FC2ブログ

ダイコンサルハムシ。

今年は、なんだかアブラナ科の野菜が虫に食われまくっています><
DSCN3783.jpg
これは、聖護院カブ。
これでも何回か、蒔き直ししたのですが、また。。。
DSCN3782.jpg
ダ、ダイコンもやられてしまった。
本格的に畑始めて5年たつけど、こんなに虫にやられるには初めて。

だいぶ前に蒔いた白菜やキャベツなんかは、寒冷紗で囲っていたにもかかわらず全滅。
時すでに遅いかもしれないけど、本格的に対策や原因を追究することに。
DSCN3773.jpg
今回猛威を振るっていた犯人は、この虫。ダイコンサルハムシ。
今年は、うちの菜園で大量発生しているようで、どのアブラナ科も葉っぱ食われまくり。
今までは、何度か蒔き直ししたりするくらいで、特別対策せずにやってこれたんだけど、今年はなんだか異常に多いよう。
いつもならあまり食われない種類のアブラナ科まで、食べられる始末。。。

色々対策考えたけど、これが有効なのかな~
DSCN3791.jpg
虫を手でつかまえる『テデトール』。
僕が、参考にしてる有機栽培の本にも、やはりこれが基本だと書かれていました。
そういえば、昔見たプロフェッショナルで、リンゴの木村秋則さんも、目が農薬の代わりなんだとおっしゃっていたな~。

ちなみに調べた所この虫は、飛ばずに歩いて移動するらしい。
寒冷紗をかけてても虫に葉を食べられてしまったのは、端をシッカリと埋めこまず、押さえてるだけだったので、隙間から虫が歩いて入ってきていたのだろう。虫の特性を知って、やられるのも納得。

他にも、この時期注意したいのは、アゲハ蝶の幼虫。
DSCN3770.jpg
セリ科や柑橘系の果樹がよくやられます。
気づくのが遅いとこのように葉っぱがなくなっていく><
DSCN3767.jpg
ここは、箸でつかまえる『ハシデトール』を使います。
アゲハの幼虫は、触ると角を出して、変な匂いを出してくる(笑)
DSCN3769.jpg
ちなみにこの木は、今年初めて実をつけてくれた柚子。
よく観察して、守らねば~。

この間収穫した唐辛子で、まだ青かったものを使い、青唐辛子味噌を作ってみました。
DSCN3775.jpg
材料は、ごま油、青唐辛子、味噌、酒、砂糖、青じそ。
DSCN3778.jpg
想像を超える危険な辛さになってきたので、途中で唐辛子を半分以上とりのぞきました(笑)
DSCN3780.jpg
なんとか微調整して、ちょっと辛め、味噌の調味料の出来上がり。
左、醤油漬けも作ってみました。
DSCN3793.jpg
シンプルに醤油に漬けただけ。
DSCN3789.jpg
ちょこっと早いけど、早速パスタの味付けに使ってみました。
唐辛子の辛味や香りが効いたお醤油で、中々美味し。まだそんなに辛くなく、徐々に辛さがしみ出してくるのかな。
DSCN3802.jpg
チョクチョク穫れる無花果。今日は2つ。
DSCN3801.jpg
もう一個は、こんなにも割れていた。
DSCN3808.jpg
柿も少しずつ色づいてきました。
DSCN3810.jpg
ある日の晩御飯の自給野菜達。
ジャガイモは、こんなに芽が出まくっていますが(笑)
見た目や大きさなど、少々悪くても、自分たちで食べる分には、十二分♪
DSCN3800.jpg
最後は、ぢんとアズキの2ショットで。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター