FC2ブログ

堆肥置き場完成&鶏の引越し。

この間から、とりかかっていた堆肥置き場が完成しました♪
RIMG1970.jpg
ビフォー。
RIMG2025.jpg
アフター。

奥の柱は、元々あった柵の柱を利用しての掘っ建て式で、手前は基礎石を置いて柱を立てるというヘンテコリン工法(笑)
買った材は、屋根の垂木とヌキ板、トタン1枚と基礎石2個くらいで、後は使いまわしの材や廃材を継ぎはぎ継ぎはぎして、仕上げました。
この堆肥置き場に置きたかったのは、これ。
RIMG2026.jpg
昨年の2月に仕込んだ踏み込み温床の敷材。
今年も同じ所で、踏み込み温床を作りたいので、この中身を取り出しておきます。
仕込んだ当初は、木枠の上まであった枯草などが、堆肥化が進んで、徐々に下がってきました。
RIMG2028.jpg
堆肥化が進むとこのように茶色っぽくなってきます。
RIMG2032_20170212172251566.jpg
こうやって、分解が進んだ堆肥は、良質な有機肥料となったり、
育苗の土に使ったりと野菜作りに重宝します♪
RIMG2034.jpg
真ん中に仕切りをつけて、左、温床堆肥。右、コンポストトイレの堆肥。(ストレートに言えば、人糞堆肥ですね)
コンポストトイレのすぐ隣に、堆肥置き場をこしらえたので、動線が繋がり、とっても楽ちんに^^
日々使い勝手がいいように、作り変えていけるのがセルフビルドの面白いところ。

近々踏み込み温床の仕込みをやる予定です。今年の野菜作りもボチボチ動き始めます^^
そして、今年のヒナの入荷の準備。
RIMG2039.jpg
この部屋が、ヒナの育雛舎となるので、この子達は、お引越しさせました。
RIMG2043.jpg
あらかじめ空にしておいた部屋に、移していきます。
この間こしらえた隔離コンテナが、活躍しました。鶏の移動が楽ちんに^^
RIMG2047.jpg
どちらの鶏舎も基本的に同じ作りになっているので、引っ越ししても、すぐに馴染んでくれました。
ビワの木を挟んだ鶏舎が、いい感じですね(自画自賛)。
鶏さん達も、きっと心地いいでしょう^^

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

柚餅子ができた!

このブログで見て作った柚餅子。
出来ました。
食べました。
美味しいです。

さて、味噌も作りたいので考え中です。

ろんさんのこと勝手にブログに書きました。よろしく。
http://ameblo.jp/agrifresh/entry-12248003848.html

Re: 柚餅子ができた!

クルミ入りの柚餅子美味しそうですね^^

味噌ですが、麹から作るとなると少し大変ですが、乾燥麹を使えば簡単に作れますよ~。
麹の量を多めにすれば、早くに発酵が進んで、出来上がるまでの時間は早くなるとか、大豆や麹の量を調節すれば、お好みの味噌に仕上げることができるらしいです。

米麹づくりも丸3日間保温する手間はかかりますが、麹菌がびっしりとハビコッタ時は感動ものですよ^^今年は失敗しましたが(苦笑)
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター