FC2ブログ

コーンサイレージづくり。

DSCF4356.jpg
8月3日。クサギの花。場所、鶏舎の辺。
一人ばえしてる雑木だけど、中々いい香りの花がたくさん咲き乱れます。
DSCF4361.jpg
鶏舎の通路の軒を少し延長しました。廃材を使って柱を一本追加。
これで、雨の日も作業しやすくなるぜぃ。
DSCF4362.jpg
薪にともらってきた廃材でしたが、虫食いの少ないものは材木として再利用^^
通路には、井戸掘りで出てきた赤土を敷いてやると、水はけもいいしよく締まっていい通路に変身。
ちなみに、基礎石も井戸掘りで出てきた石(笑)なるべく買わずにあるもので~
DSCF4365.jpg
8月4日。一日天気の良かったこの日は、自作の塩ビ管太陽熱温水器48度を記録!!
アッツアツ、水でうめなきゃ入れないほどに。
DSCF4376.jpg
ろん農園庭の梅の木では、ニイニイゼミ。
他にも、アブラゼミ、クマゼミと色んなセミが、ハーモニーを奏でます♪
8月13日現在では、それらのセミに加え、ツクツクボウシも新たに鳴き始めてきています。
DSCF4377.jpg
8月5日。味噌用に作っている大豆も順調に成長中。
中耕&土寄せしてあげました。
DSCF4379.jpg
今年の里芋は、いつもより大きく成長。
親芋を種イモにしたからなのか?7月に雨が多かったからだろうか?
DSCF4382.jpg
こうみえても、南瓜が植わっています。
DSCF4390.jpg
初収穫。
収穫したら、2週間ほどおいて、追熟させてから食べると、甘くなって美味しくなる。
DSCF4388.jpg
菊芋は、僕の背丈をゆうに越えて、こんな感じに。
DSCF4393.jpg
甲州トウモロコシもいい感じに大きくなってきたので、刈り倒して鶏の飼料用のサイレージづくりへ。
DSCF4391.jpg
いい感じの実は、いくつかとっておいて人間が食べるように収穫^^
DSCF4404.jpg
甲州トウモロコシは、スイートコーンと違って、そんなに甘くなく、昔ながらのトウモロコシ。
鮮度が大事なトウモロコシは、その日のうちに湯がいて、醤油をたらしてこんがり焼いて、焼きトウモロコシに♪少しモチモチ、サッパリした甘みで、中々美味。

そんなこんなで、8月7日はコーンサイレージ作り。
DSCF4395.jpg
刈り倒して、軽トラに積んで、
DSCF4396.jpg
工場へ持ち帰って、ワラカッターで細断。
DSCF4400.jpg
そして、細断したトウモロコシを足で踏みしめながら、樽に詰めてあげることで、空気が抜け嫌気発酵を促してあげます。
DSCF4401.jpg
樽いっぱい詰めたら、蓋をして逆さにしたら、仕込み完了。
草の少なくなる冬場の緑餌代わりとなる鶏さんの大事な食物繊維の保存食。コーンサイレージなり。
DSCF4427.jpg
8月10日。ろん農園裏庭の木々の木漏れ日。
桑。
DSCF4430.jpg
センダン。
この木は、もともと一人ばえしてきた雑木だけど、今ではウチのシンボルツリー。
夏場にいい木陰を作ってくれます。
DSCF4432.jpg
8月11日。穂もだいたい出そろってきました。出穂。
DSCF4435.jpg
足元は、こんな感じ。
除草剤を使っていない無農薬の栽培だけど、いい感じに草も抑えられました^^
DSCF4437.jpg
分げつもいい感じなり。
今年も、美味しいお米が沢山穫れますように~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター