FC2ブログ

鉄板溝板作成&お米の籾摺り、精米。

農園の入り口際の排水溝に蓋を作成しました。
今まで、軽でギリギリ入れるくらいだったのが、これが完成すれば、乗用車でも駐車可能になるのではと思い立ちました。

なるべく買わずに、あるもので何とか仕上げるのが僕のモットー^^
実家の工場の前に転がっている鉄板を利用することに。
RIMG1689.jpg
最初は、長いまま使おうかと考えたのだけど、メチャンコ重たくて断念。
この分厚い鉄板、小さなグラインダーで切れるんか!?ん~わからん、いっちょやってみっか。
RIMG1688.jpg
時間はかかるけど、少しずつ切れていく♪なんでもやってみな、わからんもんやな~。
なんせ素人なんで、いつもぶっつけ本番(笑)

無事切断できて、次は穴空け。
果たして分厚い鉄板にドリルで穴が空くのか!?
RIMG1690.jpg
空きました。
6ミリ、10ミリと2回に分けて穴を空けてみました。
RIMG1693.jpg
裏に角材を当てがって、ボルトで止めて、ズレ防止&補強してみました。
これを排水溝にセット。
RIMG1698.jpg
手前が少し高いようで、微妙、、、
道路側は、わずかに坂になってたりしてて微調整が必要。
手前側を削ることに。
RIMG1699.jpg
ディスクグラインダーの刃をダイアモンドカッターに変えれば、コンクリも切断できます^^
小さな機械でも、鉄板もコンクリも切断できる便利な機械♪
RIMG1707.jpg
完璧を求めればもう少し削りたい所だけど、ほどほどで良しとします。完成♪
これで、車の出入りも楽ちんに^^

昨日は、お米の籾摺りや精米をしてきました。
お米は籾保存。つまりは、もみ殻がついた状態で保存しています。
RIMG1700.jpg
小型の籾摺り機ミニダップで、もみ殻を飛ばしていきます。
食べる直前に籾摺りして食べるのが、お米の保存状態や鮮度は一番いいように思います。
RIMG1703.jpg
一瞬でもみ殻を飛ばして、玄米に仕上げてくれる便利な機械です。
2回通せば、ほぼほぼ殻は綺麗にとれます^^こんな感じに。
この次に、石抜き機を通して、石を除いてから、循環式精米機に。
RIMG1705.jpg
ウチでは、玄米7割に、白米3割くらいと同じお米でも2種類食べ分けています。
玄米で食べる場合も、圧をかけずに少し通してゴミや砕米などを飛ばしてやります。
RIMG1706.jpg
また、白米にするといっても、6分づきくらい。精米はほどほどがいいように思います。
ウチでは、お米を籾摺り精米するのも大事な生きるための仕事。オール自家用のお米です^^
RIMG1677.jpg
究極を言えば、お米があって、水があって、薪があれば、生きていけるんだな(笑)
RIMG1681.jpg
冬の自給仕事といえば、豆の選別があります。黒豆、チビ黒豆と選別終了♪
割れたのや欠けたのやカビたのなどを地味に手で省いていく、マメな仕事です(笑)
ただいま大豆の選別に、奮闘中。
RIMG1686.jpg
小麦も順調に成長中。2回目の麦踏したり。
RIMG1683.jpg
干し柿がちょうど食べ頃。
今年は、一個もカビさせることなく大成功♪
干し柿美味し。

にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

素敵な自給自足ですね!

時給自足で飛んできました。
小さな畑で野菜作ってます。
今年は頑張るぞと思って、調べていました。

黒豆や野菜・卵と本格的でびっくりしました。
DIYも素敵です。
達磨ストーブ出してこようかなと思ってます。

Re: 素敵な自給自足ですね!

どうも初めまして、コメントありがとうございます。

ウチは、時計ストーブを調理に使っているので、年中愛用しています。
調理の使い勝手もいいですし、冬場は、暖もとれますし、とても面白いです^^





非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター