FC2ブログ

薪作り、土用干し、灰汁。

ウチでは、調理やお風呂を沸かすのに薪を使っているので、薪が貴重な燃料となってます。
薪集めもうちでは、貴重な仕事の一つです。
RIMG1376_convert_20150725135808.jpg
昔お爺さんがストックしていた竹の数々。
長年の年月で、虫食いだらけになっているので、片づけを兼ねて、薪にしてしまいます。

大工だったお爺さんの工場は、僕からすると宝の山。
便利な機械が、豊富にあったり、廃材や建具のストックがあったりと重宝します♪
RIMG1378_convert_20150725135905.jpg
便利な機械のおかげで、1時間もかからずに軽トラいっぱいの薪になりました。

できた薪は、スモールハウスの東側に作った薪置場へ。
RIMG1419_convert_20150725135954.jpg
五右衛門風呂ができたことによって、薪を使う頻度が上がったので、新たに薪置場を新調しました。
セルフビルドの家は、日々進行形です(笑)

7月のろん農園はこんな感じ。
RIMG1416_convert_20150725140442.jpg
ヘチマとゴーヤのトンネルができつつあります。

毎日のように、野菜がいっぱい穫れます♪
RIMG1383_convert_20150725140046.jpg
左から、モロヘイヤ、イチゴミルクホウズキ、ゴーヤ、キュウリ、白オクラ、チビピー、オクラ、しし唐、高知ときび、しろもちトウモロコシ。

この時期、野菜を買うことは、まずありません♪
RIMG1387_convert_20150725140145.jpg
トマトも順調。
畑で赤く熟れたトマトは、スーパーのトマトとは比べ物になりません。美味い。
とはいえ、熟れたトマトは、鳥に食われたりするので、ほんの少し早めに収穫して追熟させてます。

梅を干すのに、梅雨が明けて、晴れ間を狙っていたら、ちょうど土用に。
RIMG1404_convert_20150725140303_20150725140804b69.jpg
昨日から、梅干してます。土用干しです^^

たまには、ろん農園の生活スタイルを紹介します。
【石鹸、洗剤辺。】

食器洗いは、アクリルスポンジを使って、水洗い。
ここ3年前くらいから、洗剤は使ってません。
何故かというと、

1、なくても十分汚れは落ちる。
2、排水が汚れる。
3、洗剤をつけると、今度は洗剤を落とすために、水を余計に使ってしまう。
4、洗剤が、食器に残っていたら、体によくない。

水だけで綺麗に洗うコツは多少ありますが、油もんは新聞紙でコソゲとるとか、スポンジを2種類つかうとか、
まあなんにせ、飲めるほど、綺麗な水で洗っているので、それだけで十分であると思います。

洗濯も案外、洗剤なくても十分落ちます。
五右衛門風呂の残り湯を再利用して、手洗い洗濯。
コツとしては、真っ白な服はあまり着ないようにしています(笑)

中には、しつこい汚れもあるので、そんな時は灰汁を使います。
RIMG1418_convert_20150725140526.jpg
薪ストーブや五右衛門風呂で出てきた灰を水に漬けておくだけ。
これで、手で触るとヌルっとするくらいのアルカリ洗剤の出来上がり。

しつこい汚れは、灰汁を薄めて、漬け置きしとくと綺麗になります。
RIMG1422_convert_20150725140607.jpg
少し黄色がかった透明な綺麗な色の自家製洗剤の出来上がり。

最後は、うちのニャンコ。
RIMG1395_convert_20150725141206.jpg
アズキとぢんちゃん。
もう生後3か月を過ぎますが、まだ乳離れできない模様です(笑)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

あら~すっかり大きくなって・・・(^◇^)お母さんと区別がつかないくらい育ちましたね。
横を通ると煙突から煙が・・・

おでぶちんです^^
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター