FC2ブログ

お米の自給&機械の修理。

10月5日、稲架がけしていたお米をハーベスタを使って、脱穀しました。
RIMG4786.jpg
あれだけあった稲の束も、ハーベスタを使えば、ものの3時間くらいでこの通り。
これを人力、足踏み脱穀機でやったとしたら、どれだけの労力がかかるやろうか?ほんと、機械様様です。
途中から、機械の調子が悪くなり、うまいこと脱穀した籾を送り込まないようになってしまったけど、できないことはなかったので、最後まで強行しました。なんとか、脱穀終了。
RIMG4788.jpg
コンバイン袋12袋半。去年より少し多めかな^^いい感じ。
稲架がけした、稲の幅は去年より短かかったのに、籾の量は多かった。
RIMG4785.jpg
今年は、稲架にかける時、稲の束を左1、右9というように少ないのと多い束にわけ、交互にかけていく技を試してみました。
この方が、同じ幅でも多くかけられるんだとか。やってみた感は、シッカリとお互いが密着し合って、安定感良く沢山かかったような感触はありました。3~4週間干していた間にも、台風で1束落ちてたくらいで、かなり安定感もある感じがします。

工場に持ち帰り、袋詰め&計測。
RIMG4796.jpg
去年よりも4袋近くアップ^^よっしゃ。
籾付きのお米の状態なので、玄米にすると、ここから3分の2くらいの量になりますが、これだけあったら自分たちが食べる分十分あるでしょう♪自給自足の要、お米の自給^^
何はともあれ、お米があったら食っていけるんだな。

で、機械の調子が悪かったので、自分で直すに、チャレンジしてみました。
最近は、機械も自分で直すようにしています。
RIMG4797.jpg
脱穀するドラムの下の辺りが、お米をうまく送り込まないようだったので、そのあたりを直していきます。
ベルトで駆動してるカバーを外して中を見てみます。
RIMG4789.jpg
中のベルトが、外れてしまってました。原因は、どうやらこれみたい。
ベルトも老朽化して、切れる寸前といった感じ。
RIMG4799.jpg
外してみるとこんな感じ。交換することにしました。
RIMG4790.jpg
必要なベルトは機械に、ちゃんと説明図が書いてくれてありました(親切~)
ふむふむ、A41ね。
RIMG4798.jpg
近くの農業店で、替えのベルトを買ってきました。
ベルトはホームセンターでも売ってるし、意外とみんなDIYで直したりしてるんだろう^^

ベルトの組換えは、まるで知恵の輪。中々難い。
RIMG4800.jpg
ああでもない、こうでもないと、頭をひねって、なんとかねじ込みました(笑)
完璧。意外とやってみれば、できるもんですね。
自分でやれば、時間はかかるけど、工賃かからんし、スキルも向上♪
RIMG4803.jpg
エンジンの調子も今一悪かったので、キャブレターを清掃して、メンテナンス。
これで、来年は、絶好調のはず^^

もう1個機械が不調でした><。
RIMG4821.jpg
脱穀し終わった藁を片付けようと、藁カッターを出動させるも、エンジンをかけても、すぐにエンスト。
何度も紐引っ張って、スタートさせるもすぐに止まってしまう。
また、キャブかな?と清掃するも変わらず不調、、、

色々調べて、1個1個潰していこう。
RIMG4819.jpg
点火プラグをチェックしてみたら、真っ黒。原因は、これですな。
たぶん、普段から機械をメンテナンスしてる人なら、初歩的な事なんだろうけど、恥ずかしながら自分は初めて点火プラグなるものを外して点検。新しい機械なら、そうそう点火プラグ変えなくても大丈夫なんだろうけど、中古で仕入れた機械なので、こういった事もまあしょうがなし。中古の機械のおかげで、ドンドン機械に詳しくなっていく(笑)
RIMG4820.jpg
替えの点火プラグを近くの農業店でゲット。
今まで目にとめた事もなかったけど、色んな種類の点火プラグが売られていました。

早速、点火プラグを新しいものに交換。
RIMG4837.jpg
よっしゃ直った~。完璧!!

ここからは、ウチの中での出来事。
毎朝お湯を沸かして、保温ポットに入れて、いつでもお茶を飲めるようにするのが日々のルーティーン。
RIMG4805.jpg
このポットに、珍しい生き物が付着していました。
ポットの下の方に注目。
RIMG4811.jpg
何か埃のようなものが動いていると思ったったら、小さなミノムシが(笑)
以前あげた、ミノムシの子供やろうか?絶滅危惧のミノムシちゃん。
RIMG4830.jpg
今日の朝食は、イチジクに。
RIMG4833.jpg
柿。秋の味覚なり。

最後は、本日の昼食。
RIMG4841.jpg
ハム卵丼、ベビー朝熊小菜を添えて。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター