FC2ブログ

2月の野菜と自給ライフ。

2月のお野菜を紹介。
畑では、菜花がちょくちょく出てきています。
RIMG3692_convert_20160204173627.jpg
続いて、朝熊小菜絶好調。
RIMG3697_convert_20160204173658.jpg
うちでは、お浸しにしてよく戴いてます。この季節の葉物としてかなり重宝してます^^
RIMG3698_convert_20160204173726.jpg
大根も絶好調。

農園に卵を直買いに来てくれた方には、これらの野菜の販売もしております。
穫れたての無農薬お野菜、卵と一緒にいかがですか^^
農薬や化学肥料はいっさい使わずに育ているので、安心して食べていただけるかと思います。

この棚は、ろん農園で穫れた雑穀や穀類が、ズラーっと並べてあります。(全て自家用)
RIMG3685_convert_20160204173550.jpg
もちキビ、もちアワ、アマランサス、高キビ、白ヒエ、チビ黒豆、大豆、そば粉、小麦粉など。
うちでは、ご飯を食べるのに、たくさんの選択肢があります。
まず、普通にコシヒカリの白米、玄米、次に、雑穀を混ぜたご飯、他には陸稲で作ったハッピーヒル米もある(笑)

雑穀を混ぜてお米を食べるなんて、いつの時代!?って感じですが、これがけっこう美味しいんです。
最初は、米の消費を減らそうと、苦肉の策でご飯に混ぜて炊いてみたのが始まりでしたが、これが中々しっくりきました。
故きを温ねて新しきを知る。といった感じですかね(笑)

そんなご飯のお供は、自家製のキムチ(嫁作)。
RIMG3706_convert_20160204173801.jpg
これ、激うまです。

自家製の小麦粉があれば、粉物もイケます^^(嫁作)
RIMG3676_convert_20160204173359.jpg
たまには、ピザもいいですね。うまっ。

こないだから、濾してた柿酢はこんな感じに。どんだけ~
RIMG3682_convert_20160204173521.jpg
左、柿オンリー、右、色々手を加えた方

昨日は、恵方巻。
RIMG3707_convert_20160204173840.jpg
自家製の柿酢と卵を使ったマヨネーズのシーチキン、うまっ。
卵焼きに、自家製沢庵、朝熊小菜のお浸し、フキノトウ味噌、ゴボウとニンジンのキンピラ、自家製キムチなどは、ろん農園産。
後はカニカマ、ネギトロと、スーパーで買って来たら、贅沢な恵方巻の出来上がり。

また、今日のお昼は、手打ちうどん(嫁作)
RIMG3752_convert_20160204173958.jpg
小麦粉に、少しそば粉を混ぜた、オリジナルうどん。
RIMG3754_convert_20160204174022.jpg
昨日の恵方巻の残りの具をのっけたら、自家製手打ちうどんの出来上がり。
ちょっと太めの麺が、きしめん風(笑)

最後に、今日は、米麹を仕込みました。
RIMG3723_convert_20160204174053.jpg
ただいま、布団の中で、保温中。
今日から三日間、適温を保って、麹菌を繁殖させていきます。
さあ、去年に引き続き、2回目の本格的な米麹づくり。
どうなることやら!?ドキドキです。

今晩は、麹菌と一緒に寝ますぞ(笑)

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター