FC2ブログ

昔ながらの手植え田んぼ。

6/1、田植え。
DSCN2296.jpg
苗取りを始めようかと、苗代へと進むと、
DSCN2294.jpg
小さな蛇ちゃんがお出迎え。ヒバカリ!?
DSCN2304.jpg
さあ、やるぞ~。まずは、苗取り。
ゴソっと土ごと根っこを傷めないように苗をとって、ジャボジャボと土を落としておきます。
田植えよりも、この苗取りが中々の重労働。腰がひん曲がります(笑)

苗取りがある程度進んだら、次は線付け。
DSCN2305.jpg
田んぼの水を落としておいて、自作の線付け器を引っ張って、縦横30cmの線をつけていきます。
DSCN2307.jpg
密植は病気の素。30cmずつの広々とした空間で、風通しを良くして、ノビノビと育てていきます♪
鶏さんと一緒で、やはり広々とした空間で育ててあげることによって、薬に頼らずとも、健康に育つんだな^^
また、後にはいる手押し除草機のサイズにも合うように、条間を合わせてあります。
DSCN2310.jpg
1日、苗取り、田植えとフル活動。1日目で、7~8割植え終わった。
この田植え初日が、1年で、1番ハードな一日かもしれない(笑)

6/2。
DSCN2311.jpg
苗代以外の所の田植えが終わり、残すは苗代部分のみ。
苗取りを終わらせて、苗代部分も植えられるように代掻きしてあげます。
DSCN2314.jpg
よつ鍬で畔を崩して、少しホコホコして、
DSCN2315.jpg
エブリで均してあげれば、出来上がり。
これくらいの広さなら、機械を使わなくとも、人力で意外と簡単にできちゃいます。
残りは、土が落ち着く、翌日に、植えることにします。
DSCN2313.jpg
ここまでくれば、残りもわずか。ほっと一息。
頂き物の朔日モチでティータイム♪6月のお餅は、麦手餅。
説明の文を読んでみると、『6月は、麦秋とよばれ、麦刈り、田植えで猫の手もかりたい季節、、、』
確かに~。6月は、何気に農繁期なんさな。

6/3、昼。
DSCN2337.jpg
よっしゃー、終わったぜい。
DSCN2339.jpg
今年も美味しいお米が、沢山実りますよ~に。
DSCN2372.jpg
余った苗を少し、ビオトープに植えてみました。
大きいのは、マコモ。成長早し。
DSCN2376.jpg
このお米は、収穫を期待というよりも、癒しやビオトープの環境改善や遊び心。
DSCN2374.jpg
アオミドロは落ち着いてきて、早くもコナギちゃんらしい者が生えてきた。
田んぼだと嫌がられる草だけど、ビオトープではウェルカム。
DSCN2378.jpg
少しづつ生態系が豊かになっていけば、これ幸いです。
DSCN2352.jpg
ヒナちゃん達は、スクスクと元気に成長中なり。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター