FC2ブログ

自家製しめ縄。

今年は、しめ縄を自分で作ってみました。
稲わらは、今年ろん農園の無農薬田んぼで、稲刈りしたもの^^

いつもながら、にわか仕込みの知識のなんちゃってだけど、初挑戦。

まずは、藁の下ごしらえ。
前日に水をかけて、湿らせてビニール袋に入れて置き、藁を柔らかくしておきます。
RIMG2944_convert_20151223195407.jpg
次に、樹脂ハンマーで軽くたたいて、さらに柔らかくしていきます。

次に藁を一本一本綺麗にして、3束に分けていって、
RIMG2945_convert_20151223195606.jpg
一束を左にねじって、また、一束を左にねじって、それらを右に回しながら、編んでいき、もう一束も同じようにねじって編んでいきます。(ネットで仕入れた情報を元に、それっぽくやってみました)
RIMG2947_convert_20151223195651.jpg
こんな感じに。

はみ出た藁を処理すると、
RIMG2952_convert_20151223195817.jpg
それっぽいものが、出来上がったぞ~♪

ここまでは、ネットで、検索すると詳しい作り方が説明されてます。
ここからは、伊勢地方のしめ縄なので、前年の物をよく見て、見よう見まねで作ってみました。
伊勢地方では、前掛けのようなものをつけます。
RIMG2957_convert_20151223195905.jpg
この前掛けを5束作っていき、
RIMG2958_convert_20151223195940.jpg
長さをそろえると~、
RIMG2960_convert_20151223200015.jpg
こんな感じに。
だんだんそれっぽくなってきたかな。

あとは、飾りとなる植物の葉っぱなどを集めます。
で、久々に、軽く山登り。
それっぽい葉っぱは、ないかな~?
RIMG2995_convert_20151223200221.jpg
裏が白いっぽいシダ植物を発見。これは、裏白ってのではなかろうか!?
それっぽいので、これを裏白に決定。

あとは、実家の庭の榊、ホームセンターで見つけたゆずりは、ろん農園の庭先に植えるように買ったヒイラギ南天で代用。
RIMG3015_convert_20151223200412.jpg
それぞれ、葉っぱには意味があり、
ゆずりはは、若い葉がでてから前年の葉が落葉することから、親から子へ代々続いていくように、
ヒイラギは、トゲトゲのある葉っぱで、古くから邪鬼の侵入を防ぐといわれていたり、
裏白は、裏まで白い誠心をあらわしたりと、それぞれに意味が込められているようですね。
RIMG3020_convert_20151223200507.jpg
今までは、しめ縄につけられている、葉っぱの意味なぞ考えたこともなかったけど、
自分で作ってみると、一つ一つに意味があったんだと知り、日本の文化って面白いな~と、改めて思いました。

最後は、木札をつけたら、完成です。
RIMG3022_convert_20151223200533.jpg
なんとか、それっぽいものができました。

これで、バッチリ新年を迎えられるぞ~^^

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター