FC2ブログ

発酵飼料、薪集め、冒険野郎。

日が昇るのも、随分遅くなってきました。
DSCN0196.jpg
この時期は、朝の鶏作業をしている間に、朝日が昇ってきます。

鶏舎の前から、パチリと一枚。
DSCN0197.jpg
日の出の位置も随分、南側に移動してきました。もう冬は、すぐそこまで来ていますね^^
DSCN0218.jpg
外気温はずいぶん下がってきて寒くなってきたけど、鶏さんの発酵させた飼料は、ホッカホカ♪

餌の仕込みも毎日の仕事。
自家配合している独自の飼料をスコップで混ぜ混ぜして、発酵させていきます。
DSCN0221.jpg
前回に作って温まった発酵飼料を袋に詰めて、横に添えておけば、発酵がスムーズにスタートします。
冬場は、発酵しやすいように手を加えてあげます。
DSCN0222.jpg
最後の仕上げに毛布をかけてあげて仕込み完了。
徐々に発酵が進み、二日後にはホッカホカに♪

鶏舎の敷地内の通路にも砂利を敷き詰めてみました。
DSCN0225.jpg
ビフォー。
DSCN0227.jpg
アフター。
DSCN0226.jpg
この間作った道の片側には、U字溝を入れて、車が行き来できるようにしてみました。
ここの土地の改良もボチボチと進めています。
DSCN0193.jpg
久々にここの所、薪リッチ。東側の薪置き場。
DSCN0191.jpg
西側の薪置き場。親戚のオジサンからのラッキーな頂き物。
DSCN0201.jpg
ラッキーばっかりに頼っていられないので、自らも薪集めに奔走したり。

ブログのネタも毎年、同じようなネタが多いので、少し趣向を変えて、最近ハマった書物や昔の旅ネタをご紹介。
DSCN0232.jpg
植村直己さんの『青春を山にかけて』『極北に駆ける』を読んで、久々に、心揺さぶられました!!
破天荒な人生や冒険の数々に感動しっぱなしでした(涙)
こういったノンフィクションの冒険シリーズは、超ワクワク。
昔に読んだのでお勧めは、石田ゆうすけ著の『行かずに死ねるか』⇒自転車で、世界一周した旅物語。なんかも面白かった。

植村直己さんの冒険に比べると小っちゃ過ぎるけど、僕も若い時には、冒険的な旅をしたものでした(笑)。
(ここからは、2003年の夏の写真。)
DH000113.jpg
テント一つで、バックパック背負って、ヒッチハイクと徒歩のみで、沖縄本島を一周したり。

ちなみに、このトラックは、スイカ屋さんのでした。
DH000047.jpg
若かりし頃のろん氏。沖縄、今帰仁にて。

日の出とともに、動き出し、行ける所まで進んだら、
DH000137.jpg
日の入り前に、テントを張って就寝というシンプルな旅。
DH000023.jpg
貧乏旅行だったけど、毎日がドキドキ、ワクワクの連続で最高だったな~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター