FC2ブログ

本日は、きこり。

雨の多い九月。
実は、一年で一番雨の多い月なんだな。
DSCN3678.jpg
そんな雨の合間、晴れの日の野良仕事イロイロ。
DSCN3671.jpg
薪割りしたり。
DSCN3672.jpg
本当はもっと早めに割っておいて、乾燥させておくと良いのだが。。。
DSCN3673.jpg
玉切りしたり、
DSCN3674.jpg
ガスなしで、調理、お風呂共に薪を熱源としてるので、薪は重要なライフラインの一つ。
DSCN3676.jpg
出てきたおが屑は、コンポストトイレの材に使えるし、
薪は、燃やした後の灰を灰汁にして、洗剤に使ったりできるし、薪ライフに無駄はなし^^
DSCN3679.jpg
また、アブラナ科の種のまき直ししたり。
虫に食われて、消えてしまったものなど、懲りずに再度挑戦。秋のアブラナ科、中々ムズイ。
DSCN3682.jpg
アブラナ科の間引き菜。左、朝熊小菜に右、高菜。
秋ナスも穫れ始めてきました。
DSCN3685.jpg
今年初めて作付けしてみた3尺ササゲが絶好調。一つ一つが長いうえに、なりも良く、コスパ最高。
DSCN3688.jpg
無花果も少しづつ穫れてきてます。イチジク超美味し。
DSCN3703[1]
栗もいい感じ。秋なんだな。
DSCN3696[1]
黒ゴマも割れてきたので、収穫。
DSCN3704[1]
新しくできた小梅の木の下の軒に、こんな感じに干してみました。
以前ゴマ作った時は、軒下に立てかけてたらカビてダメにしてしまったので、その反省を活かして再挑戦。
うまく乾燥しますように~。

そして、今日の本題のきこり。
『この間の台風で倒れてしまった木があるんだけど、薪に使わない?』と、とお声をかけていただきました。
薪生活も今年で5年目。ちょくちょくこういった話もいただけるようになってきました。
DSCN3710.jpg
こんな感じに倒れてしまった、木が3本ありました。

さあ、やるぞ~。
DSCN3711.jpg
こんなに大きな根っこが持ち上げられて、倒れるんだから台風の風恐るべし。
DSCN3712.jpg
運べるサイズに玉切りしたら、
DSCN3717.jpg
軽トラまで、運びマッスル。労働的筋トレじゃ~(笑)

軽トラに乗せたら、持ち帰り。
DSCN3718.jpg
鶏舎となりの資材置き場に、ストックしておきます。
午前の部に、軽トラ1車分。

午後に残りの2本。
DSCN3720.jpg
ろん氏は、木~を切る~。ヘイヘイホ~、ヘイヘイホ~♪
最後の1本が隣の竹やぶに倒れかけて、枝が引っかかってて、中々手こずったけど、なんとか無事に終わりました。

地主さんは、倒れた木を除去出来て嬉しいし、僕は貴重な薪エネルギーとなる木が頂けて嬉しい。
綺麗に片付いて助かったと喜んでもらえて、なおさら嬉しい^^
DSCN3721.jpg
2車目、軽トラ山盛りに。
DSCN3722.jpg
生木なので、半年くらい乾燥させてから使う予定です。薪ゲット。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



稲刈り&はさがけ。

ここ数日の晴れ間を使って、稲刈りしました。
雨が多いこの季節だけど、うまいこと晴れ間が続いてくれてよかった^^
DSCN3602.jpg
文明の利器バインダーという機械を使って、刈り取っていきます。
刈り取りと結束を同時にこなしてくれるという優れもの。
DSCN3604.jpg
稲が倒れかけていて、少し刈りにくかった。
まずは、外周とはさがけ予定地を中心に刈り取っていきます。
DSCN3606.jpg
ちなみに、稲の足元はこんな感じ。
こうみえても無農薬、無化学肥料栽培♪分げつ、草の抑え具合ともに上出来^^
DSCN3611.jpg
倒れかけた穂が地面に触れてたのでしょうか、一部こんな穂も、、、(苦笑)
DSCN3607.jpg
1日目の刈り取りは、ここまで。
はさがけ資材を運んできて、はさを組み立てていきます。
DSCN3609.jpg
今年も建築用の足場と単管パイプを骨組みにして、こんな感じに。

刈り取って、稲の束を運んでかけて、はさがけを延長して、また刈り取り、運びかけてを繰り返し、
DSCN3612.jpg
そんなこんなで、3日目の午前中。
やっと終わりが見えてきました♪
今年は稲が倒れかけてたので、刈りやすい同じ方向に1条ずつ列を狙って、丁寧に刈り取り作業。
DSCN3614.jpg
終わったぜぃ。
あとは、はさにかけるだけ。
DSCN3616.jpg
バインダー様様。ご苦労様でした。
この機械が、手作業での刈り取り、結束といった腰を曲げての大変な作業を代わりにやってくれます。
DSCN3617.jpg
田んぼを始めた最初の2年は手刈り、手結束だったから、この機械の有難みがよくわかる。
DSCN3621.jpg
束をはさにかける時は、右と左で束を多い少ないに分けて、次は逆になるようにと、交互にかけていきます。
こうすることによって、たくさんかけれて、ガッチリと強固にかけられる感じがします。
DSCN3622.jpg
今年は、いつものはさの長さで、足りなくて、買い足して、今までで最長に。
稲が倒れかけるくらいだから、よく分げつして、よく実ってくれたのかもしれません。
DSCN3630.jpg
無事に乾燥が進んで、ハーベスターをかけて、籾にするまで、まだまだ気は抜けませんが、
ひとまず無事に稲刈りも終わりました♪
今年も美味しいお米が、沢山穫れますよ~に。

ろん農園に戻りまして、菜園の様子を少し紹介。
DSCN3645.jpg
オカワカメが花をつけ始めました。
DSCN3650.jpg
青じそにも花。
DSCN3654.jpg
四角豆。
DSCN3657.jpg
ツルムラサキ。
DSCN3661.jpg
お茶の木。
DSCN3666.jpg
最後は、鶏ちゃん達で。
今年3月には、ピヨピヨだった鶏さんも今では、ろん農園の卵の主力候補にまで成長しました^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

秋の気配、畑の様子色々。

畑の様子イロイロ。
DSCN3575.jpg
ニンニク植えつけたり。
DSCN3576.jpg
こないだ蒔いたばっかりだけど、もうこんな。ソバの成長早し。
DSCN3577.jpg
ジャガイモも芽を出し始めました^^発芽もえ。
DSCN3580.jpg
唐辛子色づいてきました。
DSCN3583.jpg
金時ササゲ。
小豆とは違った実り方で、何か個性を感じる実り方(笑)
DSCN3579.jpg
芋系の棚が、グニャンと曲がってました。
ここにも、台風の爪痕が~~。
DSCN3585.jpg
ビオトープでは、コナギに花。

鶏舎の回りでは、
DSCN3584.jpg
ヤブランの花に。
DSCN3588.jpg
彼岸花。秋の気配なんだな^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

9月の農園の様子。

ろん農園この間の台風、
DSCN3529.jpg
特に大きな被害なく無事でした。
よく心配されるけど、結構丈夫ぃ。こうみえても、新築5年(笑)
DSCN3520.jpg
台風が来ると、心配なのが、今年建てたパイプハウス。
風で飛ばされてないか!?
こちらも無事でした。
一応風対策として、前と後ろは、開放して風がたまりにくいように設計してあります。
DSCN3525.jpg
田んぼの稲は、少し?だいぶ?倒れかけてしまいました。
雨が多いこの季節、穂から芽が出ない事を願います。

ろん農園に戻りまして、
DSCN3522.jpg
雨も多く、ビオトープも潤っています。
トンボ、カエル、稲、マコモ、コナギ、ホタルイなど、虫、水生植物共にいい感じ♪
DSCN3564.jpg
秋まきの野菜の色々作付け中。写真はレタス。
DSCN3549.jpg
今年初めて作付けした3尺ササゲ。ながい!!お初^^
DSCN3552.jpg
ムカゴも初物。秋の味覚。
DSCN3556.jpg
ニラの花。
DSCN3565.jpg
ナーベラー(ヘチマ)。
味噌と肉と炒めると超美味し。
ヘチマタワシをイメージしてたらビツクリ。柔らかくて、水水しい。
DSCN3566.jpg
一人ばえしてるツルウメモドキに実がついてきました。
これは、食用じゃないけども。
DSCN3570.jpg
どこかで見つけた、一個のジュズダマをポットに蒔いて発芽させたものだったけど、実をつけるまでに。

最後は、虫たちで、
DSCN3561.jpg
ミカドトックリバチ!?
緑の幼虫を捕まえて、どこへやら飛んでいきました。
どこかのトックリ(土の巣)の中へ運び中なのでしょうか^^
DSCN3513.jpg
クモが獲物を捕らえたすぐ後の様子。
動けなくして、弱らせてから食べるようです。
まだ動いてるバッタを糸でぐるぐる巻きに。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター