FC2ブログ

陸稲ハッピーヒル精米。

昨年陸稲で作っていたハッピーヒル米を籾摺り、精米しました。
陸稲というと馴染みのない方が多いと思いますが、水田のように水をはって育てるのではなくて、畑で稲を育てるやり方です。
大変、手間がかかった上に、収量はわずかでした。
それだけに、貴重なお米です(笑)
RIMG3216_convert_20160113200442.jpg
まずは、インペラ式の籾摺り機で籾摺り。

今までは、循環式精米機で籾摺りをしてたのですが、籾をするのと同時に精米も進んでしまうので、かねてから欲しかったミニダップを新調しました。(白米ばかり食べていると、玄米が恋しくなってきます。)
この機械、雑穀の調整にも使えるし、ウチのような小規模自給農家には、かなり重宝されると思われます。
RIMG3217_convert_20160113200539.jpg
籾を投入すると、一瞬で、殻がとれて、玄米がでてきました。(感動)
少し籾が残っているので、2回目を通すとほぼ完ぺきに籾摺りできました。
機械の威力はすごい。
RIMG3218_convert_20160113200614.jpg
ビフォー。
RIMG3219_convert_20160113200646.jpg
アフター。

一度、ミニダップを通しただけのお米を炊いて食べてみましたが、小石や草の種などの異物が少し混ざってて、塩梅があまりよくなかった。ちょっと、これは食えんなって、レベル(泣)。

で、今回はもう少し丁寧にやることに。

そういえば、うちには頂き物の石抜き機という文明の利器が、ありました。
RIMG3222_convert_20160113200719.jpg
いままで、必要性を感じていなかったので、工場に眠ったままでした。
これを通すことによって、石を除去できます。

後は仕上げに、循環式精米機に通して、軽く精米して完成です。
RIMG3223_convert_20160113200822.jpg
この機械も優れもので、雑穀の調整やお米の精米と色々活用しております。
これは、前に中古で買ったもので、予想以上に大活躍。
循環式精米機は精米するだけでなく、唐箕のように軽いゴミを飛ばしたり、中の網で細かいゴミなんかも除いてくれるので、米が綺麗に選別されるように思います。

精米はほどほどに、わずかに表面を削った程度で、良しとします。
RIMG3224_convert_20160113200854.jpg
青いお米や少々の黒い点は、売り物ではないので、許容範囲。
これで、ちゃんと食べられるお米になりました^^

昨日は、薪づくり。
RIMG3227_convert_20160113201021.jpg
これらの木は、とある1級河川の岸辺に流れ着いた流木達。
いずれは伊勢湾に流れ着き、大量のゴミとして今、問題となっているものの一つ。

ゴミとされてる物を活用できれば、綺麗になるし、薪は集められる。
まあ、いわゆる一つの環境美化運動です。
(念のため河川事務所に流木を拾うのに許可がいるか聞いてみましたが、拾ってもいいそうです)
RIMG3229_convert_20160113201050.jpg
文明の利器チェーンソーで、
RIMG3248_convert_20160113201123.jpg
玉切り。
RIMG3250_convert_20160113201341.jpg
薪置き場に置いて、乾燥させて薪にします。
こんだけあれば、しばらくは安心です。

元気ですかー!!
元気があれば、薪ができる。
薪があれば、料理ができるし、風呂も焚ける。
迷わずいけよ、いけばわかるさ。いくぞー!!
RIMG3236_convert_20160113201216.jpg
お昼は、最近うちではまってる、自家製酵母のパン。
ヨーグルト酵母の食パンに、炒り卵。
RIMG3241_convert_20160113201258.jpg
うま~♪
RIMG3263_convert_20160113201411.jpg
写真は今一だけど、今晩は精米したハッピーヒル米を食べてみました。
貴重な陸稲ハッピーヒル米、石も噛まないし変な味もしないし、普通に食べれた~^^ほっ

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター