FC2ブログ

お米の精米&雑穀の脱穀。

今年収穫したお米を籾摺り&精米しました。
DSCN3952.jpg
小型の籾摺り機ミニダップ。
まずは、ミニダップを通して、もみ殻を外して玄米にしたら、奥の石抜き機に通して、石をとり除く。
玄米で食べる用の物はこの時点で別にとっておきます。
DSCN3953.jpg
そして仕上げに、循環式精米機で精米していきます。
今回、贈呈用もあるので、いつもより白めに精米。

早速新米を頂いてみることに。
DSCN3959.jpg
土鍋炊き♪
DSCN3963.jpg
ちょっと水加減多くて、柔らかめだったけど、やはり自分たちで作ったお米は格別の味^^(手前味噌かもしれないけど)
天候の加減で、ちょっと天日干しの乾燥が甘かったせいか、水加減が思った以上に少な目で炊いて、丁度よさそうな感じです。
DSCN3965.jpg
お米の自給に、卵の自給。
DSCN3955.jpg
鶏様様。
美味しいお米と美味しい卵があれば、食は豊かに♪
DSCN3938.jpg
畑では、ソバの花が満開。
DSCN3943.jpg
まだまだ、咲いているヘチマの花。寿命長いな~。
DSCN3941.jpg
青い実が綺麗な雑草イシミカワ。
DSCN3948.jpg
同じく青い実が綺麗な雑草ノブドウ。
DSCN3951.jpg
ある日の収穫物。落花生、間引き大根、柿、冬瓜。落花生の葉は刻んで、翌日の鶏の緑餌に。
DSCN3999.jpg
やっとこさ、まともに育ってくれたアブラナ科のワサビ菜に、小松菜さん。
ツルムラサキ(緑系)は、まだまだ収穫できてて、葉物が少ない時期に重宝しました。
DSCN3967.jpg
いい天気も続いてきたので、干してた雑穀たちを脱穀しました。
DSCN3972.jpg
今年は、少量づつの作づけなので、足踏み脱穀機を使わずに、プリミティブに人力でやってみました♪
両手をこすり合わせるようにして、こいでいきます。

こぎ終わったら、今度は人力唐箕(笑)
DSCN3973.jpg
ウチワで風を起こしながら、軽いゴミを飛ばして選別していきます。
DSCN3977.jpg
高キビ。
DSCN3987.jpg
もちアワ。
DSCN3970.jpg
もちキビ。
DSCN3990.jpg
もちキビの穂先が柔らかくて、綺麗ないい感じだったので、箒にしてみることにしました。
DSCN3991.jpg
簡単に、穂先を揃えて、縛っただけの手持ち箒の完成。
穂先が柔らかいので、頭をセルフカットした時に、身体についた髪の毛を払うのなんかに使えば、最高かも^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



お米の脱穀&ゴマの選別。

10月中旬の色々。
DSCN3854.jpg
お米を脱穀してくれる機械は、ハーベスター。
今年は10月入ってもすっきりしない天気が多くて、中々脱穀するタイミングが難しかったですが、
数日晴れ間が続いて、雨の降る前になんとか無事に脱穀できました。
DSCN3858.jpg
はさの解体&片付け。
田んぼ7畝とはいえ、結構な資材がいります。軽トラ2車目。
DSCN3859.jpg
この間作ったパイプハウスの棚に収納。
4m物のパイプもスッキリ♪
DSCN3862.jpg
工場に持ち帰って、計量をしながら、袋詰め。
1袋20キロで、19袋半。今までで、一番多い収量となりました^^
お米は、籾保存。もみ殻に包まれた状態で保管してあげます。
DSCN3888.jpg
後日、田んぼではこぎ終わった稲わらを藁カッターで粉砕。
田んぼ全体に、いきわたるように土に還してあげます。
DSCN3897.jpg
しめ縄や絹さやの誘引等畑にも、使えることも多いので、これくらいはストックしておくことに。

脱穀、片付けも無事終わり、機械のメンテナンスしてたら、
DSCN3905.jpg
ベルトが切れかかっているのを発見><
この機械、以前ヤフオクで2~3万で買ったかなりの中古品。さらに4年目となり、老朽化も進んできたようです。
DSCN3909.jpg
写真の部分のベルト全部傷んでいたので、3本とも変えました。
ベルトは普通に大きめのホームセンターとかで売っていたので、購入してみました。これで、オッケー^^

続きまして、とある畑の一角。
DSCN3876.jpg
こう見えても、ニンニクが植わっています(笑)
ここの畑は、農園から少し離れてて、週1or2週間に一回くらいしかいけないので、油断してるとこうなる。。。
ノビル!?細いネギ科の雑草が恐ろしいほど、生えまくっていました><
DSCN3877.jpg
このままでは草に負けてしまうので、除草してあげます。

こちらは、ろん農園スモールハウスがある方の菜園。
DSCN3886.jpg
アブラナ科は何度も蒔き直し、やっと順調に出そろってきました。ダイコンサルハ虫もだいぶ落ち着いてきたようです。
アブラナ科は、10月入ってからの方が調子いいのかな~。
DSCN3870.jpg
四角豆、3尺ササゲ、イチジク、枝豆。
DSCN3925.jpg
ゴマ、落花生、金時ササゲ、ジュズダマ、白オクラ(種)、唐辛子、三尺ササゲ(種)。
DSCN3885.jpg
カラス瓜。
DSCN3901.jpg
今年はマキの木にいっぱい実がつきました。
赤い実がほんのり甘くて美味しい。子供の頃に食べた味を思い出す。
DSCN3928.jpg
クサギは、色鮮やかな実をつけ始めてきました。

ここから、ゴマの選別。
DSCN3912.jpg
ザルで、フルって細かいゴミを落としたり、
DSCN3914.jpg
てみをゆすって、口で風を起こし細かいゴミを飛ばしたり、
DSCN3916.jpg
水に入れて、何度も洗ったり、浮いてきた物を取り除いたり。しかし、こんなに浮くとは~、、、
DSCN3921.jpg
次に水を入れながら、ゴマを流れ出させていきます。
DSCN3917.jpg
そうすると、最終的に重たい石が残ってくるのでそれらを取り除ける。
DSCN3924.jpg
そして、天日干し。
ある程度乾いてきたら、ピンセットや手で、小さなゴミを完全に取り除いてやります。なんだかんだ最終は、やっぱり目と手で選別。
DSCN3930.jpg
こんな感じに。
これで、やっとこさ食べられる状態に^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

モミガラ置き場の補強。

こないだ台風で、ひっくり返ったモミガラ置き場。
次から倒れないように、補強しました。
DSCN3811.jpg
使ったのはラセン杭。
これをアンカーとして地面に打ち込んでいきます。
DSCN3812.jpg
らせん状になってるので、棒を通してグルグル回してやると面白いように入っていく。
DSCN3816.jpg
太めのバンド紐を使って、梁から引っ張ってやったら出来上がり。
構造上手前からの風に弱いと思うので、それを想定してこんな感じにしてみました。

ちょうどモミガラのストックもなくなってきてたので、JAさんのカントリーへ行って頂いてきました。
DSCN3835.jpg
上から、もみ殻の雨の降りしきる中、作業。ほこりとの闘いでした。
1車目は、無防備でいってしまって、えらい目に~><帰りの車で、くしゃみが止まらない事。
2車目は、マスクにゴーグルと完全防備で、リベンジ(笑)。
DSCN3840.jpg
モミガラがこぼれないように、枠をこしらえてこんな感じに。
DSCN3847.jpg
ここの所、天気いい日が続いて、秋晴れといった感じ。
雲一つない青い空。
DSCN3819.jpg
干してたゴマもカラカラに乾いてきたので、脱穀。
DSCN3820.jpg
とりあえず、ふるいや風で軽くゴミを飛ばして、こんな感じに。
また天気がいい日に、水選してみよう。
DSCN3826.jpg
天気がいい日は、自作の太陽熱塩ビ管温水器も絶好調♪
1日太陽の光を浴びて、温まると、
DSCN3833.jpg
夕刻には50度に^^
快晴の日は、10月でも、焚かずに風呂に入れるほど。
DSCN3822.jpg
涼しくなって、やっと四角豆が、たくさんなりだしてきました。ここまで、長かったな~。
DSCN3818.jpg
あずちゃんはここの所、狩り絶好調。
スズメをチョクチョク捕まえては、食べちゃってます。猫も自給自足!?
DSCN3844.jpg
晴天続きで、お米も乾く。
DSCN3843.jpg
10月なんだな。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ダイコンサルハムシ。

今年は、なんだかアブラナ科の野菜が虫に食われまくっています><
DSCN3783.jpg
これは、聖護院カブ。
これでも何回か、蒔き直ししたのですが、また。。。
DSCN3782.jpg
ダ、ダイコンもやられてしまった。
本格的に畑始めて5年たつけど、こんなに虫にやられるには初めて。

だいぶ前に蒔いた白菜やキャベツなんかは、寒冷紗で囲っていたにもかかわらず全滅。
時すでに遅いかもしれないけど、本格的に対策や原因を追究することに。
DSCN3773.jpg
今回猛威を振るっていた犯人は、この虫。ダイコンサルハムシ。
今年は、うちの菜園で大量発生しているようで、どのアブラナ科も葉っぱ食われまくり。
今までは、何度か蒔き直ししたりするくらいで、特別対策せずにやってこれたんだけど、今年はなんだか異常に多いよう。
いつもならあまり食われない種類のアブラナ科まで、食べられる始末。。。

色々対策考えたけど、これが有効なのかな~
DSCN3791.jpg
虫を手でつかまえる『テデトール』。
僕が、参考にしてる有機栽培の本にも、やはりこれが基本だと書かれていました。
そういえば、昔見たプロフェッショナルで、リンゴの木村秋則さんも、目が農薬の代わりなんだとおっしゃっていたな~。

ちなみに調べた所この虫は、飛ばずに歩いて移動するらしい。
寒冷紗をかけてても虫に葉を食べられてしまったのは、端をシッカリと埋めこまず、押さえてるだけだったので、隙間から虫が歩いて入ってきていたのだろう。虫の特性を知って、やられるのも納得。

他にも、この時期注意したいのは、アゲハ蝶の幼虫。
DSCN3770.jpg
セリ科や柑橘系の果樹がよくやられます。
気づくのが遅いとこのように葉っぱがなくなっていく><
DSCN3767.jpg
ここは、箸でつかまえる『ハシデトール』を使います。
アゲハの幼虫は、触ると角を出して、変な匂いを出してくる(笑)
DSCN3769.jpg
ちなみにこの木は、今年初めて実をつけてくれた柚子。
よく観察して、守らねば~。

この間収穫した唐辛子で、まだ青かったものを使い、青唐辛子味噌を作ってみました。
DSCN3775.jpg
材料は、ごま油、青唐辛子、味噌、酒、砂糖、青じそ。
DSCN3778.jpg
想像を超える危険な辛さになってきたので、途中で唐辛子を半分以上とりのぞきました(笑)
DSCN3780.jpg
なんとか微調整して、ちょっと辛め、味噌の調味料の出来上がり。
左、醤油漬けも作ってみました。
DSCN3793.jpg
シンプルに醤油に漬けただけ。
DSCN3789.jpg
ちょこっと早いけど、早速パスタの味付けに使ってみました。
唐辛子の辛味や香りが効いたお醤油で、中々美味し。まだそんなに辛くなく、徐々に辛さがしみ出してくるのかな。
DSCN3802.jpg
チョクチョク穫れる無花果。今日は2つ。
DSCN3801.jpg
もう一個は、こんなにも割れていた。
DSCN3808.jpg
柿も少しずつ色づいてきました。
DSCN3810.jpg
ある日の晩御飯の自給野菜達。
ジャガイモは、こんなに芽が出まくっていますが(笑)
見た目や大きさなど、少々悪くても、自分たちで食べる分には、十二分♪
DSCN3800.jpg
最後は、ぢんとアズキの2ショットで。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

台風被害&傾斜土槽法の改良。

今回の台風、中々風強かった~。
翌朝、鶏の作業に出かけると、
DSCN3723.jpg
隣のもみ殻置き場が、ひっくり返っていました。あちゃ~><
台風の風恐るべし。。。

鶏作業を終え、朝飯すませたら、早速、復旧作業。
DSCN3725.jpg
ロッククライミングのように、よじ登ってロープをかけて、軽トラで引っ張ってやろうか!?と考えてたら、、、
DSCN3729.jpg
意外に人力で、動いちゃいました(笑)
そこまで重量ないから、強風を受けるとコテンとひっくり返るのもしょうがないかも。
DSCN3728.jpg
後は、基礎石の上から少しずれてたのを押したり、微調整してなんとか元通りに♪
今度、アンカー打って、こけないように補強してやろう。

後、台風直撃で心配なのが、はさがけのお米たち。
DSCN3731.jpg
あの暴風の中よく耐えに耐えてくれた(涙)あらかた、無事でした。
DSCN3732.jpg
1部分はさが、倒れたぐらいで、被害がおさまってくれてよかった。

杭を立て直して、
DSCN3734.jpg
もみ殻置き場、はさがけともに、9時過ぎにはリカバリー^^
今年も台風直撃のド根性米となりそうです(笑)

台風一過の晴天の中、畑仕事。
DSCN3739.jpg
ジャガイモの芽かき、土寄せ。
DSCN3738.jpg
唐辛子が色づいてきたので、収穫^^
DSCN3741.jpg
ソバは早くも花が咲いてきました。
DSCN3742.jpg
生姜いい感じに成長中。
DSCN3745.jpg
ニンニクも発芽し始めました。
DSCN3747.jpg
ろん農園に帰ってきて、晴天を利用して干しものイロイロ。
DSCN3748.jpg
これは、鶏用の小石。
鶏さんは、砂肝の中で、小石を使って食べたものをすりつぶしたりするんですね。
綺麗に洗って、干してから与えています。
DSCN3749.jpg
金時ササゲ収穫。
DSCN3750.jpg
ナス、オクラ、ズッキーニの種。
DSCN3751.jpg
自治会から頂いた餅まきのお餅。少しカビてきたので、干して応急措置。
DSCN3753.jpg
唐辛子は、軒下に吊るして乾燥。
DSCN3754.jpg
ゴマは、全体的に茶色くなって乾燥してきました。
DSCN3755.jpg
傾斜土槽法の微調整。
一番上の箱が、浄化が追い付かず、よく目詰まりしていました。そんな状態が、続いていた最中。。。
ブログコメントに、なんと奇跡的に発案者の方からのアドバイスが!!
穴の径がどうやら、もう少し大きい方がいいらしい。
なるほど、なるほど。少し時間が出来たので、早速やってみることに~。

以前は、3ミリちょいのドリルで穴を空けてたのを、
DSCN3756.jpg
4、5ミリのドリルの代えてみました。
DSCN3757.jpg
これで、目詰まりしにくくなるはず。
今までだと、一番上の箱のみが主に汚れがたまる感じで、全部の箱を通して、汚れが浄化される感じではなかったのですが、
これで、流れが良くなって、全体を通して、汚れを浄化してくれるんではないかと思われます。
まあなんせかんせ、やりながら調子をみて、微調整して、うまくいくまでやっていけばいいでしょう^^
DSCN3758.jpg
ある箱には、排水から流れ出たトマトの種が発芽してこんなに成長(笑)

全ての箱の穴を空け直し、試しに水を流してみました。
DSCN3762.jpg
以前に比べると、流れる速度がだいぶ早くなりました。
DSCN3764.jpg
一段一段、軽石の中の傾斜をつたって、滝のように流れ落ちていく。
うまいこと浄化が、進みますように~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター