FC2ブログ

手押し除草機&キノコ机つくる。

早いもので田植えを始めてから、もう1週間。
一回目の除草機を通しました。
RIMG5590_convert_20160530193537.jpg
まだ、草の芽は見えてきていないけど、この時期から除草対策をしておくことが無農薬栽培のポイントです♪
これから、1週間おきに計3回ほど、除草機を通していきます。
生育初期の除草さえしっかりしておけば、後は除草はほとんどしなくてもいいぐらいに育ちます^^

今回は条間を縦に入り、次回は横にと方向を変えて、除草機を通します。
RIMG5595_convert_20160530193635.jpg
THE 手押し除草機、渋いっしょ(笑)

無農薬のお米作りでは、除草剤を使わないので、草対策が必要となります。
うちぐらいの自給規模の田んぼなら手押しで十分^^
陸稲で除草の大変さを身に染みているので、田んぼの除草機を使っての除草の素晴らしさが、より実感できます(笑)
水田は優れた農法であり、除草機はまた優れた道具なのです。
RIMG5593_convert_20160530193605.jpg
苗代から流しこんだ浮草もだんだん増殖してきました。
この浮草が光を遮断して、除草に役たってくれるのではと期待しております。

田植えが終わっても、自給自足はまだまだ、とめどなく畑作業は続きます♪
RIMG5583_convert_20160525202143.jpg
南瓜や冬瓜の苗がたくさんできたので、定植しました。
南瓜は打木南瓜。オレンジ色のカボチャです。冬瓜は、去年直売所で買って食べたものを種とりしたもの(笑)
今年は、南瓜も冬瓜もいっぱい穫れそう^^
RIMG5584_convert_20160525202207_2016053019441724c.jpg
無農薬だからと言って何もしないと、葉っぱがなくなってしまいます><
ウリ科は、苗が小さいうちはウリハ虫に食われやすいので、牡蠣殻の袋なんかで囲って守ってあげてます。

今日は、畑作業の隙間を狙って、DIY。
庭に机を作りました♪
RIMG5601_convert_20160530193732.jpg
この間薪をもらってきた時に、『これもいらないから、よかったら持ってって』と戴いていた木材を使いました。
RIMG5602_convert_20160530193811.jpg
チェーンソーで、角を落として丸くして~
RIMG5603_convert_20160530193841.jpg
裏っ側に、ほぞ穴を空けてみました。
RIMG5605_convert_20160530193910.jpg
チェーンソー、ドリル、のみを駆使して、なんちゃって大工さん。

次は柱となる材の加工。
この木は、鶏舎を立てる際に、伐採したマキの木を使いました。
マキの木は水に強く腐りにくいということで、柱には最適♪
RIMG5606_convert_20160530193939.jpg
土に埋まる部分を焦がして~
RIMG5607_convert_20160530194038.jpg
80センチほど穴を掘って~
RIMG5609_convert_20160530194107.jpg
ズボンと埋めると、こんな感じに。

ここから、チェーンソーでホゾを削っていきます。
RIMG5611_convert_20160530194146.jpg
それっぽく出来上がりました♪
RIMG5612_convert_20160530194213.jpg
ちゃんとハマりますように~><

板をかまして、カケヤで叩いて、少しづつはめ込んでいきます。。。
RIMG5613_convert_20160530194256.jpg
とりあえず、こんな感じに。

巨大なキノコのような机が、出来ました(笑)

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター