FC2ブログ

続、柿酢&踏み込み温床作成。

この間白いブヨブヨ層に覆われていた柿酢。
どうも調べたところによると、この白いブヨブヨ層が出ていれば、柿酢はもう出来上がっているらしいです。
RIMG3497_convert_20160201181644.jpg
それで、この間から、ちょくちょく濾し始めています。

これは、目の細かいステンレスのフルイを鍋にセットして、柿酢を流し込み、ろ過しています。
RIMG3498_convert_20160201181710.jpg
一晩おいておくと、
RIMG3500_convert_20160201181803.jpg
こんな感じに。
自然落下で、水分があらかた落ちてます。
これを何度か繰り返して、柿酢の原液を濾していきます。

ちなみに上の柿酢は、ただ柿をツボにほり込んでおいただけのもの。
次の写真の柿酢は、水を加えて、適当な糖度を調節して、イーストを少し加えて、ある程度発酵したら、買ってきた穀物酢を30%加えてと、丁寧に作ってみたのだった。
RIMG3505_convert_20160201182149.jpg
これも濾してみました。
RIMG3535_convert_20160201181529.jpg
左、穀物酢を加えたバージョン、右、柿オンリーバージョン。
酢を加えた方は、かなり酸度があるように感じ、味は少し、、、!?なかんじ。僕の作り方がたぶん下手なのもあると思います。
柿オンリーの方が、透明度があり、少し酸度低めで、甘みのある感じに仕上がりました。

柿オンリーの柿酢うま^^
やっぱり、人は余計な事をしなくてもよかったんだな。
なくてもよかった。むしろ、ない方がよかった(笑)

来年からは柿オンリーで仕込もう。

続きまして、今日は踏み込み温床を仕込みました。
今年は、踏み込み温床をつくって、野菜の苗を作ろうかと計画しています。
RIMG3647_convert_20160201180553.jpg
枠は、以前実家の納屋を解体した時に、分解した材を再利用。
何でもとっておくと、いつか役にたつ事がありますね(笑)。なるべく、今、あるものを最大限にフル活用。
温床というと落ち葉を使うことが多いですが、畑で、溜めてあった枯草の山を使ってみました。
これなら、外から持ってこなくても、畑にあるもので作れるし、また畑に循環させていければ、これに超したことはないと思いつきました。
果たして、うまくいくのやら!?まあ、実験です。
RIMG3648_convert_20160201180631.jpg
米ぬかを振りまいて、
RIMG3650_convert_20160201180702.jpg
鶏糞を振りまいて、
RIMG3649_convert_20160201180749.jpg
踏み踏みしたり、
RIMG3654_convert_20160201180917.jpg
水をまいたり、

この水は、簡易雨水タンクを使って、
RIMG3651_convert_20160201180816.jpg
雨水タンクといっても、ただ、樽を屋根先の下に置いておいてただけですが、超満タンに(笑)
うちの井戸の水は無限ではないので、自然の恵みを最大限に利用^^
RIMG3664_convert_20160201181001.jpg
枯草、米ぬか、鶏糞、水と何層にもサンドイッチして、踏み込んでいきます。
木枠の上まで、敷き詰めて踏み込んだら、仕込み完了。
RIMG3667_convert_20160201181118.jpg
温度計をセットして、日々様子をうかがっていきます。
うまく発酵が進めば、1~2週間後には温度が上がってくはずです。

小梅の花が、ちらほらと咲き始めています。
RIMG3670_convert_20160201181154.jpg
どうか、無事温床の温度が上がってきますように~><

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター