FC2ブログ

食の自給&猪肉ゲット!!

今回は、うちの食の手造り品を少し紹介します♪

この間完全防備で、粉砕した唐辛子を使って、キムチを仕込んでたのが、いい感じに仕上がってきました。
RIMG2282.jpg
一般的には、韓国唐辛子を使うらしいんやけど、ウチでは農園で収穫した普通の鷹の爪。
一昨年は、鷹の爪唐辛子粉を本に書いてある韓国唐辛子の分量入れたら、辛すぎてとても食えるものじゃなかった(撃沈)その反省を活かして、今回入れた鷹の爪唐辛子粉は、小さいスプーン2杯くらい。一回入れ過ぎると、取り返しがつかないので控えめに(笑)
見た目には、赤くないですが、ほど良い辛さになっております^^
他の材料は、りんご、甘酒、塩、醤油、オイスターソース、大根、人参、スルメ、お酢、ニンニク、ショウガなど
自家製キムチめちゃ美味です♪
RIMG1860.jpg
軒下に吊るしてある柚餅子は、
RIMG2287.jpg
良きご飯のお供に。
主な原料が、味噌なので保存性も抜群。
干してる間に、味噌や柚子の皮が、お互い浸透しあって、味を引き立てていきます^^
RIMG2286_201703031751189ca.jpg
保存食といえば、梅干しは保存性抜群。
これは、一昨年漬けた白梅。
赤紫蘇を入れずに、塩と梅だけで漬けた梅干しです^^まだまだストックはたくさん。

また、カスタードクリームもちょくちょく作っています。
RIMG2289.jpg
ろん農園の自然卵、豆乳、小麦粉を使った自家製スペシャル。

自分で育てて、自分で作る食品は、無農薬、無化学肥料、無添加♪
結局のところ、自分で育てて、自分で食べるというのが、究極の贅沢なのかもしれません。

今日のブレイクタイム。
RIMG2293.jpg
僕の盛り方センスナシオだけど、自家製酵母パンに、自家製小豆&カスタードクリーム。

ここからは、猪肉編。
つい先日、山の猟師さんから連絡があり、近くの山でイノシシを仕留めたらしく、少し手伝ってほしいとの事。
鶏作業をすべて、嫁に任せ、、、いざ山へ。
RIMG2273.jpg
仕留めた猪をロープで山から引っ張り出してくる作業でした。
3時間かけて、藪をかき分けかき分け、少しずつ少しずつ、引っ張りだしてきました。
超~ハードワーク。久々~に、格闘しました(笑)
50キロオーバーの大きな猪ちゃんでした。
RIMG2295,1
お礼に、お肉を分けていただきました。
猪肉ゲット^^うっしゃ!!

自給ライフに肉が入れば、最強。
RIMG2276.jpg
昨年仕込んだ手前味噌は、
熟成が進んで、赤っぽくなってきて、たまり醤油も湧いてきていい感じに。
RIMG2283.jpg
自家製味噌を使って、近々猪鍋にしよ~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

自家製鶏卵のカスタードってのがたまりません。
濃厚カスタードに小豆あん。えぇなぁ。

イノシシの肉?食べてことないからね。イメージがわきませんが。
ワイルドなおいしさなんでしょうねぇ。いいなぁ。

そろそろ畑の季節で、忙しくなりますね。

Re: タイトルなし

イノシシの肉は、ワイルドな味します(笑)
部位や猪の体格や年齢などで、肉の硬さや味も変わってくるのだと思いますが。
家畜のお肉のように、均一ではないですからね。
野生の肉ならではの味だと思います^^

けど、ときどき絞める鶏の肉に比べれば、全然柔らかく食べやすいです。
ウチで絞める鶏は、スーパーで売られているお肉とは比べ物にならないほど硬いですから(笑)

これから畑の季節ですね~^^
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター