RIMG2125.jpg
こう見えても春菊が植わっております。
完全に草生栽培、自然栽培!?
中々大きくならない春菊さんです(笑)
RIMG2126.jpg
これは、高菜。
こっちは順調に成長してて、かなり大きな葉っぱに育っています。
冬場に高菜は、重宝します^^
RIMG2127.jpg
これは、ナバナ。
蕾がつきかけてきた若いものを利用します。少しずつ菜花も出始めています。
RIMG2128.jpg
白菜も順調♪
RIMG2130.jpg
これは、両サイド赤かぶの間にキャベツが植わっています。
赤かぶ順調、キャベツはまだまだ。ちゃんと結球するかな~。
RIMG2131.jpg
これは、ターサイ。
RIMG2132.jpg
手前、ホウレンソウ、奥、スイスチャード。
RIMG2133.jpg
これは、小松菜。
自家採種した種で、育てたんだけど、だいぶ交雑してるみたいで、形色々(笑)
RIMG2134.jpg
絹さやは、まだまだこれから、大きくなります。
RIMG2135_20170218194421d4d.jpg
人参も順調に育っています。
普通のオレンジのニンジンに、紫、黄のニンジンあり。
RIMG2143.jpg
土に埋めて保存してた大根は、活着して葉っぱが、元気になってきました。
いくつかは、このままほっといて、種とり用にしよう♪
RIMG2145.jpg
現在、ブドウの棚製作中。
ブドウの木が2本植えてあります。

左側に見える大梅の花も少し咲き始めてきています^^
RIMG2111.jpg
毎年、小梅が先に咲いて、その次に大梅。
春が、だんだんと近づいてきていますね。
RIMG2109.jpg
踏み込み温床は、順調に温度が上がってきています。
RIMG2120.jpg
現在、さすらいの旅猫、ぢんちゃん。

こないだから、出していた鶏糞は、
RIMG2139.jpg
ドーンと40体確保。
田んぼや畑の肥料の自給。
良質な鶏糞堆肥が、ほんのり甘くて美味しい野菜、お米を作る手助けをしてくれます。

田んぼの準備もボチボチと。
RIMG2146.jpg
トラクターを持ってきました。
実家の工場にしまってたんだけど、移動が大変なので、農園に置き場を作ることにしました。
空いていた場所にピッタリとトラクターが収まりました。偶然の一致^^
近々ここに、屋根をつけて、簡易の車庫にする予定。
RIMG2148.jpg
最後は、我が家の自慢の五右衛門風呂。
自分で施工した五右衛門風呂で、自分で掘った井戸水で、毎晩ホッカホカの五右衛門風呂に入っています♪

ここで、少しウチの井戸事情を紹介します。
現在使っている井戸の帯水量は、限られていて一気に使える綺麗な水は170L前後。
なので、お風呂に水を使うのが、ぎりぎりセーフなくらいの帯水量です。一晩たつとまた水は湧いて溜まってきます。
使いすぎた場合どうなるかというと、と少しずつ濁ってきます。。。。

普段使い過ぎないように注意していたら、問題はないのですが、できればもう少し余裕をもって使いたい所。
この解決策として、新たに大きな井戸掘りをしようかと密か計画しております(笑)
手堀の掘り抜き井戸、60センチ径。
この井戸が成功すれば、帯水量は600~700L確保できます。

いつかやるぞ~。

にほんブログ村

THE 踏み込み温床。

2月13日、踏み込み温床を作成しました。
まずは、材料集めから。
踏み込み温床というと、一般的には落ち葉を使ったりする事が多いのですが、ろん農園では畑で集めておいた枯草等を使ってやっています。
RIMG2053.jpg
自分所の畑で、出てきたものを利用して、あるものを無駄なく有効活用♪
RIMG2054.jpg
他の所にも、枯草や野菜の枯れ枝など、
RIMG2055.jpg
これは、豆殻の山も、
RIMG2056_20170215185703640.jpg
それに、鶏糞や
RIMG2057.jpg
米ぬか、
RIMG2058.jpg
雨水タンクから、雨水を使って水分を加えていきます。

雨水タンクは、改良して残量ゲージを付け加えました♪
RIMG2099.jpg
残りの水量が一目瞭然に^^雨が降るのが、楽しみです(笑)
RIMG2059.jpg
これらの材料をサンドイッチしながら、何層も何層も、踏み込んでいきます。
RIMG2062.jpg
だいたい枠いっぱいになってきました。
RIMG2091.jpg
稲わらが残っていたので、押切で刻んで最後の仕上げに入れてあげました。
RIMG2092.jpg
踏み込み温床、完成!!
後は、温度が上がってくるのを待ちます。
RIMG2095.jpg
今日で仕込んでから3日目、もう温度上がってきてます。
RIMG2064.jpg
温床とは関係ないけど、レタスの種まきをしました。
今年1っ発目の種まき。今年も野菜作り始まるぞ~。

たまには、メシネタ。本日のランチ。
RIMG2101_20170215185850855.jpg
鶏肉&鹿肉入りオムカレー。
RIMG2104.jpg
頂き物のミカンを使っての自家製ドレッシングをかけて。
カブの塩もみ、カリカリベーコン入り、レタスサラダ。
RIMG2073.jpg
最近、旅に出ることを覚えたぢんちゃん。
こないだは、丸2日間帰ってこず。
ケンカを覚えた次は、旅に出始めました。
旅にでると、その間ご飯にありつけないので、最近痩せ気味のぢんちゃん><
RIMG2081.jpg
心配したのか、これでも食って、元気だせよと、母猫のアズちゃんがスズメを獲ってきました。
RIMG2086.jpg
その数時間後、今度はネズミを獲ってきました。アズちゃんの狩り能力の高さにはいつも驚かされます。
とても飼い猫とは、思えませんね(笑)
結局、ネズミもぢんちゃんが、ペロッと食べてしまいました。
RIMG2071.jpg
ただいま、ウチの庭には、二羽鶏を飼っています。
全部引っ越ししちゃうと少し寂しいので、、、
RIMG2107.jpg
また、今日は、田んぼにまく予定の鶏糞出し。
とりあえず、30体ほど取り出しました。
今年の米作りも少しずつ動き始めています。
RIMG2108_20170215185911483.jpg
鶏糞というと臭いイメージがあるかもしれませんが、不思議と嫌な匂いは、まったくありません。
自然養鶏マジック!!
鶏糞といっても、床材のもみ殻や草の残さなどの有機物と混ざって、分解が進み自然と堆肥状態に近づいていってくれています。
鶏が入れば、田んぼや畑で使う良質な有機肥料も自給できちゃいます♪

にほんブログ村

堆肥置き場完成&鶏の引越し。

この間から、とりかかっていた堆肥置き場が完成しました♪
RIMG1970.jpg
ビフォー。
RIMG2025.jpg
アフター。

奥の柱は、元々あった柵の柱を利用しての掘っ建て式で、手前は基礎石を置いて柱を立てるというヘンテコリン工法(笑)
買った材は、屋根の垂木とヌキ板、トタン1枚と基礎石2個くらいで、後は使いまわしの材や廃材を継ぎはぎ継ぎはぎして、仕上げました。
この堆肥置き場に置きたかったのは、これ。
RIMG2026.jpg
昨年の2月に仕込んだ踏み込み温床の敷材。
今年も同じ所で、踏み込み温床を作りたいので、この中身を取り出しておきます。
仕込んだ当初は、木枠の上まであった枯草などが、堆肥化が進んで、徐々に下がってきました。
RIMG2028.jpg
堆肥化が進むとこのように茶色っぽくなってきます。
RIMG2032_20170212172251566.jpg
こうやって、分解が進んだ堆肥は、良質な有機肥料となったり、
育苗の土に使ったりと野菜作りに重宝します♪
RIMG2034.jpg
真ん中に仕切りをつけて、左、温床堆肥。右、コンポストトイレの堆肥。(ストレートに言えば、人糞堆肥ですね)
コンポストトイレのすぐ隣に、堆肥置き場をこしらえたので、動線が繋がり、とっても楽ちんに^^
日々使い勝手がいいように、作り変えていけるのがセルフビルドの面白いところ。

近々踏み込み温床の仕込みをやる予定です。今年の野菜作りもボチボチ動き始めます^^
そして、今年のヒナの入荷の準備。
RIMG2039.jpg
この部屋が、ヒナの育雛舎となるので、この子達は、お引越しさせました。
RIMG2043.jpg
あらかじめ空にしておいた部屋に、移していきます。
この間こしらえた隔離コンテナが、活躍しました。鶏の移動が楽ちんに^^
RIMG2047.jpg
どちらの鶏舎も基本的に同じ作りになっているので、引っ越ししても、すぐに馴染んでくれました。
ビワの木を挟んだ鶏舎が、いい感じですね(自画自賛)。
鶏さん達も、きっと心地いいでしょう^^

にほんブログ村

自家製麹で、味噌仕込み。

今年も米麹づくり&味噌の仕込みやりました。
まずは、麹づくりから♪
RIMG1952.jpg
使うお米は、自分たちで作った手植え、無農薬、無化学肥料、手刈り、天日乾燥のもの。我が家の自慢のお米です^^
一日水に、浸けておいたお米をシッカリ水切りしておき、
RIMG1954.jpg
3キロのお米を蒸していきます。
RIMG1960.jpg
調理は全て薪で、焚いています。
RIMG1969.jpg
シッカリ蒸しあがったら、お米を広げて、撹拌して、40度近くまで冷ましたら、麹菌をまぶして、さらに撹拌。
後は、米の袋にまとめて、三日間保温していきます。
そうすると、、、
RIMG1993.jpg
こんな感じに^^
こうみえても、今年は麹の出来は今一つでした><。
写真は、これでも良さげな部分で、全体的にバシっと固まらず、バラバラした感じで、麹カビの発生も少なめでした。
原因は!?
5分づき米を使ったから!?種麹が3年前に買ったヤツだから!?蒸しが甘かった!?保温が下手くそだった!?
今年は、2回に分けて、3キロずつ麹を仕込んだんやけど、両方とも失敗気味。ち~ん。
RIMG1999.jpg
しか~し、せっかく三日間世話してこしらえた米麹。
心配半分だけど、この麹を使って味噌を仕込みます。
上の写真は、塩切りした所。

次は、大豆を煮込んでいきます。
RIMG1971.jpg
使う豆は、もちろんウチで収穫したお豆さん達。
普通の大豆に、チビ黒豆をブレンド。
3時間近く煮込んだら、そのまま数時間置いておき、煮汁をきったら、
RIMG1998.jpg
ビニール袋に入れて、足で踏んで、丁寧に潰していきます。

そしたら、潰した大豆と塩切りした米麹を混ぜこんで、団子状にして、
RIMG2001.jpg
樽にポイ、ポイ投げ入れていって、
RIMG2002.jpg
最後に重石を乗せたら、12キロの味噌の仕込み完了。
を2日にかけて、2樽やりました。

出来の悪かった麹の方は、心配だったので、購入した乾燥麹を少し付け足してやったり(笑)
どうか無事、味噌になりますように~
今週は、味噌づくり週間でした^^

麹づくりや味噌づくりの合間をぬって、プチセルフビルド。
堆肥置き場の建設に取り掛かっています。
RIMG1970.jpg
ビフォー。

ここからは、今日の写真。
RIMG2003.jpg
途中。
隣の小梅の花が、6分咲きくらいで、綺麗。
RIMG2009.jpg
アフター。(まだ、途中だけど)
急に、吹雪いてきました!!退散。
使う材の半分くらいは廃材。薪にするのにもらってきた材で使えそうな物をとっておいたヤツで間に合わせます。
堆肥置き場なので、見た目も気にならないし、廃材で十分^^
RIMG2022.jpg
3坪のスモールハウスの雪見障子を上げると、リアルに雪見障子に^^
僕が埋め込んだ石畳の小道が、中々いい感じ(自画自賛)
RIMG1990.jpg
ここ最近、ぢんちゃんのケンカのケガが中々絶えません。
特に前足を、よくやられてきて、左手をつくのがいつも痛そう><けど、少し招き猫に見えなくもない(笑)
左手を上げると、福を招くんだとか。低ければ、身近な所の福らしい。
招き猫効果!?最近、卵もよく売れています♪
RIMG1997.jpg
ぢんちゃん、日向ぼっこして休養中。
昼間は、こんなに晴れてたんだけどけども、現在、三重県猛吹雪中。。。

にほんブログ村

看板彫刻完成!!

今朝の鶏作業への道中、日の出をパチリ。
RIMG1943.jpg
日の昇る位置もだいぶ左よりに動いてきました。
我が集落では、現在太陽光パネルの建設ラッシュで、田、畑は、次々と太陽光に。
山の上では、メガソーラーの建設。

これで、本当にいいのやら!?
お米が作れる土地が、次から次へと太陽光パネルに変わっていく姿は、なんだか寂しい。
RIMG1951.jpg
先月の電気代は、1271円。
電球をLEDに変えてから、だいたいこのくらいに落ち着いてきています^^

僕ができることはというと、節電くらい。
小さい暮らしで、小さい消費で生活していく。
一人一人が節電を心がけて、消費電力を減らしていけば、原発やパネルもいらなくなるんでないかな。

看板は、掘り終わって色付けしました。
RIMG1898.jpg
紙がはっつけてあるので、少々雑に塗っても大丈夫♪

前々から作ってあった卵販売中の看板も、ついでに少し彫りなおして色付け。
RIMG1931.jpg
こんな感じに。
RIMG1934.jpg
冬の農作業が落ち着いている間に農園の片づけ、整理。
農園に置きっぱなしであった自作の井戸掘り器を工場に片付けました。
4M~5M近くの井戸掘り器を軽トラに載せて、何屋さん?という感じ。

、、、卵屋さんです(笑)

また、時間がある間に、鶏で使うことの多いもみ殻を貰いに行ってきました。
RIMG1932.jpg
この時期は、農協のカントリーに行くともみ殻は超~山積みになっています♪
もみ殻は、鶏舎の敷材や産卵箱の敷材、餌の一部、イモの保存、コンポストトイレの敷材に使ったり、、、
見る人が見たら宝の山!?

看板は、水をかけてふやかして、紙を外していくと、こんな感じに。
RIMG1944_201702041828142ee.jpg
看板完成!!

早速、今日セッティングしてみました♪
RIMG1948.jpg
うん、中々いい感じ。(自画自賛)
RIMG1947.jpg
昨年直播したソラマメが一個しか芽が出なかったので、ポットに蒔き直しました。
簡易ビニールハウスの中では、ソラマメ育苗中&アズキが日向ぼっこ中♪

にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター