FC2ブログ

台風被害&傾斜土槽法の改良。

今回の台風、中々風強かった~。
翌朝、鶏の作業に出かけると、
DSCN3723.jpg
隣のもみ殻置き場が、ひっくり返っていました。あちゃ~><
台風の風恐るべし。。。

鶏作業を終え、朝飯すませたら、早速、復旧作業。
DSCN3725.jpg
ロッククライミングのように、よじ登ってロープをかけて、軽トラで引っ張ってやろうか!?と考えてたら、、、
DSCN3729.jpg
意外に人力で、動いちゃいました(笑)
そこまで重量ないから、強風を受けるとコテンとひっくり返るのもしょうがないかも。
DSCN3728.jpg
後は、基礎石の上から少しずれてたのを押したり、微調整してなんとか元通りに♪
今度、アンカー打って、こけないように補強してやろう。

後、台風直撃で心配なのが、はさがけのお米たち。
DSCN3731.jpg
あの暴風の中よく耐えに耐えてくれた(涙)あらかた、無事でした。
DSCN3732.jpg
1部分はさが、倒れたぐらいで、被害がおさまってくれてよかった。

杭を立て直して、
DSCN3734.jpg
もみ殻置き場、はさがけともに、9時過ぎにはリカバリー^^
今年も台風直撃のド根性米となりそうです(笑)

台風一過の晴天の中、畑仕事。
DSCN3739.jpg
ジャガイモの芽かき、土寄せ。
DSCN3738.jpg
唐辛子が色づいてきたので、収穫^^
DSCN3741.jpg
ソバは早くも花が咲いてきました。
DSCN3742.jpg
生姜いい感じに成長中。
DSCN3745.jpg
ニンニクも発芽し始めました。
DSCN3747.jpg
ろん農園に帰ってきて、晴天を利用して干しものイロイロ。
DSCN3748.jpg
これは、鶏用の小石。
鶏さんは、砂肝の中で、小石を使って食べたものをすりつぶしたりするんですね。
綺麗に洗って、干してから与えています。
DSCN3749.jpg
金時ササゲ収穫。
DSCN3750.jpg
ナス、オクラ、ズッキーニの種。
DSCN3751.jpg
自治会から頂いた餅まきのお餅。少しカビてきたので、干して応急措置。
DSCN3753.jpg
唐辛子は、軒下に吊るして乾燥。
DSCN3754.jpg
ゴマは、全体的に茶色くなって乾燥してきました。
DSCN3755.jpg
傾斜土槽法の微調整。
一番上の箱が、浄化が追い付かず、よく目詰まりしていました。そんな状態が、続いていた最中。。。
ブログコメントに、なんと奇跡的に発案者の方からのアドバイスが!!
穴の径がどうやら、もう少し大きい方がいいらしい。
なるほど、なるほど。少し時間が出来たので、早速やってみることに~。

以前は、3ミリちょいのドリルで穴を空けてたのを、
DSCN3756.jpg
4、5ミリのドリルの代えてみました。
DSCN3757.jpg
これで、目詰まりしにくくなるはず。
今までだと、一番上の箱のみが主に汚れがたまる感じで、全部の箱を通して、汚れが浄化される感じではなかったのですが、
これで、流れが良くなって、全体を通して、汚れを浄化してくれるんではないかと思われます。
まあなんせかんせ、やりながら調子をみて、微調整して、うまくいくまでやっていけばいいでしょう^^
DSCN3758.jpg
ある箱には、排水から流れ出たトマトの種が発芽してこんなに成長(笑)

全ての箱の穴を空け直し、試しに水を流してみました。
DSCN3762.jpg
以前に比べると、流れる速度がだいぶ早くなりました。
DSCN3764.jpg
一段一段、軽石の中の傾斜をつたって、滝のように流れ落ちていく。
うまいこと浄化が、進みますように~。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター