FC2ブログ

THE 稲、手刈り収穫。

お天道様と相談しながら、稲刈りをコツコツと進めていました♪
RIMG0613.jpg
3株ずつを一束にして、2束をバッテンにして置いておきます。
RIMG0615.jpg
今年は、しゃがみ姿勢のまま刈り続ける手法を採用しました。
昔、格闘技のトレーニングでやってたアヒル歩きが、こんな所で役立つとはね。
農業やってたら、自然と足腰の鍛錬にもなります(笑)
RIMG0616.jpg
しゃがみ姿勢から、株下を見るとこんな感じ。
草との共生栽培ですね(笑)
RIMG0617_20160911182657237.jpg
バッテンを二組交互になるうように重ねて、計4束を一辺に縛っていきます。
RIMG0618_20160911182659c6a.jpg
麻ひもで、きゅっと縛って出来上がり。
昨年の稲わらを使って、結束するやり方も試しましたが、作業スピードを優先して麻ひもを活用することにしました。
もし、紐がなくても稲わらでも結束できるんだという経験値は上げておきました^^
RIMG0619.jpg
全部刈り取り、結束し終わった。。。
RIMG0622.jpg
後は、はさにかけるだけ^^よっしゃ~!!
RIMG0630.jpg
オール手刈り、手結束、はさがけ、天日干し完成!!
全て手作業でやっただけに、とても感慨深いものがあります。

最終日は、天気も良くて最高の稲刈り日和でした。
RIMG0653.jpg
この景色、一年の農作業で、1番好きな光景かもしれない^^

稲刈り終わった翌日には、少し息抜きに山登り。近場の掘坂山へ。
RIMG0671.jpg
山の木々やストーンから、癒しやパワーを頂いています^^
RIMG0676.jpg
頂上からは、松阪市内、伊勢から津までが、一望できます♪
秋晴れのいいハイキング日和でした。
RIMG0682.jpg
山登りから帰ってきたら、梅ジュースで、疲労回復。
去年の梅シロップも底を尽きたので、今年仕込んだ梅シロップを解禁しました♪

稲刈り終わって、ほっと一息と行きたい所、天気のいいうちにやっておきたい作業は、ちょこちょこあります。
RIMG0683.jpg
雑穀のヒエが、いい感じに乾燥してきました。
RIMG0686.jpg
ヒエは、量がしれてるので、地味に手でゴシゴシとしごいて脱穀。
RIMG0688.jpg
なんだかんだで、2キロ弱。
RIMG0694.jpg
菜園では、綿が花を咲かせております。
RIMG0706.jpg
秋まきのニンジンも発芽!!
自家採種の種が絶好調でした^^
発芽率が悪いと思って多めに蒔いたら、全部出たんちゃうか!?と、いうぐらい出ました(笑)

各種アブラナ科も、好調に発芽し成長しています。
RIMG0709_201609111828534aa.jpg
これは、御園大根。

次は、陸稲で作ってるハッピーヒルのもち米。
RIMG0710.jpg
草と同化しちゃってますが、こう見えても、稲が植わっております。
陸稲は草対策が、少し大変なので、少しさぼり気味。
まあ、ある程度穫れればいいさ~(笑)
RIMG0713.jpg
無事に、出穂し始めています。

年末には、このハッピーヒル米で、もちつくぞ~^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

小さい時、田舎で育りました。友達の実家が、庄にあり、そこにも行った記憶があります
(^◇^) とても懐かしい原風景です。

楽眼堂さん>近くに櫛田川の清流があり、山もあり、とても自然環境のいい所ですね^^
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター