FC2ブログ

農園の虫を紹介。

農園の虫を少し紹介。
DSCF4005.jpg
ナミテントウムシ on ザ フェイジョア。
DSCF4003.jpg
キイロカワカゲロウ on ザ 障子。
DSCF4024.jpg
何者かのサナギ on ザ 縁側に置いてた昼寝用枕。
DSCF4023.jpg
こちらは、スクスクと育つニンジンに。
DSCF4020.jpg
アズちゃん in ザ ニンジンの森。

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

驚きです。

こんにちは

毛虫さんはそいうことだったのですね。知らなかった。すごい!
人生のトップレベルの驚きリストに入った感じです。

虫の世界って不思議なことがたくさんあるんですよね。

あとこんなこともありますよ。
夏場の幼虫関係の虫さんはコンポストに入れた生ごみの分解能力
ってすごくて、どんどん食べてくれる。入れてもいれても消えて
いくみたいなことも多々あり。

秋口には糞が堆積していつの間にか肥料みたいになって
次の年その周辺に何かを植えるだけ結構野菜とか育つんですよ。

Re: 驚きです。

こんばんは。

そうねですよね、毛虫さんには驚きです(笑)あんなに毒々しい容姿してて、触っても大丈夫なんてビツクリ。
マイマイガの幼虫以外の毛虫は、毒針毛かもしれないので、見極めは必要だと思いますが、毛虫には触れる毛虫もいるんですね~^^

虫の生態も色々で調べてみると、面白い事実が判明したりと、中々面白いです。今回あげたカゲロウなんかは、ほとんどの時間を幼虫で水の中で過ごし、水からでて成虫になると口がなくなって物が食べられなくなり、数日で死んでしまうのだとか。。。

コンポストの幼虫類もすごいですね。彼らの分解能力のおかげで、有機物が土に還っていくんですもんね♪
非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター