FC2ブログ

牧草播種&お米の精米など。

こないだかけたワラカッターは天気の内に無事終わりました。
RIMG4839_201710171922533ba.jpg
この稲作後に、今年は牧草を育ててみようと考えています。
冬の鶏の緑餌にと思い立ったのでした。
RIMG4842.jpg
細かくなった藁を田んぼ全面に振り分けて、
RIMG4843.jpg
鶏さんが生産してくれた鶏糞堆肥を元肥に補います。元肥というよりも、人間がお米を食べるために持ち出した分を補うといった方が正しいのかな!?どちらせよ鶏糞堆肥を肥やしに、緑餌を栽培したいと思います。
RIMG4844.jpg
ディーゼル耕運機で耕したら、種の播種。
イタリアンライグラスとえん麦を蒔いてみました。
鶏糞を循環させて、できた牧草を、今度は鶏が食べるという循環型。うまいこと育つといいんだけどな~。
RIMG4859.jpg
鶏舎の横で一人ばえしてるクサギの花が終わりかけ、
RIMG4858.jpg
たくさん実が付き始めてきました。一見、花のように見えますが、実とガクだと思います。
RIMG4862.jpg
鶏舎の横のマキの木に這わしてるハヤト瓜が豊作♪
RIMG4863.jpg
こないだ収穫したトウモロコシは、干して乾燥して、来年の種や製粉用に。

新米を籾摺り、精米しました。
RIMG4875.jpg
お米は、籾の状態で保存。
RIMG4873.jpg
ミニダップという小型の籾摺り機(左)で、もみ殻を外し、石抜き機(右)で石などの異物を除きます。
RIMG4876.jpg
機械の力はスゴイ。一瞬で玄米にしてくれます。
文明の利器に感謝。また、石抜き機も通してるので、安心して食べれます。
この機械がなかったときは、たまにジャリっと石を噛むこともあったり(笑)
RIMG4877.jpg
ミニダップで飛ばされたもみ殻。
RIMG4872.jpg
精米前の籾の状態(右の袋)も、玄米にするとカサもぐっと減って半分くらいに(真ん中)、左の袋はとれたもみ殻。
RIMG4878.jpg
最後は、循環式精米機で精米。
この時に、玄米で食べる分は、別にとっておきます。
RIMG4883.jpg
精米しながら、目選別。
カメムシが吸った後らしい黒い点があるヤツなど気になったのがあれば、除去してあげます。
別に、食べても毒ではないし、自分たちで食べる分には、そんなに気にしないけども(笑)

そうこうしてるうちに、お米の精米も出来上がり。
RIMG4893.jpg
いつもは白米といっても6~7ぶづきだけど、
今回自分たちで食べる分以外にも、贈呈用の物もあるので、いつもより丁寧目に。
玄米は玄米で美味しいし、白米は白米で、また美味し^^

除草剤なし、農薬なし、化学肥料なしの有機栽培。
4月の種もみの浸種から始まり、苗代、手植え、除草機、水管理、稲刈り、稲架がけ、脱穀と経て、やっとこさ食べられる状態に♪
時に大変な作業もあるけれど、
これで、1年分のお米が作れるんだから、ほんとにやりがいのある仕事(作業)なんだな。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター