FC2ブログ

小さな卵屋さんの1日。

いつも畑ネタが多い、ろん農園のブログですが、本業は卵屋さんをやっております(笑)

今日は、卵屋さんの日々の作業や鶏の様子を紹介したいと思います♪
まずは、朝の鶏の世話から始まります。
RIMG1286.jpg
この時期は、ちょうど世話してる時間に日の出が昇ってきます^^
早朝の仕事は、鶏の餌やり、水替え、産卵箱の掃除など。また、鶏の体調や変化はないかチェックしたり。
RIMG1235.jpg
これは、自家配合している飼料。
三重県産の小麦を中心に、米ぬか、大豆、もみ殻、魚粉、牡蠣殻など各飼料を仕入れ自家配合。
全て国産の飼料で、まかなっています。
輸入の飼料には、遺伝子組み換えやポストハーベスト等、心配要素も多い。。。
国産、それも近場で作られたもので、まわしていければ、それに越したことは無いと思います。
RIMG1236_201612031704146b1.jpg
これらの自家配合飼料に、適度な水分を加え、米ぬかの中にいる微生物の力を活かして、好気発酵させてから鶏に与えています。特別な微生物資材等使わなくても、自然と発酵してくれます。
寒くなってなってくると、発酵のスピードが遅くなってくるので、少し時間がかかりますが、
このようにホカホカに温まってきます^^

発酵させた飼料は、アルカリ食品のような性質をもっていて、鶏さんの血液を中和して健康を増進したり、消化吸収率を上げてくれたり、鶏糞の匂いを少なくしたりと、いいことが沢山あります。まあ簡単にいいますと、発酵食品は健康にいいのです♪
卵への影響としては、白身がこんもり盛り上がったり、また、コレステロールが少ないという分析もでています。
RIMG1278.jpg
また、朝の鶏の餌やりでは、緑餌(草)も与えています。
冬が近づくにつれて、草の量は少し減ってきますが、これはこれで自然なことだと思っています。
夏場は、コンテナ一杯与えていた草が、今は半分~3分の一くらい。
もう少し草がなくなってきたら、茎葉ごと細断して仕込んだ自家製のコーンサイレージに切り替える予定です。

鶏舎は全部で今、4棟あります。
RIMG1288.jpg
この鶏舎は、真ん中に仕切りがあって、2部屋に分かれています。
1年目のゴトウもみじ、2年目の秋に入れたシェーバーブラウン。
RIMG1290_201612031704496fe.jpg
奥に見えるのが、2年目の春に入ったゴトウもみじ。右に見える部屋は、予備の隔離棟。
鶏舎と鶏舎の間には、大きなビワの木があります^^
RIMG1292.jpg
餌をやっていたら、ちょうど朝日が昇ってきました。
鶏さんも止まり木で朝日を浴びて、パワー充電中^^
RIMG1299.jpg
最後の1棟は、スモールハウスの敷地に。
ここの子は、3年目になる今年の春にきたシェーバーブラウンちゃん。
RIMG1300.jpg
鶏の世話が終わったら、餌づくり。
各飼料の分量を計って、スコップで混ぜこんで、発酵飼料を仕込んでいきます。
冬場は発酵速度が遅いので、前回作っておいた発酵が進んで温かくなっている飼料を脇に置いて、発酵を促進させます。
RIMG1305.jpg
卵屋さんの朝の仕事は、あと卵の出荷や配達があります。
本日は、個人のお客様と直売所への出荷。今日は、菊芋も出したりと、野菜もチョクチョク販売しております。
近隣にお住いの方には、無理のない範囲で、配達にも伺っております♪

午後の作業は、鶏の餌やり、水替えに加え、集卵作業。
RIMG1312.jpg
まずは、スモハの前の鶏舎。
朝は、鶏舎の外観を紹介したので、午後は中の様子を紹介します。
RIMG1315.jpg
また今日は、餌に冬瓜も与えました。
鶏さん冬瓜とかのウリ科は結構好物なようで、喜んで突いて食べてくれています。
RIMG1316.jpg
この部屋は、2年目のもみじさんの部屋。
RIMG1319.jpg
2年目のシェーバーさん。
RIMG1322.jpg
日の当たる所では、砂浴びをしています。
鶏舎の床は、サラサラのふかふかです♪
天気のいい日は、必ずといっていいほど、砂浴びをします。
RIMG1323.jpg
ここは、隔離棟。
現在、ケガした子やいじめられっ子が、隔離中。
鶏の世界も中々厳しいようです。同じ鶏でも、強い子、弱い子と序列が決められていくのが鶏の世界。
その中でも、一番チキンハートな子は、あちこち逃げ回って、最終的に産卵箱に隠れて、悪さをする事があるので、隔離させています(苦笑)
RIMG1324.jpg
最後は、一番古株のもみじちゃん。
右に見えるのが、産卵箱で、この中で卵を産んでくれます^^

一番若いシェーバーさんだと、こんな感じ。
RIMG1314.jpg
今この部屋は、57羽いて、1日に産む卵の数は、だいたい50個前後くらい。
ちなみに、鶏は、年を重ねるごとに、卵を産む数はだんだん減ってきます。
RIMG1326.jpg
全部集めるとこんな感じに。
優秀な鶏さん達が、産卵箱を綺麗な環境で保っていくれているので、ほとんど汚れはありませんが、商品にするために、
わずかについた汚れを落としていき、パック詰めして、ラベルを貼って卵屋さんの1日の仕事終了です^^

卵の作業の合間を見計らっての畑仕事。
RIMG1310.jpg
今日は、陸稲で作っているハッピーヒル(もち米)を収穫しました。
RIMG1327.jpg
バッテンにして縛って、軒下で、はさがけ。
収量や出来は、今一つですが、年末に餅つけるくらいとれれば、最高なんだけどな~。

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター