FC2ブログ

2月の後半の自給自足。

DSCF6647.jpg
2月11日、秋に仕込んでいた柿酢をザルなどで濾しました。
DSCF6803.jpg
原材料柿100%、お酢の自給自足なり♪
DSCF6775.jpg
2月19日。今年も踏み込み温床を仕込みました。主な材料は、各畑で集めてあった枯草を使っています。
DSCF6777.jpg
枯草をワラカッターで、細かく粉砕していきます。
DSCF6791.jpg
そしたら、踏み込み温床の枠に、細かくなった枯草、米ぬか、鶏糞と入れていき、水をかけながら、よく踏み込んでいきます。
この工程を何度も繰り返して、サンドイッチ状に、枯草、米ぬか、鶏糞、水と足していきます。軽トラ3車分の枯草を投入しました。
DSCF6826.jpg
踏み込み温床の仕込み完了。後は、発酵して温度が上がるのを待ちます。
DSCF6825.jpg
2月21日。自作の塩ビ管太陽熱温水器40度を記録。五右衛門風呂の釜に入れると、少し温度下がるけど、わずかに追い焚きしたら、適温になります♪
DSCF6911.jpg
一日晴れの日は、よく温まってくれます。太陽の恵みに感謝!!
DSCF6860.jpg
2月22日。自家製の米麹で、甘酒を仕込みました。土鍋で、お粥を炊いて、水筒に入れて保温して作ってみました。
一日保温して翌日の朝には出来上がり、少しづつ飲みながら、冷蔵庫に入れて保存します。
DSCF6861.jpg
塩麹も仕込みました。発酵して美味しい調味料へと変わっていきます。
ちょうど甘酒がなくなる頃に、塩こうじが出来上がってきました^^
DSCF6888.jpg
2月24日。レタス播種。野菜作りの方もボチボチ始動します。種まき第一号。
DSCF7006.jpg
3月3日。タンポポの綿毛。
DSCF7011.jpg
ルッコラの花。
DSCF7013.jpg
ダイコンの花。だんだん春が近づいてきているようです^^
DSCF7019.jpg
3月5日。種まき第2弾。ナス科の種まき。ピーマン、シシトウ、ナス、唐辛子など。あと、キャベツも蒔きました。
DSCF7033.jpg
覆土して、たっぷりと水をかけてやったら、踏み込み温床で温まった床の上に置いてあげます。
DSCF7037.jpg
最後に新聞紙を1枚かけてやって、乾燥を防いで発芽を待ちます。
結構、一発目のナス科の種まき難しく、失敗する事もあります。温度化管理なのかな!?
無事発芽しますように~。
DSCF7076.jpg
3月6日。今年のヒナが届きました♪
もうすでに、元気に走り回っております^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ナスは種からは難しい

こんにちは
お久しぶりです。

昔、種からやったことあったのですが、ナスとか唐辛子とかは難易度が
高かった。うまく育たないと小さいままで終わったりして。

いつかまたチャレンジしたいんですけど、素人では難しいなあ。

ではでは。

Re: ナスは種からは難しい

buenoさん>ナス科の種まき難しいですよね。

今年のナス科の種達、無事に発芽してくれて、双葉がピヨンと出てきました。一安心です。

また、次回記事をアップする時に写真上げていきます^^

非公開コメント

プロフィール

龍(ろん)

Author:龍(ろん)
目指す方向性は、極力持たない暮らし。本当に好きなもの、必要なものが最低限あれば、それで十分。シンプルに衣、食、住の生活じたいを楽しんでこ~。
そして、自由な発想で、自分で何でも、作っちゃおう。

只今、自然卵養鶏、野菜&お米の無農薬栽培、セルフビルド、自堀の井戸水、五右衛門風呂、薪調理、塩ビ管太陽熱温水器など、自給自足的な暮らし目指して大奮闘中。

思い出に残る職歴
自然養鶏
牡蠣の養殖
総合格闘技(修斗)
大規模請負農業(米、麦、大豆)
有畜循環型有機農業(自然養鶏&お米&野菜)

主な農暦
自分流の半不耕起の自然栽培(野菜) 10年
米、麦、大豆などの慣行農法 3年
有機農法のお米作り 7年
自然養鶏 8年

主な旅暦
沖縄本島一周⇒徒歩&ヒッチハイク&オールテント泊(基本野宿)
タイラオス⇒アジア放浪旅&ムエタイ修行
北海道一周⇒ママチャリ&オールテント泊(基本キャンプ場)

検索フォーム

アクセスカウンター