FC2ブログ

傾斜土槽法の解説。

先月作った台所排水の浄化装置、傾斜土槽法を紹介します。
DSCN1874.jpg
そもそもこの装置を知ったのは、農文協の絵本から。
この本は、ブログ読者であり、卵のお客様でもある方から頂いたものでした。
たまに、図書館でこのシリーズを借りて調べごとしたりするけど、この本は初めて。
農文協の絵本シリーズは、大人が見ても面白い内容のとてもいい本^^
この本のあるページにこの傾斜土槽法というのが紹介されていました。
これは、面白い。という事で、自作する事にしました。

とはいっても、本やネットサーフィンで得た情報をもとに作成した自己流です。
(詳しく知りたい方は、傾斜土槽法で検索を。)
DSCN2014.jpg
まずは、浄化装置が載る枠づくり。
DSCN2016.jpg
壁に穴を空けて、高い位置から、排水できるようにパイプの通る道を変えてあげます。
DSCN2076.jpg
前面の扉には、丁番をつけて、中を確認できるようにして、こんな感じに。
DSCN1995.jpg
近くのホームセンターで見つけたフードコンテナを利用する事にしました。
塩ビ管太陽熱温水器を自作した時もそうだけど、ホームセンターに売ってる物で、大概のものはDIYで作れちゃう^^
写真は、コンクリートで型枠してる固めてる所。
DSCN2017.jpg
コンクリが壁となって、排水がジワ~っとゆっくり流れる仕組みとなっております。
DSCN2114.jpg
傾斜を下った先の水が落ちる所は、いくつかドリルで穴を空けてみました。
DSCN2115.jpg
この箱は、右から左へ、流れていくもの。
DSCN2116.jpg
ここへ、軽石を入れてやります。
これも、近くのホームセンターで購入。
DSCN2273.jpg
穴が空けてあるところは、水が落ちやすいように中サイズの軽石。
DSCN2274.jpg
さらに、軽石を全面に足してやります。

これらを、セットしていくと、
DSCN2685.jpg
こんな感じに。
緩やかな傾斜がつけてあり、排水が軽石の中をジワジワと濾過しながら、流れていく仕組みとなります。
軽石は多孔質で、その表面にすむ微生物が、排水で流れてきた有機物などを分解、吸収してくれるそうです♪
DSCN2321.jpg
排水を流すと、
DSCN2322.jpg
一つ一つの箱を伝って、濾過されながら進んでいきます。
DSCN2323.jpg
1か月半くらい使ってみて感じたのは、一番上の箱がやはり、有機物が多く浄化が追い付いてこない感じなので、
ある程度で、上の箱と下の方の箱を入れ替えたりしてやると、浄化が上手くいくように思います。

さらには、各箱にシマミミズを入れてやることで、濾過材が目詰まりしにくくなるんだとか^^
DSCN2679.jpg
シマミミズは刈り取った草を積んである下を探せば、すぐに見つけられます。
何匹も何匹も捕まえては、投入してあげました。
シマミミズは、枯草の下など有機物を分解するのに優れたミミズ。だから、コンポストなんかにもよく利用されるそうです。
DSCN2682.jpg
シマミミズ君の働きにも期待^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

私は傾斜土槽法の考案者です。写真を拝見しました。出される排水の水質にもよりますが、処理水の出口の穴が小さ過ぎると思います。おそらく詰まりによって、内部に水が溜まり、浄化ができなくなると思います。

Re: タイトルなし

コメント、ご指摘ありがとうございます。
その通りで、ある程度使っていると目詰まりしてきます。
その都度、かき混ぜてあげたり、上段と下段の方の箱を入れ替えたりして、対策していました。
出口の穴の大きさが、もう少し大きければ、目詰まりせずに、浄化が上手くいくんですね。また、時間ができたら、調整してみたいと思います^^
考案者の方に見て頂けるとは、光栄です。
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター