FC2ブログ

とうきび製粉、味噌解禁。

昨日は、昨年収穫した高知とうきびを製粉してみました。
RIMG3342_convert_20160119182218.jpg
トウモロコシの製粉。
ネットで、色々調べてみても今一引っかかってこない、、、
ソバや小麦だと自分で製粉してる人も結構いらっしゃるのだが、トウモロコシとなると中々いない。
中々、マニアックな世界のようですね(笑)

で、勘を頼りに製粉してみました。まあ、難しく考えずに粉にしたらいいのでしょう^^
RIMG3346_convert_20160119182310.jpg
一回目は少し荒めに調整して、
RIMG3349_convert_20160119182408.jpg
ふるいにかけて、粉を取ります。
RIMG3350_convert_20160119182436.jpg
これを、一番粉とします。白っぽい粉が取れました。

ふるいに残ったものを再度、製粉機にかけ、粉にしていきます。
RIMG3356_convert_20160119182534.jpg
これは、4回目の粉。回数をこなす度に、だんだん黄色っぽくなってきます。
使い方は、よくわかりませんが、とりあえず粉が数種類できました。
まあ、元がトウモロコシなので、どの粉も食べても問題はないでしょう(笑)

どうやって食べるのか、よくわからないけど、こねて焼いたら食べれるよね!?
ということで、早速こねてみました。
RIMG3359_convert_20160119182641.jpg
1番粉に、2番粉少し、水、塩、菜種油少々。

先日作った麺台で、伸ばしていく。
RIMG3364_convert_20160119182727.jpg
バンズ風に。
RIMG3365_convert_20160119182804.jpg
これは、いったいどこの国の料理!?
RIMG3358_convert_20160119182611.jpg
左から、菜花、チンゲン菜、山東菜。
畑でとれた新鮮な無農薬野菜をおかずに^^
RIMG3368_convert_20160119182837.jpg
自家製自然卵の炒り卵に、12月に掘った新ジャガのマッシュポテトに、野菜炒めを挟んだら。
RIMG3370_convert_20160119182917.jpg
オリジナル過ぎるバーガーの出来上がり。
恐る恐る食べてみましたが、普通にイケました^^うまっ

また、昨日は去年の冬に仕込んだ味噌を解禁しました。
RIMG3373_convert_20160119182955.jpg
味噌樽は床下に。

オープン、ザ、蓋。
RIMG3375_convert_20160119183024.jpg
いい感じに熟成が進んでいるようです^^
上に浮いてきてる黒い液体は、いわば溜まり醤油。

味噌を取り出すとこんな感じに。
RIMG3377_convert_20160119183121.jpg
自家製味噌、完成^^
大豆は自家製無農薬大豆。
米麹は、麹菌を買って、米を蒸して、麹菌を種つけして、自分たちで米麹を作ったのだった。
手間暇かけただけに、うれしい瞬間です。

今日のお昼は、うどんを打ってみました。
RIMG3426_convert_20160119183207.jpg
新しい麺台の使い心地は、中々いいようです。
RIMG3429_convert_20160119183253.jpg
うちで製粉した小麦粉でこねると、少し灰色っぽくなります。
RIMG3432_convert_20160119183323.jpg
自家製の鶏だしに、味噌に、野菜に、小麦粉を使った、手打ちうどん完成。
うまっ。

自給自足が、止まらない。

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです

味噌 美味しそうに出来ましたね。
うちも 去年ろんさんの大豆で作った味噌は とても美味しく 大好評でした。
今年も大豆をお願いしようかと思ったのですが 今年は 3キロしか収穫できなかったんですね 。
来年は ろんさんちの大豆を
楽しみにしてます♪

大豆。

昨年はありがとうございます。
あの大豆、美味しい味噌にしていただいたんですね^^うれしいです。

そうなんですよ、今年は、大豆3キロ><
次回は、お分けできるくらい作りたいと思っています。
今年は別の畑で、挑戦してみます♪


非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター