FC2ブログ

NEW 焚き物小屋。

まず、基礎を作成。ブロックを水平になるように設置していく。
11,5,2
旧焚き物小屋の壁は、全てこのコンクリートの基礎なんかを作るときに使われる型枠を組み立てて作られてた。
この型枠を再利用して、基礎の上に床板代わりにに敷いていく。
11,5,3
んで、柱、梁をビスでビビビット固定してから、立ち上げていく。ぐらつかないように横に木あてて仮止めしておく。この時に、水平器で、柱の垂直を確かめておくのだ。
11,5,1
次に、桁&垂木になる材を設置。
11,5,4
んで、屋根に小屋を解体したときに出てきた波板のトタンをはっていき、
あらかたできてきたので、焚き物を大きさをそろえて並べていく。
スッキリ収まるように、上に棚を作って、2段式にしてみた。
11,5,6
はい、完成~^^
劇的ビフォーアフター♪
もとあった焚き物小屋の半分以下の面積にスッキリ納めました。
買った材は棚の上に敷いたコンパネ2枚だけ。
あとは、家にあった木材を適当にチョイス。
プライスレス。
NEW 焚き物小屋完成!!
11,5,7

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

新しくなってしまったんか
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター