FC2ブログ

稲刈り&はさがけ。

ここ数日の晴れ間を使って、稲刈りしました。
雨が多いこの季節だけど、うまいこと晴れ間が続いてくれてよかった^^
DSCN3602.jpg
文明の利器バインダーという機械を使って、刈り取っていきます。
刈り取りと結束を同時にこなしてくれるという優れもの。
DSCN3604.jpg
稲が倒れかけていて、少し刈りにくかった。
まずは、外周とはさがけ予定地を中心に刈り取っていきます。
DSCN3606.jpg
ちなみに、稲の足元はこんな感じ。
こうみえても無農薬、無化学肥料栽培♪分げつ、草の抑え具合ともに上出来^^
DSCN3611.jpg
倒れかけた穂が地面に触れてたのでしょうか、一部こんな穂も、、、(苦笑)
DSCN3607.jpg
1日目の刈り取りは、ここまで。
はさがけ資材を運んできて、はさを組み立てていきます。
DSCN3609.jpg
今年も建築用の足場と単管パイプを骨組みにして、こんな感じに。

刈り取って、稲の束を運んでかけて、はさがけを延長して、また刈り取り、運びかけてを繰り返し、
DSCN3612.jpg
そんなこんなで、3日目の午前中。
やっと終わりが見えてきました♪
今年は稲が倒れかけてたので、刈りやすい同じ方向に1条ずつ列を狙って、丁寧に刈り取り作業。
DSCN3614.jpg
終わったぜぃ。
あとは、はさにかけるだけ。
DSCN3616.jpg
バインダー様様。ご苦労様でした。
この機械が、手作業での刈り取り、結束といった腰を曲げての大変な作業を代わりにやってくれます。
DSCN3617.jpg
田んぼを始めた最初の2年は手刈り、手結束だったから、この機械の有難みがよくわかる。
DSCN3621.jpg
束をはさにかける時は、右と左で束を多い少ないに分けて、次は逆になるようにと、交互にかけていきます。
こうすることによって、たくさんかけれて、ガッチリと強固にかけられる感じがします。
DSCN3622.jpg
今年は、いつものはさの長さで、足りなくて、買い足して、今までで最長に。
稲が倒れかけるくらいだから、よく分げつして、よく実ってくれたのかもしれません。
DSCN3630.jpg
無事に乾燥が進んで、ハーベスターをかけて、籾にするまで、まだまだ気は抜けませんが、
ひとまず無事に稲刈りも終わりました♪
今年も美味しいお米が、沢山穫れますよ~に。

ろん農園に戻りまして、菜園の様子を少し紹介。
DSCN3645.jpg
オカワカメが花をつけ始めました。
DSCN3650.jpg
青じそにも花。
DSCN3654.jpg
四角豆。
DSCN3657.jpg
ツルムラサキ。
DSCN3661.jpg
お茶の木。
DSCN3666.jpg
最後は、鶏ちゃん達で。
今年3月には、ピヨピヨだった鶏さんも今では、ろん農園の卵の主力候補にまで成長しました^^

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター