FC2ブログ

粘土層突破!!

3個目の井戸側を挿入したのはよかったのだけど、一向に下に落とし込む事が出来ませんでした><
で、原因を追究、、、

原因は、井戸側の傾きでした。
だいぶ斜めってたようで、うまいこと下へと落ちる力が加わらないよう、、、
一個目の井戸側を入れた時に少し傾いていたんだろう。
少しでも傾いてると、3個になると結構傾いてずれてきてしまうようです。
せっかく入れた井戸側ですが、いったん引き上げて微調整する事にしました。

図で説明するとこんな感じ。
RIMG2679.jpg
わかりやすいように、極端に傾きをつけてあります。
この高い側の壁面を削って、まっすぐ落ちるように調整します。

井戸掘り7日目。
まずは、チエンブロックを駆使して井戸側を引き上げていきます。
RIMG2645.jpg
一番下の井戸側を上げる時は、流石に重かったようで、少しミシミシいってギリギリでしたが、何とか全部引き上げることができました。ふぅ。
RIMG2648.jpg
埋めた3個を引き上げました。
まあ、なんちゃっての素人がやってるので、そりゃあそう簡単には、行きませんよね。

壁を削りなおして、なるべく垂直に入るように微調整。
RIMG2649.jpg
なんちゃって職人の技が、光ります☆彡
これで、いいでしょう。

今回は、垂直や水平、上下の井戸側のズレのないように、慎重に、チエンブロックを使って、完璧を目指します。
井戸側の挿入は、適当ではいけなくて、丁寧にやらなくちゃいけないんですね。経験者語る(笑)
RIMG2650.jpg
地面の上40㎝くらい出ていた井戸側が、スッポリと地面の下まで、落ちていきました。完璧♪
よっしゃ!!
RIMG2652.jpg
井戸側は90㎝×3の270㎝。
今回入れた井戸側の最下部からの深さ3mに^^

井戸掘り8日目。
順調に水も湧いてきています♪
RIMG2654.jpg
動力ポンプで、溜まった水を引き上げてからの掘削作業となります。
RIMG2644.jpg
上げた水は、樽にとっておいたら、井戸側が落ちないときに、溜めておいた水を井戸へ入れて落とせるんでないかと考えました。
備えあれば、憂いなし。
また、作業が終わった後の泥落としや苗の水やりにも役たちます^^

この日は、前日に壁を削った土が底に溜まっているので、まずはそれらを全部上げて、それから下へ掘り進めていきます。
これまでで、マックスな土上げ量でした。
赤茶色の粘土層を突破し、4m辺りから茶色の土や砂になり始め、4m30㎝で砂利が出始めました。
ネトネト、ベタベタの掘りにくい粘土層を突破し、気分も変わるし、ほっとする瞬間。
RIMG2662.jpg
今日は深い所で、4m30㎝まで掘り進められました。
あと、もう少しで目標の4m50㎝^^
4mのはしごもスッポリ。
RIMG2663.jpg
そして、4個目の井戸側挿入~。
チエンブロックを使って、慎重にピッタリ合わせていきます。
RIMG2667_20170320180007724.jpg
うん、水平もだいたいいい感じ。
垂直に井戸側が入って入れば、自重で徐々に落ちていってくれます^^
順調に沈みこんでくれますように~。

踏み込み温床で育てている野菜達の苗。
RIMG2672.jpg
ナスに引き続き、伊勢ピーも無事発芽。
RIMG2668.jpg
別種のナスも無事発芽^^
RIMG2669_20170320180035d54.jpg
赤紫蘇。
RIMG2673.jpg
トウガラシ。真ん中のUの字を逆にしたようなものがそう。もう少しで双葉が出てきます^^
RIMG2674.jpg
レタスも順調に成長中。
RIMG2677.jpg
畑に直播してあった大根も発芽。
昨年は御園大根を春に蒔いたら、トウたちして花がついて、大根で食べられなかったので、今回は春にも蒔ける大根の種を探してのリベンジ。
RIMG2670.jpg
朝熊小菜はちょうど菜花が、いい感じに咲き始めています。
RIMG2678.jpg
最後は、芸術的な山芋で。

自然薯だと思って育てていた山芋は、どうやら食べた感じで、長芋ぽい感じでした。
もともとは、直売所で買ったムカゴを何年も前に畑に植えたのが始まり。こんなに大きくなりました^^
このいもは、冬の間も全然傷むことなく保存できて、重宝する芋だな~と感じております。
この山芋食べて、もう少し井戸掘り頑張ります(笑)

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター