FC2ブログ

薪の準備&ポリタンク温水器解体。

1月は、鶏さんの飼料の一部に使ってるクズ大豆の入手もおこないました。
DSCN0705_20180130181052a30.jpg
サイズが小さかったり、色がついてたり、未熟だったりするいわゆる規格外品。
松阪産の大豆です。
海外から輸入された飼料には、ポストハーベスト、遺伝子組み換え等、心配要素も多い、、、
やっぱり近くで生産されたものが、一番安心でしょう。余計な輸送エネルギーもいらないし^^
ろん農園のニワトリさんの餌は、松阪産の小麦や近場の米ぬかなど、近場で生産されたものを主としています♪

時折、薪づくり。
DSCN0747.jpg
薪用にストックしておいた木々を
DSCN0750.jpg
玉切り。
DSCN0753.jpg
なるべく早めに、切っておいて、乾燥を促します。
DSCN0709_2018013018105365b.jpg
さらに、薪割りしておけば、なお乾きやすい。
冬場は、薪の消費が多いので、薪仕事も少し多めになります。
太陽熱温水器が使えない上に、寒さで風呂釜も冷え切ってて、より薪を使ってしまうようです><
DSCN0755.jpg
梅の木を選定したので、細かくして片付けかねて、これも薪に。
DSCN0756.jpg
チリも積もれば、山となる。
木は、大事な薪燃料。これだけでも、何食煮炊きができることか。プチ薪の自給^^
お金をかけずに、時間をかける。自給自足の基本(笑)
DSCN0757.jpg
剪定した梅の木を使って、延びた縁側の上に、洗濯干しを追加してみました。
薪だけでなく、何かに使えそうな材は、ストックしておきます♪
DSCN0769.jpg
延びた縁側には、柵を加えてみました。
DSCN0774.jpg
角は丸く仕上げて、完成。
DSCN0762.jpg
今日のお昼は、バンビチキンシチューオムライス。
頂き物の鹿肉、自家製のチキン入り^^
お米、野菜、卵は、もちろん自家製なり。ビバ自給自足!!

ここからは、ポリタンク太陽熱温水器の解体。
DSCN0745.jpg
縁側の屋根の上にこんな感じに鎮座しておりました。

ビニール剥ぐって、
DSCN0760.jpg
こんな感じに。15ℓタンク×11個。
簡単な仕組みだけど、春先から夏にかけては、大活躍でした。
夏場の天気がいい日は、お風呂焚かなくても、入れるほど♪

少し寂しいけど、ノコギリで切りながら、解体して外していきます。
DSCN0765.jpg
塩ビの接合部もそれぞればらして、
DSCN0768.jpg
使える部品はは、次の温水器に再利用予定。
DSCN0767.jpg
所々、ひび割れが生じてきてます。
2代目は、塩ビ管を使って、太陽熱温水器を作成する予定。
もう少し耐久性&能力の高いものになればな~と、妄想中。

ポリタンク太陽熱温水器様、長年のお勤めご苦労様でした。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



縁側の延長。

プチセルフビルド。先週は、縁側の延長に取り掛かっていました。
まずは、柱となる材選び。
DSCN0717.jpg
以前鶏舎を建てる時に、伐採したマキの木を使います。
マキの木は、腐りにくくとても丈夫い。
4年近く野ざらしにしてても虫食いは、ほとんど見られません^^
DSCN0723.jpg
チェンソーを使ってのホゾづくり。
まずは、勘を頼りに、線をつけてから、ブイ~んと削っていきます。
DSCN0724.jpg
こんな感じに。
なんちゃって職人の技が光ります☆彡
DSCN0725.jpg
座りが良くなるよう、底の部分も調整して、だいたい垂直になったかな。
少し柱が、ウェーブしてます(笑)

次は、基礎石選び。
DSCN0715.jpg
以前畑から、大奮闘して掘り出した石達。こん中から、使えそうな物を選び抜きます。
(当時、掘り出した時の記事↓↓)
http://ron2012simplelife.blog.fc2.com/blog-entry-320.html
DSCN0716.jpg
この5つに決定!!
柱、基礎石と、なるべく買わずに、あるものを有効活用^^
DSCN0729.jpg
縁側にセッティングするとこんな感じに。
柱が乗る両端の石だけは、レベル合わしてあります。
砂利を敷いた上に石を置くだけという適当ななんちゃって工法。
あくまでも、素人のセルフビルドなので、あんまり参考にしないよ~に。
DSCN0732.jpg
柱、梁、筋交い、屋根、束立てての、途中経過。
飛び出た束は、この後チェーンソーでぶった切る作戦です。
DSCN0739.jpg
後は、垂木を横に這わして、板を打ち付けていけば、出来上がり。
マキの木の柱が、4本になって、中々味のあるワイルドな縁側に♪
こんだけ広ければ、縁側も色々と使えるスペースになりそう^^

縁側延長の次は、塩ビ管を利用した太陽熱温水器を自作予定。
以前作ったポリタンクの温水器は、耐久性が若干弱く、割れ(水漏れ)が生じてきてるので、
もう少し丈夫で、能力の高いものが作れたらなと現在、妄想中。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

THE 男の料理。

嫁さん、実家に帰省中だったので、ここの数日間一人農業でした(笑)
一人だと、鶏作業、配達、炊事洗濯、風呂焚きと中々その他の作業にかかれなかったので、主にメシネタ中心で。
DSCN0620.jpg
まずは、高菜炒飯風混ぜご飯。
炊き立てのご飯だとうまく炒めにくいので、ご飯は炒めずに、卵や具を別に炒めてから、ご飯に混ぜこむ炒飯風。
DSCN0624.jpg
また、ある日は、人参とハヤト瓜のバター炒めに、頂き物のアジの開き。
ニンジンのバター炒め、ほんのり甘くて、メチャウマでした。ハヤトウリも中々美味し。
DSCN0627.jpg
お昼は、だいたい餅でした。
正月は、餅があると、楽でいいですね^^昔の人は良く考えたもんだ♪

ぜんざいにしたり。
DSCN0628.jpg
余り物の甘酒や熟し過ぎた柿なんかも投入した、ごちゃ混ぜぜんざい(笑)

炊事してて、閃いた流しの改良。
流しあるあるかもしれないけど、排水の所がよく詰まってうまく流れにくい。
DSCN0640.jpg
真ん中の所にあるゴムが、水が流れる位置にセットしてもなぜかうまく流れない。なんて事がよくありました。
考えてみたら、流しで水を溜めて使うこともないので、このゴムって別になくても、、、!?
そうだ、外しちゃおう。
DSCN0642.jpg
これで、水が上手く流れないというストレスや煩わしい手間もなくなるでしょう。
ついでに、流しも綺麗に磨いてあげて、こんな感じに。

これは、いつものルーティーンだけど、鶏さんのご飯(餌)づくり。
松阪産の小麦を中心に自家配合した飼料を発酵させてから与えています。
DSCN0643.jpg
冬場は、気温が低いので、発酵させるのに少し工夫が入ります。
元種(発酵のスターターのようなもの)を仕込んだり、前回仕込んだ温まった発酵飼料を脇に置いたり、毛布をかけてあげたり。
DSCN0644.jpg
仕込んで翌日には、もうホコホコと温まってきます♪
DSCN0647.jpg
脇に置いてる前回の物は、さらにホコホコ^^
特別な微生物資材など何も使っていないけど、条件をしっかり整えてあげると、自然と発酵が進んでくれます。
この発酵飼料が鶏の健康や美味しい卵へと繋がっていきます。
DSCN0651.jpg
鶏さん達は、毎日元気に走り回っております。

正月も終わりに近づき、しめ縄もそろそろ外しておくことに。
DSCN0667.jpg
前年度は、飾ってた葉っぱが落ちてしまう事があったのだけど、今年はバッチリ全部残ってました。
DSCN0670.jpg
ちょっとした改良点。
葉っぱの節を残して、抜けにくいように工夫。

再び、メシネタ。
DSCN0663.jpg
この日の食材は、こんな感じに。
大根、山東菜、水菜、宇宙芋、人参、ヤーコン。
オールろん農園産、ビバ自給自足。

ニンジンが割れてたり、ヤーコンがカビかけてたり、
DSCN0664.jpg
葉っぱが虫に食われてたりしてても、オッケー牧場。よく洗えば、問題ないさ~。
人にあげたり、売ったりはできないレベルだけど、自分で食べる分には全然大丈夫(笑)
ニンジンは割れてても、普通に食えるし、ヤーコンは触ったり、切ったりしてみて、食べれる部分を自己分析。
DSCN0666.jpg
一人鍋ドーン!!
DSCN0679.jpg
2日目は、味を変えてカレー鍋。
DSCN0682.jpg
3日目の昼には餅を投入して、フィニッシュ♪
THE男の料理でした。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

年越そば&戌年年賀&お正月。

年末には、年越しソバの準備したり。
DSCN0480.jpg
昨年、収穫した無農薬の自家製ソバを使って♪
写真は、循環式精米機を使って、磨きをかけた後の綺麗になった状態。
DSCN0486.jpg
製粉機にかけて、1番粉、2番粉、3番粉と粉にしていきます。

いざ、大晦日。ソバ打ちじゃ。
DSCN0593.jpg
小麦も少し入れて、二八ソバに。
DSCN0596.jpg
若干太めですが、自家製ならではの許容範囲(笑)オッケー牧場。
DSCN0600.jpg
ピンポケですが、味はいと美味し^^
年越そば食い~のライジン観戦。久々に中々面白かった!!
次世代のスター選手が育ってきてて、いい感じ。

そんなこんなで、年が明けました。
30年賀
写真は、七年前にラオスを放浪してた時に、とある民家の庭先で、僕が撮った写真。

その日の出来事を少し紹介します。
IMG_1634.jpg
この旅では、自転車をレンタルして、タイやラオスの田舎町をアチコチ走り回ってたりしてたのであった。
当初、僕が求めてたのは、観光地でもなく、ごく普通の田舎のスローな所。
IMG_1642.jpg
こんな赤土の道の先には、どんな所があるのやらと、冒険心で入り込んでみた。
しばらく進んでいると、アクシンデントに見舞われます。タイヤのパンク!!
ち~ん。
凹んで、トボトボと歩いて進んでいると、、、
近くの民家のオジサンが、『パンク直してあげるよ』と、声をかけてくれました。
IMG_1653.jpg
何やらすごい方法で、チューブを熱して、ゴムを張り付けて直してくれました(感動)
しかも、二か所も穴が空いてたみたいで、、、(苦笑)
IMG_1644.jpg
パンクを直してくれただけでなく、ご飯までご馳走になっちゃったり^^
アリちゃんたっぷりのスープでした♪
IMG_1676.jpg
高床式の家で、一階には機織り機。
IMG_1667.jpg
庭には、鳥かごにヒナちゃんがいたり、放し飼いの鶏やワンちゃんがいたり、
それは、もう僕が求めてたようなスローなアジアが満載でした。

ピンチは、チャンスの巻でした。
旅のように向上心、冒険心をもち続けて、日々の生活も邁進出来たらなと思う今日この頃です^^

鏡餅は、こんな感じに飾ってみました。
DSCN0614.jpg
簡易な台をこしらえて、半紙の端を赤く塗ってこんな感じに。

正月は、お伊勢さんに、初詣にいったり、
DSCN0601.jpg
お節食べたり、お雑煮食べたり、
DSCN0608.jpg
町内の神社にお参りしたり。
本年もブログ共々、どうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター